投稿

Giannetto(ジャンネット)のホワイトシャツを購入しました

イメージ
無地のホワイト シャツやブルー シャツはスーツ スタイルにおける必需品なので、セールで見かけると時々購入いたします。またそれらは洗濯の頻度が多い消耗品でもあるので、多くの枚数を持っていても無駄にはなりません。 今回購入したジャンネットのホワイト シャツも、年始セールとなっていたので購入いたしました。特に近々に着用する予定はありませんが、緊急的に使用する場合に備えたといった感じであります。 GIANNETTO(ジャンネット)通販|Gente di Mare 同ブランドのシャツは以前にも購入しておりますが、サイズ感のバラつきが大きい印象です。今回は私の通常サイズに近い39サイズ(S)を試着したところ、第一ボタンが留まらないので41サイズにしました(40サイズは欠品)。 さすがに41サイズ(M)は大きすぎるかと思ったのですが首周りは丁度良く、全体的には38と39の中間といったサイズ感でした。したがって購入の際には試着が必要と思われますが、全体的に袖が短めなので日本人向きと言えるかもしれません。 【関連記事】 Giannetto(ジャンネット)のカラーシャツを購入しました

タートルネックが似合わないメンズの原因は体型にある

イメージ
タートルネックは40代の方々にとって便利な冬季ウエアでございます。長袖シャツより防寒効果が高く、コートやダウンジャケットやテーラードジャケットにも合わせることが可能です。また長袖下着を着用することにより、長袖シャツのように毎回洗濯する必要もありません。 一方でタートルネックは頭が大きく見えるとか、首が短く見えるので似合わないなどと言われています。しかしそれらは似合わない根本的な原因ではありません。むしろその原因は体型にあります。 タートルネックを着こなす場合、赤線で囲まれた部分に筋肉または贅肉が必要となります。それによってシルエットが丸みを帯びて柔らかい印象となります。逆に胸が薄く骨ばっていると針金ハンガーに吊るしたような外見になります。 特に薄手のタートルネックは体型が顕著に現れるので、胸肩の周辺の肉付きが少ないとシワが寄るなどしてサイズが合っていないようにも見えます。そしてこれが、体脂肪率が低い若者さんにありがちな似合わない原因となります。 解決方法としては筋肉を付ければ良いのですが、特にトレーニングをしなくても加齢で自然に贅肉が付いてきます。そういった理由から、若い頃より体重が増えた40代メンズの方々に向いたウエアと言えるわけでございます。 いずれにしてもタートルネックはデザインによっては体型が強調されるので、体型に自信がある男性や女性が着るとスタイルが良く見えるウエアです。そして一般的にTシャツが似合わない体型の方は、タートルネックも似合わない傾向にあります。 【関連記事】 Costanza(コスタンザ)のタートルネックを購入しました McRitchieのタートルネック

UNITED ARROWSのニット イージーパンツを購入しました

イメージ
カシミア素材のスウエットパーカーとジョガー パンツは、セレブ様の冬の普段着でございます(上下セットで約20万円)。それらは部屋着と外出着を兼用しており、ご近所の青山などへはハイブランドのスニーカーとトレンチコートを合わせて外出されます(特に女性)。 起毛素材のパーカーやジョガー パンツはコットン素材より保温性に優れ、軽量で動きやすいことに加えて外観がエレガンテであります。その反面、毛玉ができやすくて洗濯が少々面倒ですがセレブ様には問題とはなりません。 そして、そんなにイイのなら試してみようかと起毛素材のジョガー パンツを探しておりました。しかしカシミア混であっても5万円前後とお高く、加えて起毛素材のメンズ パンツは少ないので気長に探していました。 そして先日、40%オフのセールとなっていたUNITED ARROWSのイージーパンツを店舗で購入いたしました(定価22,000円)。これは同ブランドのオリジナルで、組成はウール(27%)レーヨン(25%)ナイロン(25%)タヌキの毛(18%)アンゴラ(5%)となっております。 このパンツはM・Lサイズ&ブラック・グレーの展開です。また同じ素材のパーカーもラインナップされています。普段EU46サイズの私はMサイズがジャストでしたが、家の中で履くことも考慮してウエストが緩めのLを購入しました。 加えて部屋着と外着を兼用しているので、汚れが目立ちにくいブラックを選択しました。外着としての用途であればグレーのほうが使いやすいと思います。ちなみにMとLの違いは主にウエストを含む腰回りで、長さに顕著な違いは無い印象です。 ウエストはゴム+紐で、ゴムはそれほどキツくありません。またフロントは開かない仕様です。 2ポケットで後ろにポケットはありません。仮に後ろにポケットがあったとしても、財布などを入れるとかなり垂れ下がって見栄えが悪化すると思われます。 ルーム スリッパとの相性も抜群であります。屋外では素肌にウールマフラーを巻いているような感触で、屋内では眠気を誘う暖かさです。そして何だかセレブ様のお気持ちが理解できたような気がするパンツでございます。 パンツ <UNITED ARROWS> ニット イージーパンツ posted with カエレバ ZOZOTOWN PayPayモール店

40代メンズ向けスウエット パーカーのコーディネートのヒント

イメージ
オシャレ着としてのスウエット パーカーは中級者以上向けの難しいアイテムでございます。例えば腹部にポケットのあるタイプは腹部が出て見えますし、袖丈や着丈が長いとだらしなく見えてしまいます。そして40代メンズの皆様の場合はヒップホップおじさんとなる危険性がございます。 したがって体型が隠れるようなオーバー サイズのスウエット パーカーでは無く、可能な限り体にフィットしたサイズを選択する必要があります。そしてその場合は着心地が多少窮屈になることが避けられません。 パーカー単体で着用する場合は上記のように腕まくりをして、さらに手首にアクセサリーを付けると男性らしさを強調することができます。参考までにアメリカではトレーナーやパーカーを腕まくりするのはよく見かける着こなし方法です。 中級者以上の方であれば、お持ちの白デニムと組み合わせるとアメリカン スタイルから脱却することができます。また革ブーツは汎用性が高いので、スウエット パーカーと組み合わせることも可能です。 トレンチ コートやナイロン素材コートとの組み合わせは昔から見かけるスタイルですが、劇的にカッコ良くなることはありません。加えてスウエット パーカーは首元が開いているので、真冬は首元から寒さを感じる場合もあります。 ウールコートとの組み合わせはトレンチコートなどと違って合わせやすい印象です。特に大きめのサイズ感のウールコートは、厚手のスウエット パーカーであっても動きがそれほど制限されません。 コットン パーカーより軽量で、40代の方々でも使いやすいのがニット パーカーです。ただしこれもオーバーサイズは避け、体にジャストフィットするシルエットを選択することが重要です。 タートルネックを着こなせる方であれば違和感無く着用することが可能であり、ウール素材の場合は冬季に適した外観となります。加えてウール素材のパンツとの相性も良い感じです。 海外スナップではスウエット パーカーとライダースジャケットの組み合わせは見かけますが、ニット パーカーとの組み合わせはあまり見かけません。上級者向けのスタイルではありますが、これも悪くないと思います。 ニット パーカーは、ウール コートと問題無く合わせることができます。セーター類と合わせる場合と大差はありませんが、ニットパーカーのほうが
© 2022 やさぐれスタイリスト:ファッション誌で当ブログの内容を流用することはご遠慮ください