投稿

12月, 2021の投稿を表示しています

2021年お買い物大賞

イメージ
アパレル業界の売上は去年より良くなったとは言っても、コロナ禍以前のレベルには戻っておりません。店頭では店員さんが「良く売れていますよ」などとおっしゃいますが、売上が悪くても「さっぱりです」とは言わない業界なのでその言葉はあまり信用はできません。 巷では低コストでオシャレをするといった風潮が見受けられますが、本来オシャレはコストパフォーマンスが悪いのであります。低価格商品中心のスタイルでは清潔感を出すのが精一杯で、カッコ良く見せるためにはそれなりの価格の製品を身につける必要があります。 それでも様々な手段を講じればオシャレに見せることは可能です。しかしそこまで手間暇をかける価値があるかどうかは別問題です。そのようなことを考慮しますと、来年は絶滅したとされる「一点豪華主義」の復活が鍵を握るような予感がしております(腕時計を除く)。 Saint Laurent - NOE RIVE GAUCHEのバッグを購入しました セーヌ川の左岸を意味するRIVE GAUCHE(英語:Left Bank)シリーズは、同ブランドのアイコニック モデルとして世界中で人気を博しています。 Tagliatore(タリアトーレ)のスーツを購入しました 先日イタリア関係の会食でタートルネックと合わせて着用しましたが、本国イタリアの方々よりカッコ良くて申し訳無いといった印象でした。 ベルルッティのサングラスを購入しました このサングラスはOLIVER PEOPLESによる作り込みのレベルが高く、パティーヌ風に見えるフレームはベルルッティの意向を強く反映したものと思われます。 本年も20万人近くの方々に訪問していただき、誠に有難うございました。皆様良いお年をお迎えください。

Costanza(コスタンザ)のタートルネックを購入しました (2枚め)

イメージ
1年ぶりにコスタンザのタートルネックをセールで購入いたしました。前回はグレー系でしたが、今回はブラウン系でございます。ブラウン系の厚手のタートルネックは持っていなかったので、これによってコーディネートの幅が広くなることが期待されます。 2019年設立の同ブランドは、現時点において国内の知名度がそれほど高くありません。しかしながらクルチアーニと同じ工場を使用していることもあり、高品質なイタリアのニットブランドであります。 今回購入したタートルネックも前回と同様にゴージャスな外観です。このような厚手のタートルネックは防寒対策でスカーフを巻く必要が無いので、胸元がスッキリとした印象になります。 サイズは前回と同じ48を選択しました。私の通常サイズである46と着比べてみましたが、袖丈は48でもほぼ同じです。しかし46は首周りが若干小さく、着丈がは少し短いので46サイズの方は48を選択したほうが良いかもしれません。 【関連記事】 Costanza(コスタンザ)のタートルネックを購入しました

40代メンズでも使えるキャンバス トートバッグのブランド

イメージ
キャンバス トートバッグは皮革製よりカジュアル感が強い特徴があり、休日のスタイルにおいてコーディネートのアクセントとなります。さらにキャンバス生地にはブランドロゴが映えるので、バッグのブランドを強調することもできます。 そして40代メンズの皆様には意外とブランド ロゴ バッグがお似合いになります。何故なら若者さんがそれを持つ場合と違い、経済的な余裕が見え隠れするからです。加えてファッション初心者の方が一撃で中級者に躍り出る可能性も秘めております。 しかし男性は持ち運ぶ物が少ないので、カッコ良くても空のバッグをファッション目的で持つことはオススメしかねます。またキャンバス素材は衣服との摩擦で色移りしたり、ジャケットやコートに毛玉が発生することもあるので肩がけには注意が必要です。 一般的にレディース分類のトートバッグであっても、角張った四角形またはそれに近い台形であればメンズでも使用可能であると思います。逆に丸みを帯びた台形や、金色の金具が付いているものは基本的にレディース向きと考えたほうが良さそうです。 参考までにトート バッグには「ノース/サウス」または「イースト/ウエスト」などと表記されている場合があります。これは方角の組み合わせが「高さ」と「幅」に該当し、それぞれ縦長または横長のデザインを意味します。 以下は上記のRIVE GAUCHEを購入する際に参考にした、気分が高揚しそうなヨーロピアン ブランドのトートバッグのご紹介です。可能な限り現行品で、ブランド ロゴが見えるバッグを選択しています。 SAINT LAURENT(サンローラン):リヴ・ゴーシュ 正確にはリネン素材ですが、便宜上キャンバス生地と呼んでも差し支えないと思われます。手持ち専用で、肩掛けストラップは付属していません。色や素材のバリエーションも豊富で、現時点においては知名度が最も高いキャンバス トートバッグと言えます(定価:170,500円~)。 サンローランパリ トートバッグ リヴゴーシュ ベージュ メンズ レディース SAINT LAURENT PARIS 631682 2MF3W 2076 A4対応 posted with カエレバ AXES(アクセス)Yahoo!店 Yahooショッピング Amazon 楽天市場 Alexander McQu

オールド スクールというファッション用語について

イメージ
"Old School"は最近イタリアのファッション関係者の間で時折見かける英語表現であります。「古くてカッコ良い」とか「古臭い」などの意味ですが、ファッションにおいては肯定的な意味で使われている印象です。 元々オールド スクールはアメリカの音楽業界で"OLDIES"(1950~60年代などの古い楽曲)と並んで使われていた模様です。またどちらかと言えば日常会話の中で出てくる表現であり、日本人にはあまり馴染みがないと思われます。 日本語においては「オールド スクールのスタイルを代表する……」などの使用方法が考えられ、例えば上記のようなコーディネートの場合は「アメリカのオールド スクール テイストを取り入れ……」といった表現になります。 イタリアでこの英語表現が使われるようになった経緯は不明ですが、恐らく彼らが好むアメカジ スタイルを追求する過程で目に止まったものと思われます。いずれにしてもヌケ感とかコナレ感とか、ワケのわからない言葉遊びが大好きなファッション メディアが泣いて喜びそうな用語ではあります。 【関連記事】 ファッションメディアが語らない実用性 ブラック コーディネートは「オシャレ無精」な人向けのスタイル

Saint Laurent - NOE RIVE GAUCHEのバッグを購入しました

イメージ
先日、しばらく気になっていたサンローランのリヴ・ゴーシュのトートバッグを同ブランドの店舗において定価で購入いたしました(税込170,500円)。このモデルは縦長で、横長のサイズよりひと回り小さいサイズになります。 同シリーズのスタンダードサイズは、どちらかと言えば車移動が多い方々向けといった印象です。私のように電車移動が多い方々は膝の上に乗りきるサイズのほうが取り回しが楽であり、またそれほど物は入れないのでこちらのサイズを選択しました。 この投稿をInstagramで見る Kazuhide Araki(@k__araki)がシェアした投稿 色はベーシックで服装に合わせやすいベージュでリネン素材となっております。ちなみにメンズ スタイルにおけるバッグや腕時計はレディースと同様に、どんなに高価であっても服装に合わなければコーディネートのバランスが崩れる原因となります。 一般的にこのレベルのブランド バッグは、取り扱いにある程度の注意が必要となります。例えばこのバッグの素材は摩擦係数が高いので、ブルージーンズなどと直接接触するような持ち歩き方をすると色移りをする可能性もあります。 また床置きする際には頻繁に床を清掃している飲食店のような場所ならまだしも、油っぽい床や屋外の地面は避けたほうが無難です。とは言っても底面の汚れは避けられないので、防水スプレー程度は塗布しようかとは考えています。 サンローランパリ SAINT LAURENT PARIS メンズ 鞄 バッグ ロゴ ユニセックス可 持ち手カーフスキン/ボディーリネン素材/ロゴ刻印ボタン・RIVE GAUCHEロゴプリント付きトートバッグ 509415 9J52E 9280 (R159500/R170500) 121 2021年春夏新作【送料無料】 【smtb-TK】 価格: 170,500円 (2021/12/22 17:19時点) 感想(0件) 【関連記事】 40代メンズでも使えるキャンバス トートバッグのブランド

スリーピース スーツの着こなしはベスト単体のスタイルが重要

イメージ
スリーピース スーツは特に必要ではございません。「普段はツーピースで使い、フォーマルではスリーピースとして……」などと言われて割高な価格で購入したところで、結局はツーピースでしか使わなかったりいたします。 また「ベスト(ジレ)単体でも使えます」とも言われますが、スリーピース用のベストは、単体で他のアイテムと合わせにくいので使われることもありません。加えてツーピース スーツよりスリーピース スーツのほうがカッコ良いわけでもありません。 スリーピース スーツの特徴は外見上多少なりとも礼儀正しく見えたり、防寒効果があることなどが挙げられます。しかし後ろから見てもスリーピース スーツとはわかりませんし、古臭いスタイルと受け取られることもあります。 着こなしに関してはオフィスでジャケットを脱ぐ機会も多いので、ベスト単体の外見も重要となります。通常ベスト単体のスタイルでは体型が強調されるので、体脂肪率が低い若者さんなどは貧弱な体型に見える傾向があります。 そういった観点からは贅肉であっても肉付きが良い体型の方のほうが見栄えは良くなります。一般的にベストは胸囲と胴囲の差が大きい方に向いたアイテムなので、胸囲が90cm未満の方はあまりカッコ良く見えません。 そしてベストは、男性の背中を強調することができる数少ないアイテムと言えます。背中のベルトは確実にボディにフィットするように尾錠で調節します。着丈はパンツのベルトが多少見える程度が適切です。 結局のところスリーピース スーツは着ぶくれするので、活動的な人物に見えない欠点があります。そういった意味ではあまり体を動かさない管理職の方々、あるいはジャケットを脱ぐ機会が多いスポーツ体型の方々に適しているかと存じます。

ビジネス スーツとスニーカーのコーディネートはすでに存在しない

イメージ
2017年にビジネス スーツにスニーカーを合わせる通勤スタイルを提案したのはスポーツ庁でございます。そして当時の霞が関の官公庁街の方々が、スーツとスニーカーのスタイルで通勤しているというお話はまったく聞こえてきませんでした。 ところがファッション業界はそのような官公庁の話題作りは無視しても問題は無いにもかかわらず、何の疑問も持たずにそれに飛びつきました。特にファッション メディアは、そのネタにコーディネートを提案まではじめました。 そのメディアもモデルさんを使って可能な限りカッコ良く見せようとはしました。しかし一般的な中年男性が普通のスーツに白スニーカーを合わせた場合、上記の写真のように職場の災害避難訓練の服装となる可能性がありました。 FUN+WALK STYLE|FUN+WALK PROJECT【スポーツ庁】 そして現時点においては上記のように、同官庁は当初から後退した表現に変わっている模様です。ビジネス スーツの場合はスニーカーの代わりにカジュアル革靴を推奨しています。そしてそれは特に珍しいスタイルでもありません。 ことの発端は同庁の長官がネクタイを締めたビジネス スーツに、白スニーカーを合わせたスタイルで登場したことによるものです(それが同庁の方針によるものか、あるいは長官ご本人の考えによるものかは不明です)。 しかしそのスタイルには「白スニカーはダメでしょう」といった反対意見が噴出し、最終的には現在のカジュアル革靴に落ち着いたと思われます。とは言っても話題作りという観点からは、白スニーカーのスタイルは役目を果たしたと思います。 以上のように当初のビジネス スーツとスニーカーのスタイルの提案はすでに消滅しています。加えて上記のようなスーツに白スニーカーを若者さんがお召しになられた場合、特殊詐欺の受け子と間違われて職務質問される可能性も否定できません。

セール品で総額10万円以下のメンズ コーディネート【写真】

イメージ
当ブログにおける私のコーディネートは、すべて自費購入した私物アイテムによるものであります。したがって着心地が今ひとつとか、色あせするなどの批判も書けるわけです。またそれは、衣服は実際に着てみなければわからないという私の考えを反映しています。 とは言っても定価で購入しては資金が続かないので、ほとんどのアイテムは定価の70~90%オフのセール価格で新品購入しています。それらの一部には会員制のセールも含まれますが、多くはネット通販またはアウトレットモールで購入しています。 一般的にセール品はシーズン遅れであったり不具合があるものなども含まれますが、緊急を要したり流行を追わないのであれば十分に満足できる製品です。しかし購入したい時に購入できるとは限らないので、一般消費者向けとは言えない部分もあります。 私はハイブランドのアイテムはあまり興味が無いので、主に近年日本で認知されてきたイタリアン ブランドを購入しております。そしてそれらのアイテムでコーディネートすると、定価20万~30万円となります。 例えば上記のスーツ スタイルは定価総額で約30万円ですが、ベルトと腕時計を除けば総額約10万円のセール価格コーディネートです。マリネッラのネクタイとオーダー品の長袖シャツは定価ですが、残りのアイテムはセールで購入したものです。 下記はコーディネートのサンプルとなりますが、腕時計やエルメスのベルトは除外した総額となっています。そしてサングラスに関してはセール品と定価購入が混在しています。また金額は百円未満四捨五入の概算としています。 このコートスタイルは定価10万円のタートルネックと同じく12万円のコートによってゴージャス風味に見えますが、サングラスを除いて総額約10万円のウィンター スタイルとなります。 このテーラードジャケットは中古品で12,000円程度でした。パラブーツの革靴はイタリアのEbayで新品購入しました。残りはサングラスを含めて総額約7万円となります。 Yoox.com で購入したテーラードジャケット(12,000円)シャツ(6,000円)ジーンズ(2,000円)、それと他の海外通販サイトで購入したローファー(21,000円)とアウトレットモールで購入したサングラス(16,000円)の構成で総額6万円弱のコーディネートです。
© 2023 やさぐれスタイリスト

当ブログのコンテンツ流用はご遠慮ください

過去記事

もっと見る