投稿

9月, 2022の投稿を表示しています

トラマロッサのスウエットパンツを購入しました

イメージ
久しぶりに2本目となるトラマロッサ(TRAMAROSSA)のパンツを購入しました。前回は国内のセール会場で購入した短パンでしたが、今回はスウエット パンツを YOOX において購入いたしました(送料込11,700円)。 Sito ufficiale TRAMAROSSA - Jeans Italiani di lusso 同ブランドはイタリアのパンツ専業ブランドでございます。細身のシルエットとストレッチ素材を使用した楽な履き心地のパンツは、国内では近年人気が上昇している模様です。 今回購入したのは、多くのブランドでラインナップされているグレーのスウエット パンツです。先日その種類のパンツを探していた折に、お手頃な値段の同ブランドのものを発見したので購入した次第です。 このパンツはスポーツ ブランドのスウエット パンツとは異なり、足首に向かって細くなるデザインのテーパード デザインが採用されています。したがってウール コートやライダースジャケットなどとも合わせることが可能です。 またウエスト部分はゴム・ドローコード・ベルトの3種類で固定することができます。しかしベルトを使う際にはドローコードを外す必要があることに加え、ゴムでも十分に役目を果たしているでのこのままで使う予定です。

40代メンズは外国語と筋肉で女性にモテる確率が高くなる

イメージ
何歳になっても男性は女性にモテると良い気分になるものであります。しかし残念ながらファッションを変えたところでモテるようにはなりません。そんな簡単なお話であれば、すべての男性がとっくの昔にモテております。 (参考までにモテるなどと書いているファッションメディアのライターがモテたというお話は聞いたことも見たこともありませんし、むしろ彼らの服装はダサいというのは業界の常識となっております)。 ファッションやアクセサリー類は、所詮お金があれば何とかなります。お金持ちそうな外見の男性は一見するとモテているようには見えますが、お金の匂いがお好きな女性が近寄ってきているだけであったりします。 どんなに高価なアイテムで着飾ったところで、女性からは高そうに見えるだけで実際の値段まではわかりません。それらで外見を主張しても人物に興味を持たれなければ女性はすぐに離れてしまいます。 そこで簡単にはお金では解決できないことに加え、努力を必要とする外国語と筋肉のほうが女性にモテるのでは無いかという仮説を立てました(ちなみに私はモテたくて体を鍛えたりイタリア語を習っているわけではありません)。 この2つに共通するのは「頼れそう」という女性の錯覚です。実際には外国語が話せても交渉能力が高いわけではありませんし、筋肉があってもそれが日常生活で使えるとも限りません。 外国語に関しては英語が汎用性が最も高く、日本人には馴染みのある言語なので無難と言えます。例えば英語を話せる前提で海外旅行のお話をすると、女性は海外旅行でも頼りになりそうと錯覚する場合があります。 外国人が混じった会合や職場においては英語>服装のカッコ良さ、となります。これはイケメンでも何でも無い帰国子女が、流暢な二か国語を話せるという理由だけで彼女ができたりすることでもわかります。 英語はTOEIC 500~600点(英検2級)程度を目標とすれば、挫折せずに勉強を継続できるかと思います。そして700点を超えると外国人の彼女が視野に入ってまいります。特にお喋りな性格の方は、外国語の習得が早い傾向があるのでオススメです。 ひさびさの倒立おじさん pic.twitter.com/XeqWIGzVhc — やさぐれスタイリスト (@k8araki) September 3, 2022 筋肉を発達させた場合

Jutta Neumann アリスの履き慣らしについて

イメージ
玄人さん好みのユッタニューマンのサンダルは、痛みや出血に関する話題を必ず耳にします。私が購入した店舗の店員さんも「購入した翌日に1時間歩くとか無謀なことをしでかしまして、そのシーズンは2度と履けませんでした」などと、嬉しそうに語られていらっしゃいました。 逆にそういった心構えや知識が無い方々が同ブランドのサンダルを購入した場合、短期間で諦めて履かなくなることもあります。それは日本語訳の説明書を添付すればある程度解消できるのですが、それすらも販売する側で行わなれないところが玄人仕様と言われる所以です。 私が購入した個体は左足のストラップが非常に固く、特に甲側のストラップの付け根部分(土踏まず部分)は固いゴムのようでした。加えて全般的にストラップが固かったので、外で履くのは諦めて屋内履きとして調教を始めることにしました。 最終的に1ヶ月間毎日履き続けた時点でかなり柔らかくなったので外履きデビューしました。その日はいきなり2時間程度は歩いたのですが、出血も水ぶくれもすることはありませんでした。その後も普通に履いていますが、特に痛みなどはありません。 このアリスのような幅広ストラップ サンダルの特徴は、ストラップの角が皮膚に当たらないことにあります。したがって1点に擦れが集中することがないので、一般的なサンダルのような靴ずれは発生しません。 一方でストラップの裏面では広い面積で擦れる可能性があり、それが水ぶくれの発生の原因になると思われます。しかし英語の説明書にあるようにワセリンなどを予め塗布すれば避けられると思います。 履き心地に関しては「サンダル界のロールス ロイース」とは言われていますが、それは言い過ぎといった印象です。そもそもロールス ロイスの乗り心地はそこまで良くありませんし、どちらかと言えばゴム底の革靴といった感じです。 しかし足に密着するという点においては、踵をストラップで固定するタイプのサンダルと同等であると思います。これによって歩行時に踵がパタパタすることも無く、ソールの踵部分の摩耗も少なくなります。 服との合わせやすさに関してはまったく問題は無く、むしろ調教の甲斐があったと思います。そして履き込めばさらに足に馴染むので、今後3シーズン以上は余裕で履き続けることができそうです。 【関連記事】 ユッタ ニューマンのサン

ダークカーキ色パンツのメンズ コーディネート

イメージ
年間を通じて合わせやすいカジュアル パンツの色はブラウン系でございます。一方でグリーンは合わせるのが難しく、ミリタリーの雰囲気が常に付いて回るのでエレガンテなスタイルに仕上げることが困難です。 そしてその中間色とも言えるダーク カーキ色のパンツのコーディネートを試してみました。参考までにカーキ(Khaki)は日本ではミリタリー グリーンを指すこともありますが、日本以外の国においては #c3b091 が一般的な色味となります。 本来のカモフラージュ柄に近い色彩のトップスとの相性は良い感じです。このポロシャツに関してはブラウンのパンツなども試してみましたが、最終的にはこのパンツとのコーディネートが最も色のバランスが良い感じです。 上記のポロシャツ以外の組み合わせとしては、同じ柄の長袖シャツやTシャツが挙げられますが、カモフラージュ アイテムは扱いが難しく一般的では無いので玄人さん向けのコーディネートとなります。 この長袖シャツはコーディネートに苦労していたのですが、上記のポロシャツ同様に良い感じの組み合わせに見えます。これはストライプ柄が、カモフラージュ柄と似通った色の組み合わせで構成されていることが理由と思われます。 このパンツはダークカーキとは言っても、実際にはグリーンとブラウンの中間色です。したがってトップ画像のグレーとグリーンの中間色のTシャツのように、グリーンの混合色アイテムと組み合わせようかと考えております。 【関連記事】 Gabriele Pasiniのクラシック パンツを購入しました

衣服や靴などを処分するタイミングについて

イメージ
衣服や靴の収納スペースは有限なので、どこかの時点で古くなったなどの理由でそれらを処分する必要があります。しかし壊れたなどの理由であればまだしも、十分に使用可能である場合は悩むところでございます。 加えてファッション アイテムには思い入れなどもあり、捨てることを躊躇をして保管と言う名の放置に至ることも珍しくありません。そして放置されたアイテムは再び使うことがなくなるわけであります。 ちなみに捨てる代わりに、どなたかに差し上げるというお考えの方もいらっしゃると思います。しかしご自分で使用されないファッション アイテムを必要としている方は、お知り合いには存在しないと考えたほうが無難です。 世間ではハイブランドのものであっても、中古の衣服や靴を好んで身につける方々は少数です。新品に近いものであればその可能性もありますが、多くの場合は頂いても仕方がないのでお断りされると思います。 したがってそれらは売却されたほうが現実的であると思います。しかし売却価格が二束三文になる可能性もあり、店舗に持ち込んだり配送用に梱包するのも面倒とお考えの方は思い切って廃棄されたほうが気分がスッキリします。 仕事着のスーツは、クリーニングに出す回数に比例して質感や立体感が失われます。したがってクリーニングによる光沢などの劣化が見られるようになってきたら、それがひとつの買い替えの指標となります。 また仕事着と言ってもラペル(襟)のデザインや着丈の長さには流行があります。それらが職場で他の方々と比較して古く臭く感じられるようになった場合、十分に使用可能であっても買い替えを検討されても良いと思います。 オシャレ着の場合はアイテムを身に着けたときに、気分の高揚が感じられなくなると着用頻度が少なくなります。これはアイテムの劣化や流行遅れのデザイン、あるいは似通ったアイテムの新規購入などの理由によります。 そして出番が少なくなると加速度的に着用頻度がゼロになり、その状況になると再び着用することは無くなります。そうなるとお手入れもしなくなり、カバーなどをかけて保管をするとアイテムの存在すら忘れ去られることになります。 パンツやジーンズは膝が抜けたり、退色が目立つようになった時点で買い替えの検討に入ります。膝の抜けは、パンツを畳んだときに膝部分が盛り上がって生地が伸びている

ホワイトのメンズ ショーツ(短パン)のコーディネートは難しい

イメージ
そもそもスタイリングが難しく苦情を受けやすいメンズ ショーツでありますが、中でも白色のものはかなり難易度が高いと思われます。特に日本においては学校の体操着で使われることもあり、大人が着てもその印象がついて回ります。 加えて夏物の白パンツは生地が薄く、下着の色が透ける場合があるので注意も必要です。それでもコーディネートを工夫すればカッコ良くなるかと言えば、残念ながらそうはならない模様です。 上記の試験的なコーディネートは長い白パンツとは違い、短パンの場合は着て出かける場所がありません。ある意味近年のイタリアのピッティで時折見かけるような、コスプレに近いコーディネートと言えるかもしれません。 ウエスタン デニムシャツと組み合わせた上記のコーディネートは、イタリア人のファッション スナップで見かけたものを正確に再現しました。そしてこの白の短パンのスタイルに限れば、オシャレに見えるかと思います。 恐らくイタリア人も、試行錯誤の結果としてこのコーディネートに辿り着いたと想像しますが、残念ながら日本の夏では暑苦さが避けられません。それでも湿度が低いリゾート地の夜間などでは使えるスタイルではあります。

NINE:INTHE:MORNINGのミリタリー シャツを購入しました

イメージ
長らく探していたNINE:INTHE:MORNINGのブラウン色のミリタリー ワーク シャツが大幅値下げとなっていたので、 YOOX において購入いたしました(送料込:5,800円)。そしてこのモデルのシャツは3枚目となります。 NineintheMorning - Luxury Denim NINE:INTHE:MORNINGはパンツを中心に展開しているイタリアのブランドでございます。数年前まで国内のセレクトショップで少数の取り扱いがありましたが、現時点において国内代理店は存在していないと思われます。 この投稿をInstagramで見る BePositive(@bepositive_authentic)がシェアした投稿 このミリタリー(ワーク)シャツを初めて確認した2018年の上記の投稿で、写真のシャツとパンツはイタリアのサッカーチームのユニフォームとして特別に作られたものと思われます。ちなみにシャツの胸部分にプリントされたn:はブランド アイコンです。 そしてこのシャツは、この時点でBOBというモデル名で同ブランドの定番となっておりました(参考定価:30,000円前後)。初期はブラウン・ネイビー・グリーンといった展開でしたが、現在ではホワイトや柄物やリネン素材も追加されているようです。 3年前に初めて購入したシャツの色はグリーンでした。これは当時、このモデルを取り扱っていた唯一のサイトでSサイズのブラウンが欠品していたことによるものです。 Cupertino Shop 1958 購入したのは上記のサイトで、当時のレートで約15,000円でした(送料込)。参考までに同サイトでは日本への発送も行っておりますが、当時は送料が50ユーロであったために購入には少々躊躇しました(現時点は未確認)。 グリーンを購入した直後にYOOXにおいてネイビーも発見したので、11,000円で購入しました(送料込)。当時はYOOXでもこのシャツの取り扱いは少なかったので、値段が下がるのを待たずに購入しました。 イタリアのパンツ専業ブランドが作るシャツは、このシャツに限らずパンツと同じ素材を使用しているケースを見かけます。このシャツもパンツと同様の厚手の生地が使われ、比較的固めの着心地といった印象です。

40代メンズのハンドアクセサリーはシルバーリングからはじめる

イメージ
指輪やブレスレットなどのハンド アクセサリー類は、40代男性であってもオシャレを目指す過程で一度は通る道でございます。そしてファッションの観点からはそれらは高価であっても服装に合わせる必要があり、例えば腕時計ばかりが目立つコーディネートは失敗の部類に入ります。 多くの場合年齢層が上がるとゴールドのハンド アクセサリーが好まれるようになりますが、ゴールドは黄色に近いので服に合わせにくい色でもあります。また価格帯も高いので簡単に試せるようなアクセサリーでもありません。 その点においてシルバー素材のハンド アクセサリーは価格帯も低く、灰色に近く服にも合わせやすい特徴があります。しかし国内におけるシルバー素材のアクセサリーはクローム ハーツ、あるいは同じくインディアン ジュエリーなどに人気が偏っていいます。 それらのアメリカ製のシルバー アクセサリーはデザインが独特で服には合わせにくく、シルバー素材の割には高い価格設定を多く見かけます。加えて男性好みのデザインなので、女性に受け入れられにくそうでもあります。 一般的にシルバー リングは、細いデザインより太いそれのほうが男性にはお似合いになります。特に指が長い方が幅広のデザインのリングを付けると、大きくスタイリングの印象を変える可能性があります。 とは言っても国内ではアメリカ製シルバーリング以外の選択肢は限られるので、比較的入手しやすそうなイタリア製のシルバーリングを中心に下記のように数種類ご紹介いたします。 Yooxでは1~5万円台といった価格帯でイタリアン ブランドのシルバー ジュエリーも取り扱っております(上記はFIRST PEOPLE FIRST)。購入する場合は、素材構成がシルバー925/1000となっていることを確認してください。また表示サイズは日本サイズと同じです。 GUCCI グッチ シルバーリングエングレービングロゴ 指輪ワイドスターリングシルバーメンズ レディース 男女兼用ソアベアモーレルクレティウスロゴ刻印ペアリングとしてもOKBLOOMINGLOVESOAVEAMORE0701SL♯1024 posted with カエレバ 楽天市場で探す Amazonで探す Yahooショッピングで探す 有名ブランドのリングは気分が高揚します。特にイタリア製のアクセサリーはデザイン

正確なスーツの着こなしはメンズ ファッションの基本スタイル

イメージ
長い人生のなかで、冠婚葬祭用を含むスーツを一度も着用されない方々は極少数でございます。そしてスーツは男性を簡単にカッコ良く見せることができるので、スーツ スタイルを習得することがオシャレの早道となります。 一般的に男性は就職の際にビジネス スーツの着用方法を学ぶことになります。ジャケットやパンツのサイズ感、ネクタイの色彩や柄の合わせ方、革靴の選び方や靴紐の結び方およびお手入れ方法などがそれらにあたります。 ビジネス シーンにおいてはオシャレは必要無いものの、それでも体型に合わせて正確に(着崩さず)スーツを着こなす必要はあります。その結果、体型に合わせたスーツは意外と窮屈であることも学ぶわけであります。 一方でスーツ スタイルは単調なため、オシャレという観点からは多様性に欠けます。それはスーツ スタイルの限界でもあり、さらなるオシャレを目指すのであればジャケパンやカジュアル スタイルへの移行が必要になります。 その移行に関しても正確にスーツ スタイルを着こなすことができれば容易となります。ちなみにファッション スナップで見かけるイタリア人の方々の多くは、着崩すことはあってもタキシードまで着こなすことができます。 上記の長袖シャツは体型に限りなく合わせたオーダーシャツで、完全なるジャストフィットとなります。当然のことながら動きやすさは犠牲となりますが、事務仕事であればまったく問題はないレベルです。 ビジネス用の長袖シャツのサイズ感はスーツより許容範囲が狭いので、サイズにご不満があるようでしたらオーダー シャツをオススメいたします。それらは1万円台から購入可能で、同額の既製品より満足度が高い場合もあります。 ジャケパン スタイルはスーツ スタイルの延長線にあるので、見た目ほど難しくはありません。ただしこのスタイルは自由度が高い反面、色数が多くなりがちなので華やかさよりはシンプルなコーディネートを心がけると良いと思います。 同系色でコーディネートを組み立てる場合も、上下同色のスーツ スタイルと考え方に大差はありません。とは言ってもサマー スタイルはアイテム数の減少で体型が目立つので、オシャレに見せるよりは統一感に重点を置いたほうが良さそうです。 スーツ スタイルからライダースジャケットへの移行は、意外と良く見かけるケースです。こ
© 2023 やさぐれスタイリスト

当ブログのコンテンツ流用はご遠慮ください

過去記事

もっと見る