投稿

2月, 2019の投稿を表示しています

崩れにくいネクタイのディンプルを棒を使って作る方法

イメージ
ネクタイを締めるからには綺麗な外観にしたいものでございます。上記のマリネッラのネクタイはオーダー時に、大剣の幅やノットの結び方を指定しているので容易にディンプルを作ることが可能です。しかし指定以外のノットの結び方にすると、結び目が団子になったり短すぎる結果となります。 ディンプルの作りやすさは素材と幅と厚さに依存するので、作りやすいネクタイとそうでないネクタイがあります。ディンプルを最も作りやすいネクタイは、固めの生地を使用した薄くて幅が広めのタイプと思われます。またネクタイの細い部分より太い部分のほうが物理的にディンプルを作りやすい傾向があります。 結び方に関してはプレーン ノットやセミウィンザーノットが現代的です。ちなみにイタリアをはじめとした海外ブランドのネクタイは長過ぎたり薄過ぎたりするので、プレーンノットのみでは対応が難しいと思います。そういった場合に備えてセミウィンザーノットを覚えておかれると便利でございます。 ディンプルは、ディンプル(溝)がノット(結び目)を貫通していれば綺麗に崩れること無く完成しますが、大剣を引いてノットを上に移動させる動作によってディンプルが崩れやすくなります。そこでディンプルに棒状の物を入れて固定し、形状を維持しながら大剣を引く方法を以下のように考えてみました(右利き用)。 今回は表面が滑らかでネクタイの生地を傷つけにくい箸を使用していますが、ネクタイが汚れない未使用の鉛筆などでも代用可能です。 ※箸を使うときは先端を必ず下に向け、抜いたあとは目などを突かないように箸を手から離してネクタイを締めてください。 ・セミウィンザーノット(写真は見やすいように左右反転しています) 1)左手の人差し指と親指でノットの始点がずれないように固定します。この始点でネクタイを締めたあとの前後の長さバランスと、ノットの大きさが決定します。前後の長さが同じになるのが理想的ですが、大剣の先端がベルトに接触するギリギリの長さであれば小剣が短くても問題ありません。 2)後ろから前に通した大剣でノットの向かって右半分を成形します。このとき大剣を真下に引くと生地が重なりすぎてノットが団子状になるので、斜め45度の方向にずらして生地の重なりを少なくします。 3)成形した右半分のノットが崩れないように左手の中指で押さえながら、大剣

40代メンズのスポーツ ジム用イタリアン ブランド

イメージ
近年になって24時間営業を行うワークアウト ジムも多く見かけるようになりました。私もタバコをやめた十数年前からジムに通っております。そうしたエクササイズを始める上で、迷うのがファッション アイテムの選択でございます。 まずエクササイズ用アイテムとして重要なのはスニーカーであります。スニーカーは本気のランナーでも無い限り、機能性はそれほど問題とはなりません。そして足元でオシャレの差が出るので派手目のほうがグッドであると思います。ちなみに上記のゴールドスニーカーは、まったくもってエクササイズには適しておりません。 アウターウェアに関しては体型を隠すファッション アイテムにカッコ良いものは無いのと同様で、大きめのサイズ選択は厳禁です。またこれも機能性はそれほど重要ではありません。場合によってはTシャツで気分を変えることもあるので、複数枚購入することをオススメいたします。 ディースクエアード公式オンラインストア|Dsquared2.com ディースクエアードのTシャツはデザインが優れている印象です。ただし着丈が長いのでワンサイズ下げたほうが良いかもしれません。また同ブランドは世界的に偽物が大変多いので、通販での購入は慎重を期したほうが良いと思います。 ディースクエアード取り扱い店舗・コーナー - ファッションプレス HYDROGEN (ハイドロゲン)公式通販サイト HYDROGENはデザイナーのアルベルト氏がエクササイズ好きな関係で、スポーツウェアも毎年発表しております。価格設定が高めなラグジュアリーブランドですが、このブランドも国内大手通販サイトでさえ偽物を大変多く見かけるので注意が必要です。 店舗リスト | HYDROGEN (ハイドロゲン)公式通販サイト SY32 by SWEET YEARS Official Webshop(エスワイサーティトゥバイスウィートイヤーズ オフィシャルウェブショップ) SY32 by SWEET YEARSはイタリアのサッカー選手が立ち上げたブランドで機能性にも優れています。エクササイズ用のトータル ウェアとしてもリーズナブルな価格設定となっております。都内ではお台場ヴィーナスフォートに店舗があります。 フランクリン&マーシャル | Franklin & Marshall Men's

BOGLIOLIのネイビー ダブル ジャケットを購入しました

イメージ
先日セール品となっていた BOGLIOLI (ボリオリ @boglioliofficial )のダブルブレスト ジャケットを購入いたしました。これで同ブランドのテーラードジャケットは4着目となります。そして今回はネイビーのダブルジャケットであり、汎用性が非常に高い上に探していた色でもございました。 ボリオリのスーツを含むジャケット類は、モデルによってシルエットの違いが大きい場合があります。例えば日本でも人気があるDOVER(ドーバー)と呼ばれるモデルは、日本人の体型に合った様々な素材や色のバリエーションがあるシングル タイプのテーラードジャケットです。一方でダブルブレストのジャケットの場合は少々緩めにデザインされている印象です。 私の場合はボリオリのシングル ジャケットのサイズは46ですが、ダブルブレスト ブレスト ジャケットは44とワンサイズ下げています。46サイズのダブルブレスト ジャケットは脇の下部分が余って外見があまり良くないからです。ただしこれは肩周辺部分の筋肉の発達が原因かもしれません。 いずれの場合にしろ購入の際には試着を入念に行い、特に背中のシワや前ボタンを留めたときの体とジャケットとの隙間の開き具合には注意をする必要があります。参考までにウエストが絞ってあるイタリア製のジャケットは、胸囲が小さい方には合いにくい傾向があります。 このジャケットは100%ウール素材で裏地は付いていないので、およそ10月~4月までの半年程度は使えると思います。ウール素材の質感は非常に良い感じですが、摩擦によって毛玉ができる懸念も多少はあります。 ネイビーのダブルブレスト ジャケットは多くのアイテムとの相性が良い反面、華やか過ぎて着て行く場面が無いかもしれません。しかし何らかの勝負をかける場面においては強力なジャケットであると思います。少なくとも40代の皆様におかれましては、親御さんなどの集まりにおいても圧倒的優位に立てるジャケットなので1着持っていても損は無いかと存じます。 【関連記事】 ネイビー ダブルジャケットのメンズ コーディネート BOGLIOLI (ボリオリ)のスーツ BOGLIOLIのベルベット ダブルブレスト ジャケット BOGLIOLI(ボリオリ)のDOVER BOGLIOLIのテーラード ジャケット

マリネッラの小紋柄オーダー ネクタイ(2本め)

イメージ
去年の10月に E.Marinella (マリネッラ @emarinellajapan )においてオーダーしたネクタイが出来上がってまいりました。今回はノーマル仕様で8.5cm幅のマリネッラを代表する小紋柄をお願いいたしました。この柄は国際的にも汎用性が高く、外見からもマリネッラのネクタイであることが判別可能でございます。 このネクタイは前回と同様にシルク100%です。生地は他のシルク ネクタイと比較すると表面が滑らかであります。また生地が少々固めの印象がありますが、これは締める回数が多くなれば柔らかくなるとのことです。同様にオーダーの際のネクタイの長さも、伸びることを考慮して決めていただいております。 100年以上の歴史があるマリネッラのナポリ本店は午前6時30分から開店しているとのことです。早朝の時間帯は3代目当主のマウリツィオ氏(写真右端)が店頭に立たれることが多く、氏との会話を楽しみながら購入する目的のイタリア各界の著名人が数多く来店されると伺いました。参考までにベルルスコーニ元イタリア大統領がマリネッラのネクタイを毎月200本購入し、各国首脳などにプレゼントされていた逸話もございます。 そしてネクタイを突き詰めて行きますと、最終的にイタリアにたどり着くことになるかと思います。イギリスやアメリカのスタイルにおけるネクタイは、コーディネートの最後に選ぶアクセントとしての位置づけでございます。しかしイタリア人は彼らよりネクタイに強いこだわりがあるように思われます。何故ならイタリア人にとってのネクタイは「長くて太い男の証」であることに他なりません。 ちなみにマリネッラのようなイタリア製高級ネクタイをプレゼントする場合、お贈りするお相手がブランド名を知らないと無意味であります。ブランド名も知らない方に「長くて太い煮えたぎる男の証」を贈ったところで、貴方様の思いは伝わることはないかと存じます。 【関連記事】 マリネッラのオーダー ネクタイが出来上がりました E.Marinella for Drumohrのニットタイ E.Marinella(マリネッラ)の東京限定ネクタイ

40代メンズ デニムは膝下のシワが無いほうが良い

イメージ
40代のオシャレなメンズが着用するデニムの種類は、アメリカン スタイルとヨーロピアン スタイルに大別できるかと思います。特に近年は日本製生地を使ったイタリア製の高級デニムが人気があるようです。 一般的にアメリカン スタイルでは裾が長めでゆったりとしたフィッティングが好まれます。逆にヨーロピアン スタイルでは全体的にタイトなシルエットで、裾は短めが多い印象です。そして多くの方々が裾を詰める場合は、ロールアップや縮みなども考慮して長めにする傾向があります。 デニムの着こなしにおいて膝から下の外見は重要でございます。特に膝から下のたるみシワは、スタイル全体を左右いたします。その部分にシワが多い場合、モッサリとした印象になりがちです。参考までに上記の写真のデニムは長過ぎであり、イケていない部類のスタイリングでございます。 つまりカッコ悪く見える原因は長さでは無く、シワなのでございます。しかしこれは裾を短めに詰めることによって解決可能です。一般的にはパンツの長さはワンクッションやノークッションなどの基準が使われていますが、私はくるぶしを基準としております。 私はくるぶしが「見えない・半分見える・見える」の三段階の基準で詰めています。「見えない」のはスーツ類、「半分見える」のは裾が細いパンツなどで最も多く、「見える」のは裾幅が太めのデニム類と決めております。 最初の私の写真のデニムは購入後に裾を詰めるのが面倒でロール アップしておりました。しかし20cmの裾幅はロールアップ向きでは無いとの結論に達し、試しにロールアップ無しで着用したところやはりイケていないことが確認できました(すでにくるぶしが見える長さで詰めてあります)。 参考までにデニムを購入するショップの店員さんは、裾を短く詰め過ぎると取り返しがつかないので少し長めで詰めるように判断すると思います。それでもロールアップなどで対応可能ですが、ロールアップをしない長さを基準としたほうが良いと思います。目安としては20cm前後の太めの裾幅は短く、16~18cmは多少長くても大丈夫です。 また思い切って短く詰めてみたものの「それ短すぎない?」と言われることもあるかと思います。その場合は「でもイタリア仕様なんで」とお答えすれば上手に相手を丸め込めるかと存じます。 【関連記事】 ホワイト ジーンズの

太い袖のテーラード ジャケットはカッコ悪い

イメージ
上記のミラノで製造されたテーラード ジャケットは5~6年前に購入いたしましたが、何となく出番が少ないジャケットでした。そして素材や着用感やサイズ感も良かったものの、最近になって腕の部分のデザインに問題があることに気が付きました。 結論から言うとアーム ホール(腕が通る穴)周辺分が大き過ぎ、それによって袖の筒部分も太くなって外見が悪くなっています。そしてアームホールを小さくする修正は困難であり、腕以外は問題が無いジャケットなので残念であります。 このような腕の付け根部分に余裕があるテーラードジャケットは着やすい特徴がある反面、上腕部に余裕があり過ぎて胴体部分とのバランスが悪くなります。特に近年のジャケットは細身が多いので腕部分が太いと余計に不格好に見えてしまいます。 参考までに私の持っている上記以外のテーラード ジャケットは着用時に苦労いたします。また腕を含めて体にフィットしているため、着用時にも比較的窮屈な思いをしております。素人さんはそのようなテーラードジャケットは動きにくいとおっしゃいますが、体にフィットしたカッコ良いテーラードジャケットは本来動きにくいのであります。 そもそもテーラード ジャケットに動きやすさを求めること自体が間違いでございます。荷物などを運ぶ作業をする場合はジャケットを脱ぐと思います。ジャケットを着て全力疾走することも無いでしょう。大都市圏の移動に限れば、ジャケットを着て電車の吊り革を掴めればそれで十分なのでございます。 ちなみに上記のスーツは非常にタイトなシルエットであります。ジャケットの絞ってある位置が通常より5cm以上高いため、ボタンを留めると深呼吸しづらくなります。また私は上腕三頭筋が大きめなので上腕部がきつく、電車の吊り革を掴むのがやっとでございます。 40代を過ぎた皆様にとってジャケットの肩周りは重要なポイントとなります。一般的に普段運動をされていない場合、腕が細くなって腹部が出てきます。ジャケットの腹部はボタンを外すなどしてそれなりにごまかすことも可能ですが、筋肉が落ちて生地が余った腕や肩周りは修正が困難です。 肩周りはジャケットの外観でも重要な部分であり、特に段付きのシワは相手に体型的に貧相な印象を与えます。可能であれば筋肉を鍛えて大きくすれば良いのですが、それも難しいと思いますので下記の図のよ
© 2023 やさぐれスタイリスト

当ブログのコンテンツ流用はご遠慮ください

過去記事

もっと見る