投稿

2014年のローマ旅行まとめ (2/2)

イメージ
2014年8月のローマは前回の2月の雨まみれとは違って日差がとてつもなく強く、砂漠に近い直射日光でございました。とは言っても湿度が低いので日陰は涼しく、朝晩は20度を下回ることもあって日本の夏よりは過ごしやすい感じでした。

この時期のローマ市内は観光客一色となっておりまして、現地の方々は夏季休暇中であまり見かけません。また市内の地域によっては商店のほとんどが夏季閉店している場合もあります。お買い物に関しては元々のお値段が安い夏季のセール品はお得感は少ないのですが、それでも良い商品を見つけることはできました。


宿泊はミルトン ローマにいたしました。同ホテルは4つ星で、地下鉄Manzoni駅のすぐ近くに位置しています。建物は昔の修道院を改造しており、各部屋は修道女が利用していた模様です。宿泊費はクラシック ダブルルームをシングル ユースにして6泊で498ユーロでした。これにはホテルの朝食や18ユーロの税金も含まれています。

Hotel Milton Rome | Official website | Hotel near Colosseum
このホテルには朝食を提供するダイニングはあるものの、何故か同じ場所で夕食は提供されておりません。その旨をホテルのスタッフに尋ねると、ホテルに隣接しているBistro' al 133をオススメしているとのことでした。

Bistrò al 133
最終的にこのレストランで5回夕食をいただきました。その5回すべてはToday's Specialのニョッキでしたが、毎回味付けは異なっていました。お値段は料理が12ユーロでグラスワインが5ユーロでした。


味付けは日本で食べるイタリア料理とほぼ同じです。私は毎回お店の前に出ているテーブル席で食べましたが、夕方のローマで道路を眺めながら夕食を食べるのも風情がありました。ちなみに日本語は通じませんが、店長のマッシモおじさんとその息子さんは英語が通じます。


ローマ市は地形的に低い場所に位置しており、トレビの泉に見られるように水資源が豊富な街であります。上記のNasoni(鼻)と呼ばれる水飲み場はローマ市内の幹線道路などに数多く存在しています。そして飲料水でもあるので、旅行者の方々も利用しております。


水の出口はパイプを曲げて途中に穴を開けた100年以上前のシンプルなデザインです。ローマ…

2014年のローマ旅行まとめ(1/2)

イメージ
2020年4月現在においてコロナウィルスはイタリアにおいて猛威をふるっております。そしてこの脅威がイタリアのみならず全世界において沈静化することを願うばかりでございます。私がローマ市を最初に訪れたのは、料理研究家のベリッシモ・フランチェスコ氏のご招待で2014年の2月のことでありました。そして同年8月にも再びご招待していただきました。

料理研究家ベリッシモ・フランチェスコ オフィシャルブログ Powered by Ameba
それまでの私は英語圏の旅行が多く、ヨーロッパ大陸の旅行は初めてでした。そしてこの旅行中はイタリア語がまったく理解できなかったので英語で通したのですが、やはり現地の方々との会話は現地語のほうが楽しそうに見えたので帰国後にイタリア語の勉強を始めた次第です。

またこれを機会にローマ旅行も含めて過去の旅行記も新たに写真を加えて加筆や訂正をしてまとめることにしました。そうした理由から記事のボリュームが大きくなるので今回の旅行記は2分割としました。ご自宅や職場における暇つぶしにでもご覧になっていただければ幸いでございます。


2014年2月のローマは近年稀に見る長雨によって滞在中は路面が乾くことが一度もありませんでした。イタリアのファッションは北部のミラノやフィレンツェあたりが有名ですが、当時は氏の地元であるローマ市内および近郊のアウトレットなどを5日間にわたって巡りました。

ローマ市内においてはスリ多発地帯ということで身構えていたわけですが、氏と同行しているせいか地下鉄も観光地も特に危険な目に遭ったり、またその兆候のようなものにも遭遇しませんでした。とは言うものの、常にある程度の緊張感は保つ必要はありました。


初めてのイタリア式の朝食です。当時はこれがイタリア式とは知らず、毎朝続いたので食傷気味でした。また氏と同行して現地の方々とお会いする関係で、エスプレッソは毎日5~6杯は欠かさず飲むことになりました。


ローマ市内で氏が懇意にされている有名レストランのディーナーにご招待していただきました。夕食は午後8時から開店するレストランでしたが、8時の時点では私達を含めて2テーブルしか埋まっていませんでした。イタリア人の夕食は遅く始まって長いということを実感いたしました。


ワインを飲みながら前菜から始まって1時間後くらいにカルボナーラの登場でございます。かなり濃い…

ネイビー シャツはコーディネートのゲームチェンジャー

イメージ
長袖シャツに限らずTシャツやポロシャツは、体型が細い若者さんたちには単体で着こなしが難しい面があります。それの最も大きな原因は衣服が適切にフィットせず、針金ハンガーに掛けたような外見となるためです。その逆にトレーナーやパーカーなどは加齢の体重増加などで似合わなくなる傾向があります。

長袖シャツはジャケット+パンツ スタイルにおいて重要なアイテムとなるので、柄物を購入する前に無地の白シャツを揃える必要があります。その場合はネクタイ無しで第1ボタンを開ける前提で、少々キツめサイズ感がよろしいかと思います。

特にヨーロピアン スタイルのシャツは胸ポケットが無く、シルエットがタイトなこともあってドレッシーな印象になります。またボタンダウンシャツなどと違い、カジュアル感が薄いのでジャケット無しでもあまりドレスダウンしたようには見えません。そのなかでもネイビー シャツは海外で良く見かけるアイテムでございます。


ネイビー シャツはブラック シャツより使いやすい反面、シャツが目立ちやすいので合わせるジャケットが限られます。例えば茶系または同系色のブルーなどのジャケットは合うのですが、白や黒は難しい印象です。

この投稿をInstagramで見る MNSWR(@mnswrmagazine)がシェアした投稿 - 2018年 4月月20日午前10時30分PDT
国内ではあまり人気が無いネイビー シャツですが、白パンツとの組み合わせは海外でも玄人さん向けコーディネートとして人気があるようです。もし白パンツをお持ちの方であれば、ネイビー シャツと組み合わせることによってスタイルが劇的に変化するかもしれません。

【関連記事】Catarisano(カタリザーノ)のネイビー シャツ
BOGLIOLIのタバコ色カジュアル スーツ
PT05(ピーティーゼロチンクエ)のスリム パンツ

投稿総数:

このブログを検索

連絡フォーム

名前

メール *

メッセージ *