投稿

2020の投稿を表示しています

スーツが似合う体型に必要な筋トレはベンチプレスのみで十分

イメージ
日本でも近年は筋トレをされている方々が増えているようですが、ベンチプレス+スクアットを中心にプロテインを飲んでトレーニングは1日おきに……といった手法は私が米国留学していた30年前に当地で流行していました。そして現代のアメリカでは筋肥大より、動けるボディのトレーニングにシフトが進んでおります。

私は15年ほど前からジムに通いはじめて2年でベンチプレス100kgを挙げたのですが、その時点で終りが見えないウェイト トレーニングに飽きました。その後はマッスルアップなどの現代のアメリカではCalisthenics(キャリステニクス:自重系)と呼ばれるトレーニングに移行しております。

ウェイト トレーニングに関する個人的な意見としてはプロテインは必要ありませんし、ウェイトを使った筋トレは止めると筋肉が落ちますし、一歩も動かないで付けた筋肉がスポーツで使えるとは思えませんし、腹筋は服を着たら見えないのでどーでも良いなどといった考えに落ち着いております。

それでもスポーツ経験が無い方々がそれによって肉体改造をしたり、精神的な自信が付くといった観点からはウェイト トレーニングは有効でございます。しかしながらスーツをカッコ良く着る場合はお話が別であります。不必要な筋肉は見た目を悪化させる場合があるからです。

上半身に関しては肩の三角筋・胸の大胸筋・上腕三頭筋がジャケットを綺麗に見せるために必要です。三角筋は大きくすることによって肩幅が広くなります。大胸筋はジャケットの胸部分がフィットするようになります。最後に三頭筋で袖の上腕部に綺麗なシワが出るようになります。

そしてこれらの筋肉はベンチプレスによって一度に鍛えることが可能です。目安としては自重(kg)×10回または自重×1.2×1回を目標とすればそれで十分であります。あまり鍛えすぎるとボックス型(四角形)のシルエットのジャケットしか着られなくなります。

一方で胸が薄い・なで肩・腕が細いといった体型の方々は、男性らしいイタリア服が似合わない傾向があります。そういった方々も上記のような筋トレの目安を達成することにより、スーツがジャスト フィットしてジャケットやシャツの身幅を詰めるなどの修正も不必要になります。

下半身に関しては何もする必要はありません。例えばスクアットで鍛えると大腿四頭筋がすぐに大きくなるのでパンツの腿が入らなくなり…

NINE:INTHE:MORNINGのデニムを購入しました

イメージ
去年から気に入って購入を重ねているイタリアン ブランドのナイン・インザ・モーニングですが、今回も前回に引き続きYoox.comにおいてデニムを購入いたしました(3,200円+送料600円)。参考までに同ブランドのパンツはイタリアン ブランドの中でも独自の形状を持ち、モデルによっては日本人の方々にとって新鮮な履き心地かもしれません。

Discover Nine in the Morning Collections.
今回のデニムはストレッチ素材でお値段も手頃であったためにご近所用として購入いたしました(実物は写真より明るいブルーです)。サイズは30インチ表記でヨーロッパ サイズでは46相当となると思います。サイズ感としては少々緩めですが、ストレスは感じない履き心地であります。またブランドタグには2018年春夏モデルおよびレギュラー フィット デニムとの記載があります。


同ブランドは最近になって国内で販売代理店が付いた模様ですが、現時点においては店頭で見かけることは少ない印象です。しかしコットン素材の品質は高く、縫製も良い感じなので国内で人気が出ても不思議では無いと思われます。


この投稿をInstagramで見る
nine:inthe:morning(@9inthemorning)がシェアした投稿 - 2020年 2月月20日午前11時00分PST
ちなみに同ブランドの2020年春夏コレクションにおいてセットアップ タイプのウェアも展開される予定らしく、個人的には袖に文字列が刺繍された上記のブルゾンが大変気になっております。しかし現時点において国内はおろかイタリアでも実物の確認ができていないので、気長に探すことにしています。

【関連記事】NINE:INTHE:MORNINGのパンツを購入しました

サックスブルーシャツとジャケットは外れないコーディネート

イメージ
ビジネス パーソンの方々が白シャツの次に購入されるシャツとしてはサックスブルー シャツがおすすめでございます。何故なら空色(スカイブルー)とも呼ばれるこの長袖シャツは、ビジネス スタイルでもカジュアル スタイルでも使用できるからです。

日本ではあまり人気が無いブルー系のシャツですが、テーラードジャケットとの相性はかなり良いのであります。国内ではシャツの裾を出すカジュアル スタイルも見かけますが、ボケた色のコーディネートになりがちなのでウェスタン デニム シャツを除いて単体使用は避けたほうが無難です。


サックスブルーのシャツはカジュアル扱いでは無いので外資系の会社は無論のこと、よほどお固い職場でもない限りは問題ございません。そして上記のようにネイビー系のネクタイと合わせると一撃で上級者スタイルとなります。


ネイビー ジャケット&グレーパンツのような単純なスタイルであっても、サックスブルー シャツは白シャツよりエレガンテな外見となります。またオフィスカジュアル スタイルでは単調となりがちな白シャツよりは洗練された印象になります。


ベージュのテーラードジャケットとの組み合わせは、シンプルながらサイズさえ合っていれば外れることが無い組み合わせになります。またカジュアル パーティーなどのシーンにおいても威力を発揮するスタイルであります。


上記は多少の無理やり感はありますが、カジュアル色が強いテーラードジャケットと合わせることも可能です。さらにシャツの袖ボタンを外したり、シャツの袖を外側に折り曲げたりするとオシャレな印象になります。クリエイティブ関係のお仕事をされている方には適したスタイルかもしれません。


柄物ジャケットの場合はブルー系の柄が入っているほうがシャツと合わせやすいと思います。またブラウン系のパンツはブルーシャツと合わせやすいので、チノパンであってもスタイルが大きく変化いたします。


単なるデニムのテーラードジャケットでも白シャツとは違った印象になります。インディゴブルーとサックスブルーは上品な組み合わせとなるので、若者さんより40代以上の方々にお似合いでございます。

参考までに私のSNSや直接お話する女性の方々は、国内外を問わずサックスブルー シャツには興味を示されることが多いと感じております。そしてこのような色合いのブルー シャツは入手が容易なので、とりあえず…

ピンク系インナー ウェアのメンズ コーディネート

イメージ
Location: 東京都下水道局 落合水再生センター
ピンク系のメンズ アイテムはコーディネートが難しいのでセール品として見かけることが多々ございます。そしてメンズの方々にとっては優先順位が低い色でもあり、一般的にはピンクのネクタイをお持ちであればそれで十分かと思います。

メンズが合わせやすいピンク アイテムとしてはネクタイの他に長袖シャツ・セーター&ニットウェア類などが挙げられ、組み合わせる色はホワイト・ブラック・グレーが最も多く使用されていると思われます。特にピンク ネクタイとグレー スーツの組み合わせは、海外ではウェディング スタイルとして定着しているようです。

またピンクも色の濃淡によって使いやすさが異なり、薄いピンク色であれば長袖シャツが使いやすいと思います。逆に濃いピンク色はニット ウェアが使いやすい印象です。いずれの場合にしても40代の皆様にはカジュアル系よりエレガンテ系のコーディネートのほうがピンク系アイテムを生かせると思います。


上記のタートルネックはガーネット色ということで紫色が混ざっております。それにブラック パンツを合わせても良かったのですが、質感が合わなかったので濃いグレーのパンツを合わせております。ショービジネス仕様であれば、グレー スーツとの組み合わせもかなりインパクトがあると思われます。


黒のライダースジャケットと組み合わせる場合、ジャケットの着丈が短いのでタートルネックの裾が出ることは避けられません。もしそれが気になるようであればタートルネックの裾をパンツにインをするか、あるいはホワイト パンツと組み合わせると良いかもしれません。どちらにしても鮮烈な外見のスタイルとなります。


ライダースジャケットであればピンク シャツを組み合わせる方法が容易であります。アメリカン スタイルのライダースジャケットを使ったスタイルには白Tシャツを合わせることが多く、柄物を含む長袖シャツの組み合わせはヨーロピアン スタイルに近いと思います。

【関連記事】ピンクのネクタイのコーディネートはテキトーに
金子眼鏡のサングラスを購入しました
Gabriele Pasiniのウール コートを購入しました
ANDREA FENZIのタートルネックを購入しました
VIGANOのウール フランネル パンツを購入しました
VIA VOLTA FLORENCEのボア付きスニーカーを…

赤系テーラードジャケットの着こなしは高難易度

イメージ
Location: こどもの城
彩度が高い色のテーラード ジャケットは他のアウターと違って組み合わせが難しくなります。例えば黄色のテーラードジャケットの普段使いは不可能と言っても良いと思います。そして赤色も同様で、真っ赤やピンクを除いたとしてもパーティーや舞台衣装向けといった印象です。

参考までに上記のベルベストのテーラードジャケットは、赤色でもあっても上品なイタリアン カラーなのですが毎回コーディネートに苦労しております。生地も光沢があってエレガンテながら周囲から浮いてしまうことは避けられません。


コーディネートに関しては白を中心としたアイテムの組み合わせが容易と思われます。また色数を2色としたほうが雑然とした印象を避けることができるかもしれません。そして上記のような緑色の組み合わせを試す方は少ないので、ショービジネスのスタイルとしては斬新かと思われます。


イタリアのナポリ風のスタイルでば赤色のジャケットを使うこともあると伺ったので実際の配色を参考に試してみました。ナポリの遊び人風味の出で立ちを彷彿させるスタイルを想像していますが、本人としては今ひとつグッとくるコーディネートとはなりませんでした。


この投稿をInstagramで見る
MNSWR(@mnswrmagazine)がシェアした投稿 - 2020年 2月月7日午前4時46分PST
ちなみに上記のようなチーム カラーやブランド カラーが赤の場合、関係者の方であれば赤色のテーラードジャケットは有効なアイテムです。それにしてもデニムシャツと組み合わせる手法はラポ・エルカーン氏ならではでございます。

【関連記事】40代メンズ革ベルトはエルメスとカルティエをおすすめします
BREUER(ブリューワー)のオレンジ ネクタイ
J.W.Brineのホワイト コーデュロイ パンツ

ボンサック バッグのメンズ コーディネート

イメージ
Location: 早稲田大学大隈記念講堂
メンズ バッグはレディースのそれと違ってコーディネートにそれほど気を使うファッション アイテムではありません。またメンズは持ち歩くアイテムが少ないので大きなバッグを必要としませんが、セカンドバッグは持ちにくい上に昭和のオッサン風味のビジュアルになる場合もあります。

筒状デザインのボンサック バッグは、どちらかと言えば男性向けのカジュアル バッグでございます。用途としては1~2泊の小旅行などが想定されます。そして街ナカではちょっとした土産物やカメラなどの持ち歩きに適している印象です。


ボンサックのコーディネートに関してはバッグの素材にかかわらずカジュアル スタイルが中心となります。一般的な手法としては、バッグの色をジャケットやパンツなどのアイテムと同色とすると良い感じになるようです。またバッグのサイズと身長は比例関係にあるので、高身長の方のほうがお似合いになると思います。


ボンサックはワイルドな外見となる肩掛けスタイルが中心となりますが、なで肩の男性はストラップが肩から外れやすいので肩掛けスタイルが難しい場合もあります。もしそういった理由で斜め掛けをするのであれば、ボンサックよりポスティーナ型のバッグのほうが良いと思います。

参考までにメンズ ファッション誌などでは中身が空に近いバッグのスタイルを多く見かけますが、このページの写真では綺麗な形状を保つためにバッグに丸めた新聞紙を詰めております。したがって実際に使用する際には崩れた形状のバッグとなります。

【関連記事】OLIVER GOLDSMITHの眼鏡を購入しました
Zanellatoのバッグ(ボンサック)を購入しました
Fortelaのライダースジャケットを購入しました
ANDREA FENZIのタートルネックを購入しました
ヤコブ コーエンJ622のジャージ デニムを購入しました
Atlantic Starsのスニーカーを海外通販で購入しました

ANDREA FENZIのタートルネックを購入しました

イメージ
アンドレア フェンツィはニットウェアを中心に展開しているイタリアのブランドでございます。私は去年同ブランドのニットTシャツを購入しましたが、今回はYoox.comにおいてセールとなっていたタートルネックを5,200円(送料600円を含む)で購入いたしました(サイズ46・S)。

Andrea Fenzi | | Official Website
タートルネックは40代メンズの皆様にとって冬季の必需品と言えるかと思います。タートルネックはスーツやコートをはじめとした様々なアウターと合わせることが可能であり、インナーを着用するので洗濯の回数も少なくて済むアイテムでもございます。

今回購入したタートルネックは、あまり人気が無いガーネットまたは紅赤と呼ばれる色であります。一般的に使いやすいタートルネックの色は白・黒・青・茶・などが挙げられますが、赤系としては臙脂色(ボルドー)が最も合わせやすい印象です。

紅色のタートルネックは紫が入っているのでピンクよりは使いやすいのですが、組み合わせのパターンは限定されると思います。またオレンジよりは組み合わせやすいかもしれません。そして現時点においては黒色や灰色のアウターと合わせることを考えております。

【関連記事】ANDREA FENZIのサマー ニットTシャツ

テレビ出演時はノイズが出やすい縦縞シャツにご注意

イメージ
テレビに出演される方のスタイリングをする場合、ご本人がカッコよければ良いというものではございません。他の出演者の方々のスタイルや、その方の身体的・職業的特徴を活かすようなスタイルを考慮する必要があります。したがって3パターン程度の服装の組み合わせや、メガネなどのアクセサリ類を複数用意することもあります。

そういったなかでも注意が必要なのは縦縞アイテムです。特にクレリック シャツなどでも使われる細い縦縞(ストライプ)は、上記のジャケットのように縦縞柄が歪むノイズが出ることがあります(細かい格子柄などでも発生します)。そしてこれらのノイズは映像のみならず写真でも発生し、スタイリングを台無しにしてしまうことがあります。

昨今はコロナウィルス関係で医療関係者の方々がテレビ出演されているのをお見かけします。そしてそういった方々が初めてテレビ出演される際に、オシャレを考えて縦縞シャツを着用されているケースもあるかと思います。そのような場合には注意をされないと胸元にノイズが発生する危険性があります。

そもそも縦縞などの柄シャツとネクタイの組み合わせはオシャレというよりは相手に対して威圧的な印象を与える場合があり、医療従事者には向かないスタイルでございます。それでも華やかなショービジネス関係の方々であればOKではありますが、一般的に相手があるビジネス関係の方々は避けたほうが無難です。

気合を入れたスーツスタイルを考える場合に柄シャツを選択することは理解できますが、シャツに合わせるネクタイが問題となります。そして基本的にネクタイはスーツと合わせるアイテムであり、シャツと合わせることはありません。したがってスーツ スタイルには装飾なしの無地のシャツが最良の選択となります。

参考までに医療従事者の方々の眼鏡は、患者さんに優しいイメージを与えるツーポイントフレームが主流のようです。ネクタイはエルメスがお好きな方が多いと伺ったことはありますが、カジュアル ブランドなのでテレビ出演にはあまり向かない印象です。もし私が選択するのであればネイビーの無地、もしくは暗色の小紋柄などが候補となるかと思います。

40代メンズ向けの5大高級サングラス ブランド【2020年】

イメージ
近年のアイウエア産業はグローバル化が著しく、そして素材やデザインが毎年のように変化しております。したがって2年前の情報はすでに古い部類に入るかもしれません。個人的にはデザインに関してはアメリカン ブランドが優れており、製造に関しては日本製が最も精密と考えています。

日本で最も知名度が高いレイバンは、すでにイタリアの会社の傘下に入っておりアメリカ製ではありません。そして変化が激しいこの産業の中であってもデザインや素材の革新性はそれほど見受けられず、過去の遺産のみで存続しているブランドといった印象は否定できません。

2010年代初頭に台頭したアメリカのブランドのオリバーピープルズは、デザイン性やチタン素材の使用でアイウエア産業に革命をもたらしました。しかし同ブランドもまた、去年イタリアの企業に買収されて生産地も日本から海外にシフトしている模様です。

そういった状況のなかで誰が見ても外見がゴージャスであり、なおかつデザイン性が高いブランドが40代メンズの皆様およびショービジネスの皆様にもオススメでございます。参考までに以下のブランドのサングラスの価格帯は4~10万円ですがその価値は十分にあると思います。


この投稿をInstagramで見る
DITA Eyewear(@ditaeyewear)がシェアした投稿 - 2019年 9月月23日午前10時16分PDT
DITA(ディータ)はレーザー光線による彫金や大胆なデザインのフレームが特徴的で、近年国内で知名度が上昇してきたアメリカのブランドです。他のブランドでは見られない独立した研究施設を持ち、常に革新的なアイウェアを発表しております。そして現時点においては最も勢いがあるブランドと言えるかもしれません。
ディータ 店舗・取り扱いコーナー 一覧[FASHION PRESS]


メンズ ストールを雑に巻くコーディネート

イメージ
海外のメンズファッション スナップではストールを巻いたスタイルを見かけますが日本国内では少ない印象です。都内ではスーツ+コートに地味なマフラーを巻くスタイルの男性は多いのですが、それも20年前からほとんど変化していない光景であります。

そもそも近年のビジネス スタイルにおいてはネクタイの着用率が下降しており、胸元のオシャレの関心度も低下していると思われます。さらにダウンジャケットの着用も増えてきているので、よほどの低気温でも無い限りダウンジャケットのジッパーを胸元まで引き上げれば防寒スタイルは完成いたします。

ちなみに世間一般ではメンズ ストールの様々な巻き方を紹介しておりますが、複雑な巻き方をする場合は長いストール(1.8m以上)が必要になる上に首周りが嵩張る場合があります。加えて生地が厚いストールは複雑な巻き方が不可能なこともあります。

結局のところストールは便利なアイテムではありますが、コート スタイルをされない方々には特に必要はありません。またストールを巻く場合でも、それほど神経質に巻き方を工夫する必要は無いと考えております。


アフガンストールは意外と使い勝手がよろしい感じです。上記のストールは縦横1.4mの正方形ストールで、対角線上に折り畳むと2m近い長さとなって一般的な長いストールと同様の使い方も可能です。そして最も簡単なのは三角形に折り畳んで巻く方法です。


このアフガンストールには赤などの色が混ざっており、その色を表面に出すために雑な巻き方をしています。正方形の大判アフガンストールは様々な畳み方ができるので、多くのスタイルに合わせやすいかもしれません。


ライダースジャケットは防寒性が低いのでストールやマフラーは有効なアイテムですが胸元が窮屈になる場合があります。このようなジャケットは胴体との隙間が少ないので、ストールの種類や巻き方を工夫する必要があります。


実際のところ、特に巻かなくても問題はありません。上記のストールは2m近い長さがありますが、単に首から垂らすだけでもそれなりの外見となります。またストールを前で交差させてコートのボタンを留めることによって寒さを防ぐこともできます。

【2019年最新版】基本からアレンジまで。マフラーの巻き方全8パターンを60秒動画で解説 | Q&A | 伊勢丹新宿店メンズ館 公式メディア - ISETAN M…

ネイビー ダブルジャケットのメンズ コーディネート

イメージ
金ボタンのネイビー ジャケットといえばアメリカン トラッド スタイルの紺ブレザーとしてのイメージが強い一方で、金属ボタンによって好き嫌いが分かれるジャケットでもあります。またダブル ブレスト仕様ともなりますと街角で見かけることは少なく、トラッド スタイルがお好きな年齢層の高い方々が会合などで着用されている印象です。

そして近年のイタリア製ネイビー ジャケットはアメリカン テイストを残しつつ、着丈が短くウエストを絞ったイタリアン スタイルになっております。特にエレガンテとはあまり言えない大きめ金ボタンは、フラットでくすんだ金色などに交換されているものを多く見かけます。

合わせるパンツはグレーやホワイトが純正に近いトラッド スタイルです。またイタリアン スタイルということであれば、パンツの丈を短くする方法が良いと思います。特に現代のイタリア製パンツは裾幅が18cm前後でテーパード シルエットとなっており、伝統的なシルエットの紺ブレザーと合わせてもカッコ良く決まりそうです。


冬向けのジャケットであればフランネル生地のグレー パンツは外すことができない組み合わせでございます。このコーディネートにおいてはパンツのシルエットが重要になります。可能な限り下半身が細く見えるシルエットのパンツのほうがエレガンテに見えるかと思います。


デニムは選択する色やシルエットによって全体の印象が大きく変化します。基本的にはジャケットのネイビーより明るい色のデニムほうが合わせやすいと思います。さらにダメージドデニムと合わせることにより、ジャケットの上品さとデニムのワイルドさが相まって上級者向けのコーディネートになります。


ネクタイとの組み合わせでは同色のネイビーを基本とすれば外れることは少ないと思います。そしてイタリア製のジャケットとレジメンタル ストライプのネクタイの組み合わせは、トラッド スタイルを継承したシャープな外見となります。また金ボタンの色に合わせたイエローや、銀ボタンに合わせたグレーなどのネクタイは上級者向けのコーディネートと言えるかもしれません。


白パンツや白デニムは通年で合わせることが可能なアイテムです。特に白デニムは着崩した感じのカジュアル スタイルとなります。アメリカン スタイルではタートルネックをあまり合わせないのですが、合わせることによってまったく別物のネイビー ジャ…

投稿総数:

このブログを検索

連絡フォーム

名前

メール *

メッセージ *