投稿

1月, 2019の投稿を表示しています

ズボン/パンツ/スラックス/トラウザーズ/パンタロンの違い?

イメージ
日本語は曖昧な言語である上に外来語が多く、同じ意味で由来が違う固有名詞の使い分けが煩雑であります。ちなみに日本人がいつまでたっても英語が上達しないのは、カタカナ表記が原因のひとつと考えています。無理やりにでも英語の綴りで表記すればそのうちに慣れると思っています。 ズボンは近年においてパンツと呼ばれていことが多い印象です。私もズボンの代わりにパンツを使っています。いつ頃からそうなったのかは記憶にありませんが、恐らく直近の20年くらいであると思います。また年齢層によっても呼称が異なると思います。 私が子供の頃の年代はズボンが多く、パンツは下着を指していました。デニムはジーンズと呼ばれていました。スラックスは父親世代のスーツのズボンといった感じでした。パンタロンは裾が広がったピッタリとしたパンツでした。10代後半で渡米したときには現地ではジーンズ以外はパンツと呼ばれていましたが、スラックスはあまり聞きませんでした。 トラウザーズを初めて使ったのは20年ほど前に仕事で英国に出張したときでした。パンツを買おうかと百貨店に入ったところTrousersがイギリス由来英語であることを思い出して使いました。そしてその後はイギリス人と話すときはトラウザーズを使っていますが、日本人同士の場合は使いません。 パンタロン(フランス語)に関しては現在勉強中のイタリア語でも頻繁に使います。Pantaloni(複数形)は一般的なパンツを指すイタリア語で、ジーンズは同じくJeansと呼ばれています。私がジーンズをデニムと呼びはじめたのはここ数年であり、英語またはイタリア語を使う場合はJeansを使います。 呼称に関しては正誤の問題では無く、通じなければ言い換えれば良いだけなので神経質になる必要は無いと思います。個人的にはズボンとジーンズが最も馴染みがある呼称でございます。 【関連記事】 Tom Fordのサングラス(LOUIS)を購入しました ダニエレ アレッサンドリーニのスウェットパンツ

Rodaの大判ストール(2枚め)

イメージ
年末に使い始めた大判ストールの具合がよろしかったので、 ユークス (yoox @yoox )において2枚めを購入いたしました。今回のブランドも前回と同じく RODA (ロダ @roda_official )ですが、前回と違って薄めの生地です。参考までに年末年始のセールの割引を利用し、送料無料で6,600円でございました。 現時点において1辺が1メートルを超える正方形大判ストールで、デザイン性が高くメンズでも使えるものはそれほど多くありません。それは日本国内に限らずYooxにおいても同様であります。そういったなかでRodaは大判ストール時折見かけることがあります。同ブランドの価格帯は定価で20,000円を超えますが、タイミングが合えば1万円以下で購入することも可能です。 今回購入したストールは2色展開でしたが、エレガントな感じのグレーを選択いたしました。通勤用のコートにも似合うので、お仕事の行き帰りでこのようなストールをアフガン巻きで着用すれば一撃でオシャレ度がアップします。とは言っても多くの40代の方々はマフラーの着用がほとんどなので勇気が必要かもしれません。 【関連記事】 40代メンズ デニムは膝下のシワが無いほうが良い Rodaの大判ストール

Coast Weber Ahausのリネン シャツを購入しました

イメージ
Yoox (ユークス・ドットコム: @yoox )の年末セールで良さそうなリネン シャツを見つけたので、今年の夏に使う目的で購入いたしました。購入の決め手は4,000円のお値段とマンダリン カラー(マオ カラー)と呼ばれる襟の形状でございました。 私がYooxで良く購入するCoast+Weber+Ahaus(コースト ウェバー アハウス @coastweberahaus )はイタリアのブランドですが、ブランド自体は2014年頃に消滅しております。したがって現時点で購入可能な同ブランドの新品はデッドストック品になるかと思います。 このリネン シャツはアイボリーに近い色で、下記のように2012のデザインが刺繍されていることから2012年に販売された製品であると思われます。とは言っても新品そのものなのでまったく問題はありません。ちなみに発売当時は20,000円を超える価格であった模様です。 去年の夏は暑すぎてリネン シャツなどの出番が少なかったのですが、今年の夏はこういった長袖シャツを着こなしてみようかと考えております。特にマンダリン カラーは初めてとなります。ただしMサイズとしては大きめなので、乾燥機に入れて熱で収縮させようかと考えております。
© 2023 やさぐれスタイリスト

当ブログのコンテンツ流用はご遠慮ください

過去記事

もっと見る