投稿

7月, 2019の投稿を表示しています

ANDREA FENZIのサマー ニットTシャツ

イメージ
先日セール品となっていたANDREA FENZI(アンドレア フェンツィ@andreafenzi_official)のニットTシャツを2枚購入いたしました。日本の夏は暑いので上半身はTシャツまたはポロシャツがメイン アイテムとなりますが、それではあまりにも単調なのでニットTシャツを初めての購入した次第でございます。

同ブランドは1961年にイタリアで創業しました。ちなみにイタリアに限らず海外製のニット製品は編み目が細かいハイゲージが多い印象です。したがって清涼感はそれほど期待できないと思われます。また着こなしに関しては女性が着用する場合と比較してバリエーションが少ないので悩むところでもあります。


上記は同ブランドのオフィシャルサイトにおける同じニットTシャツのサンプル スタイルであります。国内ではニットTシャツの肌の透けや汗によるニットの劣化を防ぐ目的で下着の着用が推奨されている場合もありますが、写真で見る限りTシャツの中に下着は着用していないと思われます。

このTシャツは摂氏30度を超える真夏での着用を前提としているので、基本的に2枚重ねは暑すぎて無理であります。透けに関しては特に問題とはならないと思います。しかし汗による汚れは避けられないので、通常のTシャツ同様に着用後は毎回洗濯することになります。そういった観点からはセール品なので気を使うこと無く着用する予定です。

BOGLIOLIのタバコ色カジュアル スーツ

イメージ
BOGLIOLI(ボリオリ@boglioliofficial)はミラノ発のブランドでありますが、ラルディーニやタリアトーレなどといった他のイタリアン ブランドよりは国内における知名度が低い印象です。デザインも保守的で華やかさはありませんが、そういった意味においては普段使いのスーツやジャケットとしては使いやすいと思われます。

そして先日、イタリア本国の親会社がボリオリを売却することに伴ってデザイナーも交代して日本国内における代理店も変更される運びとなりました。そういった理由から有楽町のボリオリの路面店において閉店セールが7月31日まで行われているのでカジュアル スーツを購入してまいりました。

このスーツはコットン スーツとしては初めての購入となります。コットンのストレッチ素材が使用されたこのスーツの購入の動機はタバコ色でございました。今年はブラウン系のアイテムに挑戦している関係で丁度よい機会となりました。


このセットアップ スーツは良く見ると上下で色が若干異なります。製品染め(後染め)が原因とのことですが、イタリアの製品では時々見かけるやっつけ仕事であります。私の場合は上下別々で着用することも前提としているので特に問題とはなりません。しかしイタリア製のスーツなどを購入される際にはボタンなどの付属品や、パンツのクリース(折り目)の日焼け色あせなどにも注意されるとよろしいかと存じます。

【関連記事】タバコ色(ブラウン系)サマー スーツのコーディネート
BOGLIOLIのネイビー ダブル ジャケット

ダブル ジャケット&デニム シャツで簡単カジュアル コーディネート

イメージ
Location: 国立国会図書館
ダブル ブレスト ジャケットは素材にかかわらず40代の皆様にとって便利なアイテムでございます。とは言いましてもシングル ブレストからダブル ブレストへの移行には躊躇される方もいらっしゃるかと思います。しかし長袖シャツの前ボタンを開けてジャケット代わりとしていらっしゃる方であれば、容易に移行が可能なのであります。

ダブル ジャケットをカジュアル スタイルで着る場合、前ボタンを開けてもまったく問題はありません。逆に前ボタンを閉じると仰々しくなりがちなので、着こなしが難しくなる場合もあります。したがってシャツジャケットのようなスタイルの延長と捉えれば良いと思います。


この投稿をInstagramで見る
Robert Spangleさん(@thousandyardstyle)がシェアした投稿 - 2019年 1月月4日午前9時43分PST
そしてジャケットにデニム シャツを合わせます。デニム シャツはカジュアル シャツの象徴であり、また様々なアイテムとの相性が良いアイテムでもあります。スタッズ付きのウエスタン シャツは上級者向けですが、一般的な無地のデニムシャツであれば安価なものでも大丈夫です。

ただしデニム シャツの色には注意が必要です。濃い色のほうがジャケットやパンツに合いやすく、青が薄くなるほど難しくなる傾向があります。あとはホワイト デニムでも何でもテキトーに合わせればそれなりの外見となります。ちなみに水色のデニム シャツとベージュのジャケットは、抜群にカッコ良く見える組み合わせであります。


Nigel CabournのBASIC Tシャツ(サンド色)

イメージ
今年の夏は茶系のコーディネートを試してみたいとの願望からアイテムを揃えてまいりましたが、なかなか良い感じのTシャツが見つかりませんでした。そもそも無地の茶系のTシャツは、デザイン性や価格を考慮すると選択肢が狭くなるので簡単には見つからないとは思っていました。

そういったなかで、すでに色違いで数枚購入しているNigel Cabourn(ナイジェル ケーボン@nigelcabournjapan)のBASIC Tシャツのラインナップにサンド色があることに気が付いて購入しました。ちなみにBASIC Tシャツは私が選ぶ「隠れた名品」扱いなのですが、世間一般における認知度は無きに等しい印象です。


このサンド色は茶とベージュの中間色のような薄い色ですが、ほぼイメージ通りでございます。そしてこのTシャツと茶色のパンツを組み合わせる予定であります。色が薄いので汗ジミが気になりますが、他の色ではそれほど気にならなかったので恐らく大丈夫であろうと予想しております。


【関連記事】(な)夏にはオススメNigel CabournのBASIC Tシャツ

上下で色を合わせるポロシャツのコーディネート

イメージ
Location: 切手の博物館
ポロシャツに限らず上下を同系色で揃えるのは有効なコーディネートの手段でございます。特にポロシャツはデザインがシンプルなので、色または柄の違いを考慮すると良いと思います。色に関しては黒・白・青・茶などが候補となりますが、上下を合わせるとなると黒と白は難しい印象です。


この投稿をInstagramで見る
Fabrizio Di Paoloさん(@fabriziodipaoloph)がシェアした投稿 - 2019年 5月月30日午前5時49分PDT
最もアイテムが入手しやすく失敗しにくいと思われるのが青の上下であります。しかし水色となると少々難しくなるので、濃いめのほうが無難です。またネイビーのポロシャツやパンツは多くのブランドで展開しているので1年を通じて購入可能であり、濃いめの青のデニムでも代替えは可能です。

次点としては茶が良いと思いますが流通量が少ないのが難点です。個人的にはサンド色などの薄い茶色は他人とカブらないのでオススメなのですが、薄い色は汗ジミが目立つので一般的ではないのかもしれません。もしベージュ系のパンツをお持ちであれば、薄茶色のポロシャツは探す価値があると思います。ただし濃い茶色はシニア風味に見える危険性があります。

いずれの場合にしても色合いに関しては縞模様などの装飾を可能な限り排除した単色のほうが落ち着いた雰囲気になります。シルエットに関しては肩さえ合っていればボックス型の外観でも問題ないと思います。そして腹部が大きめの方でもこの合わせ方は有効なので挑戦されてもよろしいかと存じます。

【関連記事】SPEKTRE(スペクトレ)のサングラスを購入しました
Fortelaのブラウン コットン パンツ
TERRA CIELO MAREのSMOKEY JOEを購入しました

Tシャツをパンツにインするメンズ スタイル

イメージ
Location: 築地本願寺
Tシャツをパンツにインするかどうかといった議論は、カッコ良いか悪いかの問題では無く個人の好き嫌いが原因の場合もあります。それはポロシャツの裾のイン・アウトや、男性革靴を素足で履くか否か議論と似たようなものでございます。ちなみに革靴の素足に関しては女性視点による好き嫌いのお話であり、男性が素足で革靴を履くのが嫌いな女性の多くは単に石田純一氏がお嫌いであることが理由であったりします。

例えばTシャツを長袖シャツのインナー ウェアとして着用する場合、多くの方々は長袖シャツの裾は外に出してもTシャツはパンツにインをされると思います。このケースではTシャツは防寒や汗対策などの機能を持つ下着なので、外に出しては意味がありません。同様にTシャツの上に革ジャンやダウンジャケットを着る場合でも裾はインしたほうが自然な印象になります。

一方でTシャツ1枚のスタイルの場合は機能性はあまり関係が無いので外見のお話となります。そして外見を最も悪化させるのはオーバーサイズのTシャツとハイウエストのパンツの組み合わせであります。これはTシャツ1枚をパンツにインしていた時代であっても無かったスタイルで、男性の年齢にかかわらずだらしなく見えてしまいます。


この投稿をInstagramで見る
Nacho Mさん(@toachomoreno)がシェアした投稿 - 2019年 7月月18日午後11時51分PDT
それらを避けてTシャツ1枚でパンツにインするスタイルを完成させるためにはいくつかの条件があると思います。1つ目は細身で着丈が長くジャストサイズのTシャツで、特にウエスト部分が絞ってあるような形状が良いと思われます。これによってだらしない着こなしが解消されます。また薄い生地のTシャツは肌が透けたり高級感に欠けるので避けたほうが無難です。


TOD'Sのローファーを個人輸入しました

イメージ
先日イタリアの通販サイトで発見したTOD'S(トッズ@tods)のローファーでございますが、購入に1週間迷った結果売り切れる気配が無かったので我慢できずに購入いたしました。同ブランドはペブルソールのドライビング シューズが日本では知名度がありますが、本国イタリアでは国民的なシューズ ブランドでもあり近年はアパレルなどの分野にも進出しております。


今回購入したローファーは2017年の春夏モデルで本国イタリアでは約50,000円、その他の海外市場では70,000円ほどの定価で販売されていたものと思われます。そして最終的な購入金額は靴本体が126.64 ユーロ(15,453.60円)と送料27.00ユーロ(3294.74円)の合計153.64ユーロ(約18,750円)でありました。型落ちの新品であっても、このように安価で購入できる機会は海外通販においても非常に稀なケースと思われます。


インソールはスポンジ状の素材でソフトな感じの履き心地です。また内側のサイド部分にはサイズが表記してあり、使用されている皮革はトッズ独特の色合いであるココア色です。かかとのデザインは細めなので私のような日本人に多い足型の方でも抜けにくいと思われます。そして外見からは想像できませんが軽量です(片足386グラム)。


販売サイトにおけるサイズはEU39.5/UK6との説明でした。私の通常サイズは25cmで実寸24.5cmの幅広足ですが、このサイズでジャストでした。また箱と靴に表記されているサイズはUKサイズのみで、EU表記はありませんでした。ちなみに私の海外通販の経験上、ヨーロッパの靴はUKサイズを基準とする方法が確実です。なぜならヨーロッパの靴に関しては、UKサイズが最もバラつきが少ないサイズ表記と考えられるからです(一部ブランドを除く)。

そもそもヨーロッパの靴はセンチメートル表記に対応していないことが多く、日本で使用されているセンチメートル表記は輸入した後から加えられたサイズと考えても差し支えないと思います。したがってヨーロッパ製の靴に関しては、UKサイズで確認をすることをおすすめします。参考までにトッズのサイズは幅広の私の足を基準とすれば、おおよそ以下のようなサイズ感と思われます。

(EU39/UK5/24cm) (EU39.5/UK5.5/24.5cm) (EU40/UK6/2…

タータン チェック パンツは難易度が高い

イメージ
Location: 歌舞伎座
チェック柄に限らず派手目なパンツは店舗の片隅にひっそりと置いてあります。売れ残ってセール品となっても、棚の奥で長期間にわたり存在感を出し続けています。ふと思い出して履いてみると「派手なパンツの人」などと言われてしまいます。コーディネートをするにしてもパンツの印象が強烈過ぎて他のアイテムが沈んでしまいます。

上記のタータン チェック パンツは購入してから3シーズン目になりますが、未だにコーディネートに悩むアイテムとなっています。リネン素材ということもあって春夏向けなのですが、着用回数は10回未満でございます。現時点で試したコーディネートは無地のTシャツまたは長袖シャツのみであります。

一般的に色数が多いチェック柄のパンツは花柄パンツと大差は無い印象です。パンツ単体で見ると綺麗なのですが、実際に着用する場合は組み合わせに苦労することになります。また粗いチェック柄は子供っぽく見えることもあるのでさらに注意が必要です。


この投稿をInstagramで見る
Fabrizio Di Paoloさん(@fabriziodipaoloph)がシェアした投稿 - 2018年11月月21日午前4時16分PST
ギンガムチェックのような細かい2色のチェック柄パンツであれば、柄のいずれかの色と同じアイテムを着用すればコーディネートをまとめることができると思います。そういった意味においてはアイテム数が多い秋冬シーズンのほうがチェック柄パンツは合わせやすいかもしれません。

タータン チェックのアイテムに関しては、ストールやベストや靴下などのアクセサリ類が最も使いやすいと思います。一方でスーツやパンツに関しては、他の方とカブることが無いのでテレビなどのショービジネス関係の舞台衣装としては適しているかと存じます。

【関連記事】OLIVER GOLDSMITHの眼鏡を購入しました
Coast Weber Ahausのリネン シャツ
PT01(ピーティーゼロウーノ)のリネン パンツ
GERBA(ジェルバ)のイタリア製ブレスレットを購入しました
TERRA CIELO MAREのSMOKEY JOEを購入しました

NINE:INTHE:MORNINGのパンツを購入しました

イメージ
最近セールが頻繁に行われていたYoox.comにおいて、以前から気になっていたパンツを購入いたしました。特に緊急を要するアイテムではなかったのですが、4,100円(送料無料)というお値段に惹かれました。

NINE:INTHE:MORNING(ナイン イン ザ モーニング@9inthemorning)は2006年創立のイタリアのパンツ ブランドでございます。2~3年前までは国内で取り扱いがあった模様ですが、現時点では国内代理店や販売店舗は確認できません。

パンツのサイズは44(XS)との表記があるものの、実際は腰回りが46でふくらはぎが44といったフィット感です。また裾幅が16cmとかなり細く、ストレッチ性も少ない独特のシルエットのパンツであるために売れ残ったと思われます。


このパンツの大きな特徴はネイティブ アメリカン風のイラストや英語がパンツに描かれている点です。このイラストが気になって3ヶ月ほど前から注目していたのですが、当初は2万円台であったために購入を見送っておりました。

この投稿をInstagramで見る ᴛʜᴇsᴀʀᴛᴏʀɪᴀʟ.ɪᴛさん(@thesartorial.it)がシェアした投稿 - 2019年 3月月26日午前8時45分PDT
図柄入りとしては上記のパンツを当初探していましたが、このブランドのパンツはすでに生産中止の別注品ということが判明しました。ただし、着こなし方法としては上記のスタイルを参考にするつもりです。


縦縞シャツと柄物アイテムは「混ぜるな危険」

イメージ
Location: 中野駅
縦縞(ストライプ)の長袖シャツは必需品ではありませんが、誰もが一度は通る道でございます。特に昨今のネクタイ無しのジャケパン スタイルにおいては有効なアイテムであると思います。そして一般的に太い縦縞模様は、細いものより難易度が高くなると思われます。

ビジネス スタイルにおける縦縞シャツはネクタイ以上に人目を引くアイテムなので、ウォール街あたりのビジネス パーソンなどで見られる自信を表すアイテムと言えるかもしれません。しかしそれは一方で自己主張が強そうな面倒くさい人物と受け取られる場合もあるので注意が必要です。


この投稿をInstagramで見る
Gentleman Faceさん(@gentlemanface)がシェアした投稿 - 2019年 3月月21日午前1時26分PDT
縦縞シャツを使ったコーディネートは、残りのアイテムすべて無地とする方法が最も有効であります。特に太い縦縞シャツはコーディネートの中心で最も目立つ位置にあるので、柄ネクタイと合わせてしまうと「牛ステーキ&牛焼き肉定食」のようなクドい外見となります。


投稿総数:

2012年~2019年の投稿

もっと見る

このブログを検索

連絡フォーム

名前

メール *

メッセージ *