投稿

8月, 2021の投稿を表示しています

Costanza(コスタンザ)のコットンストレッチポロを購入しました

イメージ
コスタンザはクルチアーニのセカンド ラインといった位置づけとお聞きしておりますが、何やら高級感が漂うイタリアのブランドでございます。そして現時点において取り扱い店舗はそれほど多くない印象です。 今回セールで購入した長袖ポロシャツはストレッチ性が高く、色の黒は光線を反射しないので漆黒といった感じです。シルエットはかなり細身なので、筋肉質の方々にお似合いになるかと思います。 長袖ポロシャツは体型に依存するので、一般の方々が着こなすには難しい面があります。しかし半袖ポロシャツよりカジュアル感が薄れることに加え、大人の雰囲気が出る利点はあります。 【関連記事】 Costanza(コスタンザ)のタートルネックを購入しました

スーツ・ジャケットのサイズはネットで検索せずにお店に任せる

イメージ
スーツやジャケットのサイズ感といったワードで検索をすると、それを細かく説明するサイトが検索結果に数多く出てまいります。しかしながらフルオーダー スーツならまだしも、そこまで個々の体型に合う理想的なサイズの既製品は存在いたしません。 量産品のスーツやジャケットは基本的に妥協の集合体であります。例えば着丈が短いこと以外はジャスト フィットであったり、完璧なジャスト フィットでも予算オーバーであったりします。 私の経験上スーツのサイズ感がズレている方々の多くはブランドへの執着あるいは、着心地や価格やスタイルなどへのこだわりが強い傾向があります。何故ならば、店員さんがおっしゃる通りのスーツを購入すればサイズ感がズレることが少ないからです。 例えば動きやすさを優先してオーバーサイズのスーツを選択される方もいらっしゃいます。しかしスーツ姿で力仕事をする際にはジャケットは脱ぐのが前提であり、ジャケットは電車の吊革がやっと掴める窮屈さでも問題はありません。 参考までに5万円以下の国産既製品スーツの場合は肩幅を合わせ、残りのサイズ感は店員さんにお任せするのがベストと思われます。そして追加費用やスタイルなどがお気に召さなければ、他のブランドを探されると良いと思います。 ちなみに上記で言う肩幅は鎖骨の先端部分までを意味し、肩の筋肉は含みません。そしてその骨の先端部分に袖の接合部が重なれば適正サイズとなります。しかしこれも店員さんであればご存じのはずです。 10万円以上のスーツはサイズの細かいご要望に応えることが可能となります。それもまたネットや雑誌で得た知識では店員さんに太刀打ちすることは不可能なので、結局は店員さんとの打ち合わせが必要となります。 一般的にオーダースーツであっても顧客の体型にキッチリ合わせたり要望すべてに応えると、型紙(ひな形)から大きく外れるなどしてカッコ良い仕上がりは望めません(モデル体型を除く)。したがって何らかの妥協は常に必要となります。 私の場合はイタリア製のスーツやジャケットに対応した体型に近いので、購入時に袖丈詰めとパンツの裾上げのみで問題はありません。そして細かい部分が気になったとしてもキリがないので、最終的には店員さんの意見に従うことにしております。

細い金属フレームのアイウエアはマスクの紐が絡みやすい

イメージ
サングラスとマスクを合わせる日がやってくるとは夢にも思いませんでしたが現実のものとなっております。しかしながらその組み合わせは、どうやってもカッコ良くすることは困難であると思います。 ちなみに私のファッション スタイルにおいてサングラスは重要なアイテムなので、様々な種類のマスクとサングラスは組み合わせております。そして現時点においては薄色レンズのようなファッショナブルなサングラスであれば、怪しさはある程度軽減される感じです。 サングラスに限らずアイウエアとマスクを同時に着用するとレンズが曇る弊害があるのですが、さらに上記のようにアイウエアのツルにマスクの紐が引っかかる問題も発生します。特に細い金属フレームはこの傾向があります。 マスクの紐が引っかかっていることに気が付かずにマスクを外した場合、マスクと一緒にサングラスも外れて下に落ちることがあります(経験済み)。そして繊細な金属フレームは、その際にフレームが曲がったり衝撃などで容易に損傷することがあるので注意が必要です。 これはサングラス着用後にマスクを付けると、気づかずにサングラスのツルにマスクの紐を通してしまうことで発生します。セルフレームの場合はあまり起こりませんが、最初にマスクを着用した後にサングラスを着用することである程度は避けられると思います。

難しいカモフラージュ柄はミリタリーの雰囲気を抑える

イメージ
カモフラージュ柄に限らずミリタリーウエアは、基本的に東洋人にはあまり似合いません。この柄を近年日本で多く見かけるようになったのは、恐らくイタリア経由で日本人が真似て流行らせようとしたのが始まりと思われます。 カモフラージュ柄はその性質上、地味な柄の部類に入ります。そして色数が多い柄(4色)なので、他のアイテムと合わせる場合に苦労をいたします。したがってこの柄を白人やモデルさんの写真を使って説明している方々は、ご自分で試したことが無いと断言できます。 一般的にカモフラージュ柄は体型の凹凸が隠れることに加え、シルエットがぼやける傾向があります。またジャケットやパンツや長袖シャツやTシャツなどの軍事でも使われているウエアは、民間であってもこの柄を使うと軍事色が強く残ります。 そういったことを考慮すると、ポロシャツ・スニーカー・傘・靴下などの軍事用途であまり使われないアイテムに適していると思われます。加えて面積を小さくすれば女性ウケもそれほど悪化せずに済む利点があります。 カモフラージュ柄に合わせる色は、反対色と言っても良い白が無難で柄を活かすことができると思います。あるいは赤が上級者向けであり、カモフラージュ柄のスニーカーの靴紐を赤にしたり、赤スニーカーとカモフラージュ柄の靴下を合わせたりすると玄人仕様になります。 参考までに上記の写真はカモフラージュ柄がいかに目立たないかを示す例であります。迷彩柄と言われる通りに上半身が背景に溶け込んでおります。この理由から遭難の可能性がある野山に入る場合、この柄のウエアは避ける必要があります。

Tagliatore(タリアトーレ)のスーツを購入しました

イメージ
国内ではタリアトーレの前身ブランドであったPINO LERARIOのスーツとテーラードジャケットは所有しているのですが、先日初めてタリアトーレのスーツをセールで購入いたしました。 このスーツは同ブランドの特徴でもあるシングルブレスト+ピークドラペルのデザインであります。そして素材はウール100%のSUPER 120'Sが使用され、ゴージャスでしっとりとした外見に仕上がっております。 HOME - TAGLIATORE(タリアトーレ)日本公式サイト|イタリアの最南であるプーリア州で1960年代に創業されたレラリオ社の2代目、ピノ・レラリオ氏が立ち上げたブランド。 ちなみに~toreと表現されるイタリア語には~をする人を意味する場合があります。taglia(gは発音しない)は切断、またはファッションにおいてはサイズ(TGと表記)を意味します。そしてtagliatoreは織物を裁断する人といった意味のブランド名と思われます。 一般的にSUPER 120'S~の細い繊維で作られたスーツはシワになりやすく、耐久性も低めなので日常的な仕事用スーツにはあまり適していません。しかしパーティーなどの特別な機会においては威力を発揮いたします。 この投稿をInstagramで見る Kazuhide Araki(@k__araki)がシェアした投稿 サイズは普段の46でジャストサイズでした。そしてこのスーツはアウトレット品なので、袖丈詰め+袖ボタンの本切羽加工およびパンツの裾仕上げで13,530円(税込み)の追加費用が発生いたしました。 【関連記事】 40代メンズはビジネススーツとカジュアルスーツを使い分ける

Tod's(トッズ)の革ブレスレットを購入しました

イメージ
トッズのブレスレットを8年ぶりにセールで購入いたしました(旧型モデル)。このブレスレットはイタリア国旗の配色であり、私の記憶が正しければ2011年のイタリア建国150周年を記念して最初に作られたものと思われます。ちなみに現行品のデザインは変更されている模様です。 Tod's オフィシャルウェブサイト: イタリアならではの職人技によるラグジュアリーなバッグとシューズ 同ブランドはシューズで有名となっりましたが、革小物(SLG = Small Leather Goods)もデザイン性や品質に定評があります。そして近年はバッグやサングラスなどの分野に進出をしており、国内でも人気が上昇してまいりました。 この革ブレスレットのシリーズには日本国旗やドイツ国旗の配色もラインナップされておりました。現行品でもフランス(アメリカ?)国旗の配色も販売されております。しかしながら私はイタリア国旗好きなので、どーしてもこの3色にこだわりたい願望がございました。 参考までに皮革を編み込んだタイプのブレスレットはサイズ展開が少ないケースがあります。もしサイズが小さくてキツい場合は両端を持って捩じりながら引っ張ると、全長を1~2㎝ほど伸ばせることがあります。 【送料無料】ブレスレット アクセサリ― ラップブレスレットレザーtods mycolors wrap bracelet leather red white braid 価格: 35,980円 (2021/8/12 20:06時点) 感想(0件) 【関連記事】 TOD'Sのローファーを個人輸入しました

Hydrogenのカモフラージュ柄ポロシャツを購入しました

イメージ
ポロシャツはエレガンテな着こなしに苦労するために購入意欲は低かったのですが、約4年ぶりに Yoox.com においてポロシャツを購入いたしました(送料込み6,450円 )。しかも今回はカモフラージュ柄という難易度高めのデザインでございます。 Hydrogen(ハイドロゲン) は近年スポーツウエアに重点を置いた展開をしており、タイトめなデザインが特徴のイタリアのブランドであります。そしてこのポロシャツもSサイズ(46相当)ですが、ピッタリとジャストフィットするシルエットとなっております。 この投稿をInstagramで見る Kazuhide Araki(@k__araki)がシェアした投稿 このポロシャツを購入した理由は、カモフラージュ柄アイテムの説明に使用するためです。そしてパンツなどのアイテム数も増えてきたので、カモフラージュ柄を何とかやっつけられないかと考えたからでもあります。 【関連記事】 ハイドロゲンのバッファロー チェック ブルゾンを購入しました

メンズ高級腕時計は言われるほど流行していない模様です

イメージ
近年はスマートフォンの普及によって腕時計の役割が低下しております。電車の中でも腕時計を付けていない方々も見かけるようになり、コロナ禍の影響も加わって「吊革バトル」といった用語も遠い昔のお話でございます。 【4人に1人が腕時計をつけない】腕時計に関するアンケート調査:男女別では男性2割・女性3割が腕時計をつけない(CUSTOM FASHION MAGAZINE調べ) そういったなかで先日、上記のアンケートが実施されました。以前から女性の腕時計はアクセサリの要素が強いので付けない方も多いのですが、男性でも2割というのはスマホの影響かと思われます。 また上記のアンケート結果の項目に、50万円以上の腕時計を所有している人の割合(付けているとは限らない)が1.4%というものがあります(男性に限れば2%程度と考えられます)。この数値は多いように感じられますが、近年のROLEXの価格の高騰と関係している可能性もあります。 いずれにしても高級腕時計は雑誌などが大々的に取り上げている割には、100人あたり1~2人しか所有していないことになります。とは言っても彼らにとっての高級腕時計は、歴史から始まって機能やエピソードなどの見飽きた内容で簡単にページ数を稼げる優秀なコンテンツでございます。 最近のROLEXの話題と言えば機能性とかデザイン性では無く、「いくらで買いました?」とか「昔は40万円でしたよね」などとお金の話ばかりでございます。こうなりますと、手首に現金を巻いているのも同じです。 私もROLEXは2本所有しており、売値も買値の2倍近くなっております。しかしそれらにその価値があるとは思えませんし、かといって売却すると二度と購入時の値段では入手できないのでモヤモヤするところであります。 ちなみに「この腕時計は子供が大きくなったら譲ろうと思います」などとおっしゃる昭和育ちの方もいらっしゃいますが、現代の子供さんは価値観が違うので貰っても迷惑なこともあります。そしてこうした腕時計中心の考え方はマニアの方々共通の特徴であったりします。
© 2023 やさぐれスタイリスト

当ブログのコンテンツ流用はご遠慮ください

過去記事

もっと見る