投稿

7月, 2015の投稿を表示しています

SUPERGA(スペルガ)のイタリア国旗スニーカー

イメージ
先日、日本橋三越を訪れた際に下記のSUPERGA(スペルガ@superga.it)のスニーカーを見つけました。購入しようかと試着をしたのですが、サイズが合わずに断念いたしました。しかしどうしても諦めきれずにAmazonで購入しました。


参考までにこのスニーカーは2011年のイタリア建国150周年を記念して製造された模様です。また2011年は多くのイタリアン ブランドでイタリア国旗をデザインした限定品が販売された年でもあります。そして私は2013年頃にこのスニーカーを購入しようかと探したのですが、すでに入手が難しくなっておりました。

そのスニーカーが最近になって日本で販売された経緯は不明ですが、もしかすると復刻された可能性もあります。ちなみにイタリア国旗の他にフランス国旗やアメリカ国旗などもあり、お値段は6,480円+630円(送料)=7,110円でした。他国の国旗が同時に発売されたものなのか後からのものなのかは不明ですが、もし今年の夏にスニーカーをお探しであればオススメしたい一足でございます。


SUPERGAのサイズは他のメーカーよりハーフサイズほど大きい実寸になっております。参考までに幅広の足型(かかとを真後ろから見て指の一部が見える)の場合は普段と同じサイズを、長方形の足型(かかとを真後ろから見て指が見えない)の場合はワンサイズ下げると丁度良いかと思います。

ちなみに私はEU40(25cm)の幅広足なので、SUPERGAの39サイズで前後の長さはピッタリですが、小指が横に当たるので40サイズにいたしました。40サイズでも前後の遊びは気になるほどでは無く、靴紐で調整可能なレベルです。

またSUPERGAはユニセックスなのでサイズは男女兼用です。そして使用することによって汚れると、イタリア国旗柄は渋い感じに変化いたします。したがって汚れを気にすること無く、汚れた場合は普通に水洗いをして着用しようかと考えております。

Orianの鹿の子半袖ポロシャツ

イメージ
サマーセールであちらこちらを巡回していた折に、着心地が良さそうな半袖ポロシャツを見つけて購入いたしました。Orian(オリアン)はイタリアのシャツブランドで、近年国内でもよく見かけるようになりました。同ブランドのシャツはSLIM FITが多いのですが、標準体型の方であればそれほど窮屈さを感じることなく綺麗に着用できるかと思います。


このポロシャツは去年のモデルと思われ、長袖シャツと同様に作りになっております。色が赤ということもあって売れ残ったのかもしれませんが、ネイビーはもちろんオレンジやイエローなどの挑戦的な色のパンツでも良く似合います。参考までに定価18,000円の約半額で購入いたしました。


前立て部分には写真のように裏地があるので、胸元が崩れにくくなっています。また台襟がしっかりとしているので、襟が寝ることもありません。素材も鹿の子なので着やすく汗がベトつくことも少ないので、仮に色が白であればビジネス ポロシャツとして使えるかもしれません。

BOEMOSのドライビング シューズ(ドット柄)

イメージ
少し前に下記のポルカドット柄のローファーを見つけまして、秘かに狙っておりました。日本未発売でブランド名はMOSとのことでしたが、イタリアのブランドであるBOEMOS(ボエモス)の別ラインであると思われました。現時点でもイタリアのEbayで購入可能ですが、サイズ感が不明なのと関税を含めた総額が25,000円程度になるので躊躇しておりました。



ドット柄の靴となりますと玄人さんの領域に近いものがあります。そしてドット柄のネクタイと同様に服装に合わせやすいのですが、なかなか見つけることができないアイテムでもあります。そういったわけで地味に探していたところ、セールになっていたBOEMOSのドライビング シューズを14,000円ほどで購入することができました。


今回は有楽町の阪急メンズ東京で購入したので試着をすることができました。素足履きで普段の革靴と同じEU40サイズでピッタリでした。ちなみにサイズが下がると甲が低くなるので、甲高の方は注意したほうがよろしいかと思います。


かかと部分は皮革も柔らかく、素足に対応していると思われます。


部分的に配置されたラバー ソールの返りは良さそうで、足に追従してくる感じがあります。


インソールのかかと部分は厚めで、クッション性が期待できます。


皮革はスエードなので、防水スプレーで雨天にもある程度対応させることができると思います。またショートパンツは無論のこと、白いデニムに合わせてもかなりカッコ良くなるはずでございます。

【関連記事】BOEMOSのドライビング シューズ(ヒョウさん柄)

MORELLATO BOTEROの時計ベルト

イメージ
先日、時計屋さんにあったMorellato(モレラート@morellatogioielli) のパイソン革ベルトに目がとまりました(モデル名:CELINE)。定価は1万円でございまして、この前購入したSmokey Joeに似合いそうでした。しかし24mmのラグ幅をお尋ねしてみると、最大で20mmとのことでした。

モレラートはオーダーメイドで注文することもできるのですが、この場合は3ヶ月以上の納期で数万円となるとのことでした。それで一旦は諦めたのですが、他の時計ブランド用に製作された24mmの在庫が存在するとお聞きして購入した次第であります。

特別サイズということで他のパイソン革ベルトよりお値段は高くなりましたが、時計に合わせてみると何だか強くなった印象です。特に表面のウロコは蛇そのものであります。しかもテカピカと光っております。真夏は汗で使いづらいのですが、秋に使うために今から馴染ませようかと思います。

National Standardのホワイト スニーカー

イメージ
今年の夏の流行はホワイト スニーカーらしいとのことなので、YooxグループのTHECORNER(サイト閉鎖・YOOX NET-A-PORTER GROUPに統合)というオンラインショップでNATIONAL STANDARD(ナショナル スタンダード)のスニーカーを19,200円(送料無料中)で購入いたしました。フランスの同ブランドは、イタリアの皮革を使用してポルトガルで製造しているとのことです。

National Standard - Premium Parisian sneakers and casual shoes made in Portugal - National Standard
このモデルはEdition4と呼ばれるローカットのスニーカーでございます。ボックスにはシューズ バッグと滑りが良い靴紐が同梱されておりました。参考までにこのモデルには真っ白や青ストライプのラインナップなどもあります。


使用されている皮革は柔らかく、上品な感じであります。開口部の縁も柔らかい皮革なので、仮にくるぶしが当たってもそれほど違和感は無いと思われます。


内側には"MADE IN PORTUGAL"および2015年Spring・Summerと見られる製造スタンプが押されております。靴関係でポルトガル製を購入したのは初めてです。


インソールを外すと、手作り感がある縫い紐の最終処理を見ることができます。縫い紐をテープで留めることが良いのかどうかわかりませんが、少なくとも高級っぽい雰囲気はあります。


かかと部分にはスエードのような皮革が貼られ、素足で履くことも考慮されているのではないかと思われます。


ベロ部分の内側は素足用としか思えない柔らかな作りになっており、実際に履いてみるとまったく違和感がありません。


私の足サイズは24.5~25.0cmでありまして、今回はEU40サイズを購入いたしました。足が幅広でもありますが、履いてみた感じは当たる場所はありません。ちなみに同ブランドを取り扱っている国内の実店舗を見つけることは難しいのですが、海外を含むオンラインショップにおけるEdition4は20,000~30,000円で販売されている模様です。

このブログを検索

連絡フォーム

名前

メール *

メッセージ *