衣服や靴などを処分するタイミングについて


衣服や靴の収納スペースは有限なので、どこかの時点で古くなったなどの理由でそれらを処分する必要があります。しかし壊れたなどの理由であればまだしも、十分に使用可能である場合は悩むところでございます。

加えてファッション アイテムには思い入れなどもあり、捨てることを躊躇をして保管と言う名の放置に至ることも珍しくありません。そして放置されたアイテムは再び使うことがなくなるわけであります。

ちなみに捨てる代わりに、どなたかに差し上げるというお考えの方もいらっしゃると思います。しかしご自分で使用されないファッション アイテムを必要としている方は、お知り合いには存在しないと考えたほうが無難です。

世間ではハイブランドのものであっても、中古の衣服や靴を好んで身につける方々は少数です。新品に近いものであればその可能性もありますが、多くの場合は頂いても仕方がないのでお断りされると思います。

したがってそれらは売却されたほうが現実的であると思います。しかし売却価格が二束三文になる可能性もあり、店舗に持ち込んだり配送用に梱包するのも面倒とお考えの方は思い切って廃棄されたほうが気分がスッキリします。



仕事着のスーツは、クリーニングに出す回数に比例して質感や立体感が失われます。したがってクリーニングによる光沢などの劣化が見られるようになってきたら、それがひとつの買い替えの指標となります。

また仕事着と言ってもラペル(襟)のデザインや着丈の長さには流行があります。それらが職場で他の方々と比較して古く臭く感じられるようになった場合、十分に使用可能であっても買い替えを検討されても良いと思います。

オシャレ着の場合はアイテムを身に着けたときに、気分の高揚が感じられなくなると着用頻度が少なくなります。これはアイテムの劣化や流行遅れのデザイン、あるいは似通ったアイテムの新規購入などの理由によります。

そして出番が少なくなると加速度的に着用頻度がゼロになり、その状況になると再び着用することは無くなります。そうなるとお手入れもしなくなり、カバーなどをかけて保管をするとアイテムの存在すら忘れ去られることになります。

パンツやジーンズは膝が抜けたり、退色が目立つようになった時点で買い替えの検討に入ります。膝の抜けは、パンツを畳んだときに膝部分が盛り上がって生地が伸びていることで確認することができます。

靴は保管スペースを衣服ほど必要とせず、修理しても使えるので数が増えていくのは仕方がない部分があります。高価な革靴は2年以上履かなくても出番はありますが、スニーカーの場合は外観が劣化してきたら処分の時期かと思います。

加えて保管方法によっても処分の可否を判断することも可能です。例えば目が届く位置のクローゼット・引き出し・衣装ケース・ハンガー・靴箱などに保管している場合は、お手入れもしている必要なアイテムと判断できます。

一方で紙袋あるいはポリ袋に入れて保管したり山積みしているアイテムは処分しても良いと思います。何故ならそのように雑に保管しているアイテムは、袋の底から探し出したりして着用することは無いからです。

いずれにしてもファッション アイテムの処分は、あまり気が進まない一面があります。しかしもったいないと考えると何もはじまらないので、いずれかのタイミングで処分をして新品を購入したほうが精神衛生上よろしいかと存じます。

ココをClick→記事タイトルとURLをコピー

コメント

© 2022 やさぐれスタイリスト:ファッション誌などによる当ブログの流用はご遠慮ください

サイト内検索