投稿

7月, 2019の投稿を表示しています

ANDREA FENZIのサマー ニットTシャツを購入しました

イメージ
先日セール品となっていたANDREA FENZI(アンドレア フェンツィ)のニットTシャツを2枚購入いたしました。日本の夏は暑いので上半身はTシャツまたはポロシャツがメイン アイテムとなりますが、それではあまりにも単調なのでニットTシャツを初めての購入した次第でございます。 同ブランドは1961年にイタリアで創業しました。ちなみにイタリアに限らず海外製のニット製品は編み目が細かいハイゲージが多い印象です。したがって清涼感はそれほど期待できないと思われます。また着こなしに関しては女性が着用する場合と比較してバリエーションが少ないので悩むところでもあります。 このTシャツは摂氏30度を超える真夏での着用を前提としているので、基本的に2枚重ねは暑すぎて無理であります。透けに関しては特に問題とはならないと思います。しかし汗による汚れは避けられないので、通常のTシャツ同様に着用後は毎回洗濯することになります。そういった観点からはセール品なので気を使うこと無く着用する予定です。 【関連記事】 ANDREA FENZIのタートルネックを購入しました

BOGLIOLIのタバコ色カジュアル スーツを購入しました

イメージ
BOGLIOLI (ボリオリ @boglioliofficial )はミラノ発のブランドでありますが、ラルディーニやタリアトーレなどといった他のイタリアン ブランドよりは国内における知名度が低い印象です。デザインも保守的で華やかさはありませんが、そういった意味においては普段使いのスーツやジャケットとしては使いやすいと思われます。 そして先日、イタリア本国の親会社がボリオリを売却することに伴ってデザイナーも交代して日本国内における代理店も変更される運びとなりました。そういった理由から有楽町のボリオリの路面店において閉店セールが7月31日まで行われているのでカジュアル スーツを購入してまいりました。 このスーツはコットン スーツとしては初めての購入となります。コットンのストレッチ素材が使用されたこのスーツの購入の動機はタバコ色でございました。今年はブラウン系のアイテムに挑戦している関係で丁度よい機会となりました。 このセットアップ スーツは良く見ると上下で色が若干異なります。製品染め(後染め)が原因とのことですが、イタリアの製品では時々見かけるやっつけ仕事であります。このようにイタリア製のスーツなどを購入される際にはボタンなどの付属品や、パンツのクリース(折り目)の日焼け色あせなどがあるので注意が必要です。 【関連記事】 BOGLIOLIのネイビー ダブル ジャケット

現在までに購入したNigel CabournのTシャツ

イメージ
Tシャツは単体での着こなしが多くなるために体型に依存します。身長が高い方であればオーバーサイズのTシャツでもお似合いですが、170cm前後の標準体型の方は着こなしに悩むところであります。 またTシャツは消耗品としての性格が強いので、高価なものを購入しても1回の洗濯で型くずれなどを起こすこともあります。そういったなかで比較的安価でシンプルなデザインのNigel Cabourn(ナイジェル ケーボン)のTシャツを私は好んで着用しております。 ナイジェル・ケーボン/Nigel Cabourn 【公式サイト】 イギリス発祥の同ブランドはブリティッシュ ビンテージやミリタリーにインスパイアされたウエアを中心に製造しております。そしてTシャツ類は1万円以下の価格帯であり、洗濯を重ねても首部分はヨレにくい特徴があります。なかでもBASIC Tシャツと呼ばれるモデルは5,000円~6,000円前後の価格帯でお手頃となっております。 このインディゴブルーのVintage Henley Tシャツはすでに生産が終了している関係で半額セールで購入いたしました。袖のリブ部分に伸縮性があり、かなりタイトなデザインのTシャツとなっております。 黄色のBASIC Tシャツは最初に購入した白のものに続いて2枚めとなりますが、売れ残っていたこともありコーディネートが少々難しい印象です。 このインディゴブルーのTシャツは横縞模様で、BASICc Tシャツと似ているのですが袖部分のデザインが異なっています。着心地はBASIC Tシャツとほぼ同じです。 オレンジ色のBASIC Tシャツは日焼けした肌には良く似合う感じなので購入しました。自然界においてはよく目立つので、海や山では活躍しそうなTシャツです。 このむら染めのTシャツは、洗濯時の色落ちの影響を受けたような色合いでございます。素材もBASIC Tシャツとは異なり、かなりやわらかい肌触りです。 このTシャツはB.R.N.(British Royal Navy)のプリントがワンポイントになっております。現在では生産終了となっておりますが、デザインが気に入っております。 ワッフル地のTシャツは同ブランドにおいては珍しいモデルかもしれません。このTシャツも生産は終了していますが、生地感と色の関係などもあっ

Tシャツをパンツにインするメンズ スタイル

イメージ
Tシャツをパンツにインするかどうかといった議論は、カッコ良いか悪いかの問題では無く個人の好き嫌いが原因の場合もあります。それはポロシャツの裾のイン・アウトや、男性革靴を素足で履くか否か議論と似たようなものでございます。ちなみに革靴の素足に関しては女性視点による好き嫌いのお話であり、男性が素足で革靴を履くのが嫌いな女性の多くは単に石田純一氏がお嫌いであることが理由であったりします。 例えばTシャツを長袖シャツのインナー ウェアとして着用する場合、多くの方々は長袖シャツの裾は外に出してもTシャツはパンツにインをされると思います。このケースではTシャツは防寒や汗対策などの機能を持つ下着なので、外に出しては意味がありません。同様にTシャツの上に革ジャンやダウンジャケットを着る場合でも裾はインしたほうが自然な印象になります。 一方でTシャツ1枚のスタイルの場合は機能性はあまり関係が無いので外見のお話となります。そして外見を最も悪化させるのはオーバーサイズのTシャツとハイウエストのパンツの組み合わせであります。これはTシャツ1枚をパンツにインしていた時代であっても無かったスタイルで、男性の年齢にかかわらずだらしなく見えてしまいます。 この投稿をInstagramで見る Nacho Mさん(@toachomoreno)がシェアした投稿 - 2019年 7月月18日午後11時51分PDT それらを避けてTシャツ1枚でパンツにインするスタイルを完成させるためにはいくつかの条件があると思います。1つ目は細身で着丈が長くジャストサイズのTシャツで、特にウエスト部分が絞ってあるような形状が良いと思われます。これによってだらしない着こなしが解消されます。また薄い生地のTシャツは肌が透けたり高級感に欠けるので避けたほうが無難です。 この投稿をInstagramで見る CHAPALさん(@chapal1832)がシェアした投稿 - 2019年 6月月19日午前1時39分PDT 2つ目は標準体型+胸部>腹部といったマネキンのような体型がベストであると思われます。この体型は20代のヤングなメンズに多く、40代ともなりますと胸部<腹部となりがちなので着こなしのハードルが上がります。また細すぎてもダメなのである程度の筋肉は必要となります。 この投稿をInst

TOD'Sのローファーを個人輸入しました

イメージ
先日イタリアの通販サイトで発見した TOD'S (トッズ @tods )のローファーでございますが、購入に1週間迷った結果売り切れる気配が無かったので我慢できずに購入いたしました。同ブランドはペブルソールのドライビング シューズが日本では知名度がありますが、本国イタリアでは国民的なシューズ ブランドでもあり近年はアパレルなどの分野にも進出しております。 今回購入したローファーは2017年の春夏モデルで本国イタリアでは約50,000円、その他の海外市場では70,000円ほどの定価で販売されていたものと思われます。そして最終的な購入金額は靴本体が126.64 ユーロ(15,453.60円)と送料27.00ユーロ(3294.74円)の合計153.64ユーロ(約18,750円)でありました。型落ちの新品であっても、このように安価で購入できる機会は海外通販においても非常に稀なケースと思われます。 インソールはスポンジ状の素材でソフトな感じの履き心地です。また内側のサイド部分にはサイズが表記してあり、使用されている皮革はトッズ独特の色合いであるココア色です。かかとのデザインは細めなので私のような日本人に多い足型の方でも抜けにくいと思われます。そして外見からは想像できませんが軽量です(片足386グラム)。 販売サイトにおけるサイズはEU39.5/UK6との説明でした。私の通常サイズは25cmで実寸24.5cmの幅広足ですが、このサイズでジャストでした。また箱と靴に表記されているサイズはUKサイズのみで、EU表記はありませんでした。ちなみに私の海外通販の経験上、ヨーロッパの靴はUKサイズを基準とする方法が確実です。なぜならヨーロッパの靴に関しては、UKサイズが最もバラつきが少ないサイズ表記と考えられるからです(一部ブランドを除く)。 そもそもヨーロッパの靴はセンチメートル表記に対応していないことが多く、日本で使用されているセンチメートル表記は輸入した後から加えられたサイズと考えても差し支えないと思います。したがってヨーロッパ製の靴に関しては、UKサイズで確認をすることをおすすめします。参考までにトッズのサイズは幅広の私の足を基準とすれば、おおよそ以下のようなサイズ感と思われます。 (EU39/UK5/24cm) (EU39.5/UK5.5/24.

NINE:INTHE:MORNINGのパンツを購入しました

イメージ
最近セールが頻繁に行われていた Yoox.com において、以前から気になっていたパンツを購入いたしました。特に緊急を要するアイテムではなかったのですが、4,100円(送料無料)というお値段に惹かれました。 NINE:INTHE:MORNING (ナイン イン ザ モーニング @9inthemorning )は2006年創立のイタリアのパンツ ブランドでございます。2~3年前までは国内で取り扱いがあった模様ですが、現時点では国内代理店や販売店舗は確認できません。 パンツのサイズは44(XS)との表記があるものの、実際は腰回りが46でふくらはぎが44といったフィット感です。また裾幅が16cmとかなり細く、ストレッチ性も少ない独特のシルエットのパンツであるために売れ残ったと思われます。 このパンツの大きな特徴はネイティブ アメリカン風のイラストや英語がパンツに描かれている点です。そしてこのイラストが購入の一番の理由であります。 【関連記事】 NINE:INTHE:MORNINGのグレーパンツを購入しました NINE:INTHE:MORNINGの短パン(ショーツ)を購入しました

Doppiaaのシアサッカー パンツを購入しました

イメージ
夏季のパンツ素材と言えばリネン(麻)が広く利用されていますが、シワになりやすく伸縮性に乏しい上にザラつき感で好みも分かれるのでどちらかと言えば上級者向きのパンツ素材かもしれません。一方でジャケット生地で有名なシアサッカーはリネンほど多くないものの、生地が薄く伸縮性もあるので使い易い印象です。 私は夏用のパンツはリネンを含めて数本持っておりますが、シアサッカー生地のパンツは無かったので今回 YOOX においてセールとなっていた Doppiaa (ドッピア・ア @doppiaaofficial )のブルーのパンツを購入いたしました。価格は送料込みで9,475円でございました。 Doppiaaは設立4年目のブランドではありますが、デザイン性や品質が優れている印象です。現時点では国内の取り扱い店舗は無い模様ですが、Yooxでは数多くの商品が見受けられます。そして個人的にはテーラードジャケットやスーツが気になっているので、同サイトにおいて常にチェックはしております。 このパンツは比較的クラシック寄りのデザインであり、ウエストラインも前傾しています。また腰回りも緩いので、キッチリと着こなすつもりはありません。とりあえずユルユルダラダラなスタイルでTシャツ+革靴の組み合わせで着こなそうかと考えて購入いたしました。 ちなみにYooxではパンツの素材がリネン・コットン・シルクといった大雑把なカテゴリーでしか絞り込めないため、このようなシアサッカー生地は地味に商品拡大をして確認するしか方法が無いのが難点でございます。 【関連記事】 シアサッカー パンツはユルめのコーディネートが良く合います Doppiaa(ドッピア・ア)のデニムスーツ
© 2023 やさぐれスタイリスト

当ブログのコンテンツ流用はご遠慮ください

過去記事

もっと見る