投稿

2013の投稿を表示しています

HISTOIRES de PARFUMSの香水を購入しました

イメージ
身に付ける香水は日本では欧米ほど一般的ではありません。特に無臭が好まれる日本において40歳代が香水を使用するとなると、加齢臭も混じって難易度が高くなります。食事の時や電車に乗る際にも注意が必要となります。そういった困難を乗り越え、良い香りの40歳代になるべく私は香水探しを始めたわけであります。 漠然と良い香りを探すのは大変なので、テスターで印象が残ったタバコの香りがする香水に絞りました。まず候補に上がったのは Santa Maria Novella (サンタ マリア ノヴェッラ)のTobacco Toscanoです。これは名前の通りタバコっぽい香りがします。次の候補は Tom Ford (トム フォード @tomford )のTobacco Vanilleです。これはタバコとバニラの甘い香りを合わせ持つゴージャスな香りですが、お値段も一般的な香水の数倍というゴージャスな香水です。 そしてもう一つ気になっていたのが HISTOIRES de PARFUMS (イストワール ドゥ パルファム @histoiresdeparfums )の1740です。これはテスターなどで香りを確認したあと、他の香水を探していたらいつの間にか生産中止になりました。手に入らないとなると欲しくなるのは人間の性であります。結局、あちらこちら探して先日サンプル ボトルを2本入手いたしました。 この歴史シリーズは番号(西暦)ごとに別名が付けられており、1740はサディストの語源となった『サド候爵』となっております。これはそれほどタバコの香りは強くありませんが、高貴でエロスな感じであります。写真でもう1本の1876は、女スパイの代名詞となったマタ・ハリの誕生年を示している女性用で、タバコの香りはありません。また1969はアンジェリーナ・ジョリー氏が愛用されているとのことです。 参考までに香水を購入する場合は最初にサンプルを手首などに少量塗布し、2~3時間体温で蒸発させてからもう一度香りを確認することをオススメします。香水はその人の体臭と混ざり合うなどして時間とともに香りが変化します。したがって店頭の香りだけで判断することはできません。というわけで、これから香水の付け方を考えることにします。 追記:HISTOIRES de PARFUMSは東京都内のUnited Arrowsなどで

スーツ パンツの裾は迷ったらシングル仕上げ

イメージ
パンツの裾の仕上げは迷うところであります。文献やネットを探すとウンチク満載の記述が色々と出てきますが、結局のところフォーマルやスーツで使用するパンツはシングルで、あとは好きなようにやっておけば大丈夫かと思います。そもそも一般の方々は他人のパンツの裾に興味などあろうはずも無く、ダブルの幅が3cmであっても4cmであっても気にするのは当の本人だけであります。 シングル仕上げは日本ではスーツなどで最も多く見られる仕上げて裾は内側に折り込まれています(この場合は10cm)。場合によってはダブルに再加工することも可能です。 ダブル仕上げはスーツでも問題ありませんがシングル仕上げと迷う場合や、普通のお仕事着の場合はシングル仕上げのほうが無難です。このカジュアルパンツの場合は4cm幅で折り返しは糸留めにしています。 ジーンズ仕上げまたは「たたき仕上げ」と呼ばれるもので、ロールアップも考慮する場合はこの仕上げが適切です。近年のカジュアル パンツは裾丈を短く詰める方法が流行しており、この仕上げが最も一般的で安価な方法です。 最近購入したパンツはウエストポイント仕上げにしていただきました。名称の由来が不明なのですが、米国の陸軍士官学校に関係しているのかもしれません。ジーンズ仕上げとシングル仕上げの中間のような感じで、幅は3.5cmです。この仕上げにした理由は裾を均等にロールアップできるからです。

Hannibal for Kingの自重トレーニング

イメージ
Training with Hannibal For King MMA 重りを使用したトレーニングに飽きていた私は4年ほど前にHannibal(ハンニバル @hannibalforking1 )という人物の動画を見つけました。彼はNYC在住で主に公園などで自重トレーニングの究極系に到達いたしました。彼の動きは器械体操に通じるものがありますが、主に静的な動きが中心です。彼を一躍有名にしたのは、動画の中にもありますがMuscle Up(マッスル アップ)と呼ばれる運動です。これは鉄棒における懸垂からそのまま棒の上に体を持ち上げる動作で、器械体操における蹴上がりを無反動で行うような感じです。 さらにFront Lever(正面水平)と呼ばれる鉄棒にぶら下がった状態で体を水平に維持する動作や、Planche(上水平)から足を浮かした状態での腕立て伏せなどを簡単にやってのけることによって動画に人気が出ました。そしてそれに感化された私も挑戦してみることにしました。Front LeverやPlancheは何をどうやってもできそうも無いので、それらと比較して難易度が低そうなMuscle Upに挑戦しました。最初は体の動かし方がわからず、試行錯誤の末に無反動では無理ですが何とかできるようになりました。ちなみに2年間を要しました。 Hannibal氏と同じようなトレーニングをしている動画は多いのですが、彼の場合は体のブレが皆無でまるで重力を無視したような動きになっています。動画の中で彼は『すべてはCore(コア)である』と述べています。コア(体幹)と腹筋は意味がちょっと異なるのですが、彼の腹筋からすると相当コアが鍛えられていることは想像できます。参考までに動画の中盤で彼が行っているダイアモンド プッシュアップ(両手の人差し指と親指をつけて行う腕立て伏せ)ですが、通常胸の下に手を置くところをおヘソの下に置いております。私もちょっと試してみたところ1回目で見事に潰れました。 リーディングエッジ(LEADINGEDGE) 2WAY ディップスタンド 耐荷重120kg ブラック LE-DS800 BK ディップススタンド ホームジム トレーニング 自重 腹筋 背筋 posted with カエレバ eSPORTS PayPayモール店 Yahooショッピング Ama

東映太秦映画村で侍になってみました

イメージ
先日、京都の 東映太秦(うずまさ)映画村 に旅行してまいりました。10年ほど前に最初に行った時は初めてのお侍姿で戸惑ってしまい、納得がいく写真が撮れませんでした。今回は2回めということもあり、小芝居をする余裕が出てきたのであります。 ちなみに私の選択した同心のコースですと、かつら合わせやメイクなどに約40分ほどかかり、そのあと1時間ほど館内および屋外セットの中を歩きまわることができます。注意点といたしましては雨や雪の場合は屋外セットに出ることができず、館内のみの撮影になってしまうことです。刀も竹光ですが抜くことができます。私のような本物風味の同心が屋外セットに出れば、必然的に素人衆のお客さんに記念写真を頼まれてしまいます。世が世なら私も時代劇スターになれたと勘違いできるレベルであります。

Bloggerで自分のビューを追跡させない [2017年8月改訂]

最近Bloggerの統計で『このブログの自分のビューを追跡しない』に設定しているにもかかわらず、自分のページビューがカウントされてしまう事象に悩まされていました(設定自体が保存できないのとは別の問題です)。ページビューが1日に1000件以上もあれば誤差の範囲なのですが、私のような弱小ブログにおいて自分自身の作業確認でカウントが上がってしまうのは精神衛生上よろしくありません。 結論から書きますとどうやらCookieのファイルに『自分のブログ.blogspot.com』と記録されているのが問題で、これを『自分のブログ.blogspot.jp』とすれば解決するようです。異なる環境の2台のPCで試行してみたところ、.comを.jpに書き換えて成功した場合と.jpを追加して成功したケースがありました。 説明が下手で申し訳ありませんがFirefoxを使用して以下の手順を実行してみました。 ・ Cookies Export/import のアドオンを入れる。 ・念のためすべてのCookieを削除する。 ・Bloggerの統計画面で『このブログの自分のビューを追跡しない』に設定しておく。 ・Firefoxの『ツール→Export Cookies』で、Cookies.txtとして保存してファイルを開く。 ・『.自分のブログ.blogspot.com』または『.』無しで始まるラインを『自分のブログ.blogspot.jp』に書き換えて上書き保存する。 ・大事を取ってFirefoxを一旦終了してから再び立ちあげ、Cookies.txtをインポートする。 ・再びBloggerの統計画面で『このブログの自分のビューを追跡しない』の設定を確認する。 これでも再び.comに上書きされてしまうことがあったので、書き換えの代わりに『自分のブログ.blogspot.com』のラインはそのままで『自分のブログ.blogspot.jp』と書き換えたラインを追記して上記の手順を試したらうまくいきました。ちなみに作業前にはCookieのバックアップをとったほうがよろしいかと思います。 参考までに.jpの追記によって成功した私のCookieのファイルには以下の3つのラインが存在しています。 .sulkystylist.blogspot.jp TRUE / FALSE 167695
© 2023 やさぐれスタイリスト

当ブログのコンテンツ流用はご遠慮ください

過去記事

もっと見る