投稿

9月, 2019の投稿を表示しています

CHRISTOPHER RAEBURNのショート パンツを購入しました

イメージ
私はジムで使用するスウェット生地のショート パンツは気分を変えるために定期的に購入しております。Tシャツに関してはスポーツ ブランドの機能性Tシャツがベストであるとの結論に達しておりますが、男性用のそれはあまりデザイン性が高く無いのが難点でございます。同様にショート パンツも機能性を追求するとデザイン性が犠牲になります。 またスウェット生地であっても厚手の生地のジム用ショート パンツは、走ると蒸れるので薄手のほうが適しています。そういった条件において普通のスポーツ ショップでショート パンツを探すのは難しいので、通販で購入することが多くなります。 今回購入したのは CHRISTOPHER RAEBURN (クリストファー レイバーン @raeburn_design )のショート パンツであります。イギリス発の同ブランドは数年前に日本に上陸している模様ですが、取り扱い店舗に関しては少数であると思われます。そして今回が私にとって初めてブランドでございます。 購入の決め手は砂漠仕様のカモフラージュ柄であります。カモフラージュ柄のジム用ショートパンツは時々見かけますが砂漠仕様は今回が初見です。サイズはインターナショナル サイズのSがジャスト サイズで、 Yoox.com においてクーポンを使用して5,670円(送料込み)で購入いたしました。 【関連記事】 SUN68のスウェット パンツ

アレッサンドロ スクアルツィ氏のオーダーメイド スーツ

イメージ
アレッサンドロ スクアルツィ( @alessandrosquarzi )氏は海外のファッション スナップの常連さんであり、近年人気上昇中のブランド Fortela のクリエイティブ ディレクターでもあられます。また過去30年に渡って来日され、素材などを探していらっしゃるとのことです。 そして氏が今回の来日で着用されていたスーツが今年に入ってから仕立てられたものであったようです。上記の写真ではジャケット単体ですが、本来はセットアップ スーツとして仕立てたものと思われます。 この投稿をInstagramで見る Alessandro Squarziさん(@alessandrosquarzi)がシェアした投稿 - 2019年 1月月31日午前4時06分PST 氏がスーツを仕立てられたのは、氏のご友人が運営される高級ショップのルビナッチでございます。ルビナッチは数多くのイタリアン セレブを顧客に持ち、国内では新宿伊勢丹メンズ館5階の一角にコーナーが設けられております。参考までに氏のようなアパレル関係者をはじめとしたイタリアン セレブの皆様の勝負スーツの多くはオーダーメイドでございます。 この投稿をInstagramで見る Rubinacci - Official Accountさん(@rubinacci.it)がシェアした投稿 - 2019年 6月月19日午前4時57分PDT このボルドー色スーツのジャケットは着丈が長く見えますが、それがトレンドなのかスクアルツィ氏のご希望なのかは不明であります。また価格についても想像ができませんが、まったく同じ生地で新宿伊勢丹メンズ館でスーツを仕立てるとしたら30万円~40万円といった感じかと思われます。 ちなみに氏はウェアのみならずアイウェアや指輪や時計などのアクセサリ類のコレクションも数多くお持ちであります。そして上記のサングラスのブランドは、同じくご友人が立ち上げられたジャック マリー マージュで遠近両用レンズに交換されているとのことです。 【関連記事】 ルビナッチのジャケットをオーダーメイドしました

EREDIRIDELLIのフランネル パンツを購入しました

イメージ
今年の冬はどうしてもフランネル素材のグレーパンツが欲しかったので探していたところ、お手頃な価格のパンツを Yoox.com で見つけたので送料無料+10%オフのクーポンを使用して3,060円で購入いたしました。 EREDIRIDELLI(エレッディリデッリ)は1970年創業のイタリアのパンツ ブランドとのことですが、過去に日本国内で販売された形跡はありません。また現時点においてオフィシャル サイトも存在していないことなどから同ブランドは企業活動を停止していると思われます。 通常Yooxでは注文から到着まで7日を要しますが今回は3日で届きました。こういった場合は商品が過去に返品され、その商品がイタリア本国に戻らずに注文があった国に留まっていたと私は推察しています。そして過去にそうした経験もあったので今回も何らかの返品理由があったと予想しました。 サイトでは特にサイズ感の注意事項はありませんでしたが、このパンツの表記は46サイズといっても44に近い印象です。特にウエストは44サイズと言っても良いと思います。また裾幅が16cmなので、46を履く通常体型の日本人でもふくらはぎが引っかかる履き心地です。 サイズ違いも返品の理由とはなりますが、恐らく決定的であったのは後ろポケットが両方とも縫い付けられて使用不可と判断された点であったと思われます。実際には内側に後ろポケット袋が存在するので留めてある仕付け糸を切断すれば使えますが、相当ガッツリと縫われています。 イタリア製パンツはブランドによってサイズ感や履き心地も様々ですが、後ろポケットがここまで強く仕付け糸で留められているパンツを見るのは初めてでした。それによって型崩れを防いでいるとは思いますが説明が無ければ後ろポケットは使用不可に見えます。ちなみにこのパンツの素材も良くシルエットも綺麗なので、私は返品せずにこのまま使うことにいたしました。 【関連記事】 ネイビー ダブルジャケットのメンズ コーディネート 40代メンズのダブル ライダース ジャケットの着こなし【写真】

路地裏のストリート スナップ写真はカッコ良く見えます

イメージ
近年はインスタグラムなどの流行によって写真撮影の機会が爆発的に増加しております。またスマホのカメラの性能の向上によって適当に撮影してもそれなりの写真は撮ることができます。しかしながら路上で人物のストリート スナップ写真をカッコ良く撮影したい場合はある程度の知識が必要となります。 そのストリート スナップ写真の先駆けとなった写真家のスコット シューマン氏は、被写体モデルの選択もさることながら横方向からの太陽光線や望遠レンズによる背景ボカシなどの手法を使用して一躍有名になりました。特に一眼レフカメラでストリート スナップ写真を撮影される方は参考にされると良いと思います。 ストリートにおける人物写真は証明写真とは違って背景もライティングも毎回異なります。したがって撮影の前には太陽光線の方向を確認する必要があります。例えば真正面からの強い太陽光線は影ができないのでコントラストが弱い写真になる場合があります。白い背景も場合によっては露出オーバー(白飛び)になる可能性もあります。 一般的にデジタル カメラは明るい場所を中心に色合いを調整する傾向があるので、人物より背景のほうが明るいと人物が暗くなります。そういった特徴を生かし、影や暗い場所を背景として人物を浮き上がらせるとカッコ良い写真が撮れます。そしてその背景としておすすめなのが路地裏なのでございます。 上記はマカオ旧市街の路地裏ですが、すでに撮影に慣れた感じのカップルの方々がいらっしゃいます。路地裏は建物によって太陽光線が遮られている上に、道が長い場合は遠近感のある写真を撮影することができます。また外国の場合には石畳なども良いアクセントになります。 人物写真は人物の服やポーズや表情に集中しがちですが、ストリート スナップ写真においては背景の役割も重要です。とりあえず撮影の前に影や暗色の建物などを探し、それらを背景とすれば今までとは違った写真が撮影できるかと存じます。 【関連記事】 BOGLIOLIのタバコ色カジュアル スーツ スコット シューマン氏にサインをいただきました

マカオ旅行のついでに写真撮影をしてきました

イメージ
3年ぶりとなる海外旅行は初めてとなるマカオに行ってまいりました。現地は99%が東洋人で占められ、元ポルトガル植民地とはいっても白人はほとんど見かけませんでした。また中国人は富裕層も多く、エルメスの革サンダルをプールで履くといったお金持ちプレーも見られました。 滞在したJWマリオット・ホテル・マカオを含むその他のホテルにはカジノも隣接されていますが、多くのテーブル ゲームの最低賭け金が1,000香港ドル(約12,000円)と高いので事実上のお金持ち向けとなっております。ちなみにギャラクシー マカオのカジノで上記のメンバーズ カードを作ると(無料)、カードの提示によって同施設内の飲食店が10%オフになるようです。 外気温は摂氏30度なのですが湿度85%ということもあって体感気温は39度との予報が出ておりました。旧市街地は丘ということもあって登り坂が多く、スーツ姿は私のみでありました。とにかく暑くて汗も蒸発しないので体温がまったく下がらずフラフラ状態での撮影でございました。 丘の上の聖ポール天主堂跡に続く道は原宿の竹下通りと同様の混雑ぶりでした。細い道は風も通らないので体感湿度は100%といった感じでした。しかし路地裏は住宅地なので人通りも少なく、写真撮影には適している印象です。 ホテルのプールで仲良くなった城東くん(12歳)であります。マカオに隣接する珠海市から来ていたとのことですが、私は北京語と広東語の違いもわからないのでスマホの翻訳アプリを使って会話しました。 マカオは食事や治安も良く、日本から約4時間の距離なの行きやすい感じです。ショッピング モールのヨーロッパのアパレル ブランドに関してはモード系が多く、日本ではあまり見かけないブランドとしてはMR&MRS ITALYおよびフィリップ プレイン(PHILIPP PLEIN)の単独店舗や、LINDA FARROW(リンダ ファロー)のアイウェアを取り扱っている店舗もありました。
© 2023 やさぐれスタイリスト

当ブログのコンテンツ流用はご遠慮ください

過去記事

もっと見る