投稿

8月, 2014の投稿を表示しています

RODAのストール&チーフ

イメージ
いつものようにセール会場を巡回していたところ、かなりお安くなっていたストールとチーフを手に入れました。RODA(ロダ@roda_official)はイタリアのブランドで、日本では配色や柄が綺麗なストールが人気ですが、近年ではシャツやネクタイやジャケットの展開も増えてきております。

ストールは最も手軽にオシャレ度を上げることができるアイテムであると思います。日本では防寒や女性物のイメージが強いのですが、第二のネクタイと呼ばれることもあります。私の場合、ネクタイとストールの数を比較すると後者の方を多く持っています。特に近年はネクタイを外すスタイルが増えてきた関係で、ストールの重要性が増してきました。

40歳でストールを購入される場合はバーバリー チェックのような無難な柄を避け、派手目のネクタイを選ぶような感覚で選ぶとオシャレのレベルが上がるかと思います。

SUPERGAのサンダル

イメージ
ローマにおける買い物はほとんど終わっていた最終日前日に、このサンダルを道端の靴屋さんのディスプレイで見つけました。このレディース用サンダルは妻へのお土産として購入しました。SUPERGA(スペルガ@superga_it)はイタリアのブランドで低価格なスニーカーを主に製造しており、一時期日本から撤退したと思っていましたが近年復活をしたようであります。

このサンダルは30ユーロ(約4,000円)で販売されていましたが、それがセール価格であるかどうかは不明です。私にとってSUPERGAのサンダルを見るのは初めてでしたが、甲と踵部分に伸縮性のある素材が使用されており、またお色や履きやすそうなパイル地が良さそうであったのが購入した要因です。

このサンダルは本人の試着なしで購入しましたが、最後までサイズで悩みました。SUPERGAはハーフサイズが無いので、ワンサイズ前後すると大きすぎたり小さすぎたりいたします。しかもモデルによってサイズ感が異なるので、購入する場合は可能な限り試着をすることをオススメします。結局、最後は目見当で小さめのサイズにしましたが、運良くジャスト フィットでした。

La Martinaのガーメント バッグ

イメージ
再びローマ近郊のThe Castel Romano Outlet(キャステル ロマーノ アウトレット)を訪ねました。お目当てのブランドはLa Martina(ラ マルティナ@lamartinapolo)だったのですが、他にもレザー ジャケットなどで知られているBelstaff(ベルスタッフ@belstaff)のストアも新たにオープンしていました。


Belstaffに関しては4年ほど探し続けいていたPresident Parkaというモデルを発見することができました。同モデルはイタリアで行われたG8で当時のベルルスコーニ首相が着用したもので、実物を見るのは初めてでした。試着をしてみたのですが46と48サイズしか残っておらず、しかも私のサイズは44であることが判明し、さらに思ったほど私に似合いそうもなかったので早々と店を後にしました。ちなみにお値段は300ユーロ以上であったような気がします。

La Martinaのストアはセール中の週末ということもあって混雑していました。私は冬物も取り扱っているのかと思っていましたが、春夏物がほとんどでありました。ポロシャツや長袖シャツを中心とした品揃えなので、レディースのトラックジャケットを1点だけ購入しようとしたところ、レジの横にガーメント バックがあるのに気がついて購入しました。


ガーメントバッグ(ガーメントケース)は機会があれば購入しようかと考えていたアイテムですが、お値段とデザインの折り合いが合わずに何度となく見送っていました。このガーメント バッグは簡易な作りですが、靴1足とシャツやパンツなどは収納可能です。また、お値段が56ユーロ(約8000円)と安いこともあって迷わず購入しました。

ガーメント バッグはそれほど出番があるアイテムではありませんが、使用する際にはある程度見栄えがするものにしたいと考えていたので、満足度が高いお買い物となりました。

関連記事La Martinaのレディース バッグ
La Martinaの2015年新作バッグ
La Martinaのトートバッグをドイツから購入しました
LA MARTINAのバッグ

GigSkyをイタリアで使ってみました

イメージ
前回のイタリア旅行では海外対応のWi-Fiルータを利用いたしました。まあこれはこれで良かったのですが、予備の電池を持ち歩いたり、その他の付属機器類が多くて煩わしかったので今回はGigSkyを利用しました。GigSkyはプリペイド型のデータ通信SIMを提供していまして、シムロックを解除した携帯電話のSIMと入れ替えて使用します。このSIMはデータ通信専用で、私の場合はFacebookへの投稿やLINEや現地でのGPS通信などで利用しました。

初期費用私の携帯電話はXperia SO-03Fなので、最寄りdocomoショップでシムロックの解除に3,240円かかりました。解除にはそれほど時間はかかりませんでした。ただし解除できているかどうかを端末で確認することができないので少々不安がありましたが、結果として解除されていました。

次にGigskyのSIMを2,480円(税別)で購入しました。Webで申し込んだ翌日には送られてきました。SIMが送られてきた時点でGigskyのアカウントを作成しました。

現地到着後にデータ通信料金を購入イタリアにおけるGigSkyの料金は以下のようになっており、他のヨーロッパ諸国や北米でも同じような料金です:
¥1200 50 MB 3 日
¥3000 175 MB 7 日
¥4200 300 MB 14 日
¥6000 500 MB 30 日

今回の滞在日数は約6日なので、GigSkyのAndroidアプリをインストールして3000円のプランを購入しました。イタリアの場合は比較的フリーのWi-Fiスポットが多く、今回はホテルのWi-Fiで接続してアプリのインストールやアプリからの購入を行いました。また起算日が最初の接続日であるかどうか不明であったので、念のため日本で事前購入せずに現地で購入しました。

現地での接続説明書の通りに端末ですべての項目を設定したにもかかわらず、なかなか接続できずに悶絶することになりました。特にAPNに追加したopenroamer.com(新しいSIMからgigskyに変更)は再起動や設定を変更しているうちに消去されてしまう場合があるので、接続できない場合は毎回確認したほうが良いかもしれません。

また、機内モードにしていると接続できません。Wi-FiのON/OFFはどちらでも構いませんが、ONになっていればWi-Fi…

MooRER(ムーレー)のブルゾンを購入しました

イメージ
今回もローマ近郊のFashion District Valmontone Outlet VillageにあるMooRER(ムーレー@moorer_official)のアウトレットストアを訪ねましたが、前回同様に私のサイズは無いとわかっていたので大した期待はしておりませんでした。というわけで、とりあえずの目的として妻に頼まれたダウンコートを探すことにいたしました(注:同店舗は閉店した模様です)

ダウンコートに関しては妻のサイズより大きいものしか無いので早々と諦めました。ベリッシモ氏はすぐに渋いブルゾンを購入され、私は念の為にもう一度店員さんに46サイズのメンズの在庫を確認したところ、やはり無いとのお答えでした。それでも諦めきれないので商品を見ているとSサイズ(46)のブルゾンが1着ありましたが、デザインや素材が微妙で購入に迷っていたところにベリッシモ氏が上記のブルゾンを発見いたしました。

そもそも日本におけるMooRERはダウンジャケットやダウンコートの展開が主なもので、このような薄手のブルゾンは見かけません。着用してみると私にピッタリのSサイズであり、しかもお値段が税込み84ユーロ(約12,000円)でありました。さらに元の定価は422ユーロ(約58,000円)と表記され、日本の正規ルートで販売すれば10万円近くなる商品と思われました。

結局、迷うこと無くすぐに現金で購入いたしました。写真の見た目と違って着用感はかなりタイトであります。フロントジッパーを上まで上げると腕が上がりません。しかしながら非常にシルエットが綺麗です。さらに漆黒という感じの深い黒色です。唯一の懸念としてはこういった素材の表面は剥離したり割れたりする場合があることですが、仮にそうなったとしてもお値段の価値から考えると2シーズン持てば良いと思っております。

投稿総数:

このブログを検索

連絡フォーム

名前

メール *

メッセージ *