投稿

メンズ ファッションメディアが語ることは無い実用性

イメージ
お客様、いくら雑誌が褒め称えた車であっても購入するときは試乗するでしょう?服も同じで情報を丸呑みにしてはいけません。雑誌で紹介しているカッコ良い服なんて、記事の執筆者は服に腕も足も通していませんよ。 オシャレなビジネススタイルなんて言っているのは日本人だけです。仕事着とオシャレ着は別です。仮にそれをやるならスーツとネクタイの組み合わせとか小手先のお話じゃなくて、体型に合ったスーツから考える必要があります。 ラルディーニのスーツをお仕事用ですかぁ?イタリアの生地は弱いですし縫製も甘いですよ。お客様のように営業用スーツをお探しの方には向かないと思います。それならイタリアン デザインの日本製生地のオーダースーツにしましょう。同じご予算で予備のパンツも追加できますし。 キートンのネクタイは長いのでお客様のプレーンノットの結び方だとベルトのかなり下まで……でもお好きなんですね、承知しました。セッテピエゲなんて外見からはわかりせんし、芯地が入っていないと結び目が極細になりすぎます。 ジャガールクルトは良い時計ですよ、でもとりあえずオーバーホール代金も聞いてみましょう……ローレックスだと8万円もかかったりするんで。雑誌じゃオーバーホール代金なんか一切触れませんし……あ、でも売るときはオーバーホールの有無は買取価格にあまり関係ないです。 雑誌で見た黒ジーンズですかぁ?合わせにくいですよぉ?女性受け悪いですし。ちなみにどんなベルトお持ちですか?ジーンズとベルトはセットで考えないとスタイルが決まらないので、まずはベルトを探しに行きましょう。 えー!ミリタリー ジャケットですか?いやいや東洋人にミリタリー アイテムは似合いませんって。しかもお客様のような細い体型で白い肌ですと余計不自然です。それにカモフラージュ柄は地味な柄なんですぐに飽きて着なくなります。 お仕事用に革底の靴ですか?雨の日とか滑って危ないですよ。とりあえずダイナイトとかビブラムソールをオススメしますが……。いやー、どんなにカッコ良い革靴でもクレープソールはゴミとか巻き込んで見た目が汚くなるのであまりオススメは……。

テーラードジャケット&スニーカーのコーディネート【写真】

イメージ
テーラードジャケットとスニーカーの相性は革靴ほど良くありません。またコットン素材のテーラードジャケットのほうがスニーカーと合わせ易い傾向がございます。そしてパンツの裾幅を18㎝以内にすると足元のモッサリ感を解消することができます。 ちなみに柄が入ったスニーカーとジャケットを合わせる場合、トータルコーディネートの色数を絞ったほうがエレガンテな外観となります。さらに柄物ジャケットやストライプシャツなども避けたほうが無難です。 スタンスミスなどの汎用性が高い白スニーカーは、大きく外れることが無いので試しやすいと思います。一般的に白スニーカーは、薄い色のウエアと合わせると失敗が少ない印象です。 巷では茶色の革スニーカーをスーツやテーラードジャケットと合わせるコーディネートを時折見かけますが、そこまでしてスニーカーにこだわる必要性はありません。茶色や黒色のスニーカーを使うのであれば、同じ色の革靴のほうが簡単です。 青や赤あるいはゴールドのスニーカーなどは高難易度となります。それらは基本的にテーラードジャケットと合わせにくいのですが、同系色を組み合わせたりシルエットを絞ればある程度は何とかなるかもしれません。 インソールが薄くかかとが低いスニーカーは、着丈の長いテーラードジャケットと合わせると足が短く見える場合があるので注意が必要です。逆に上記のようなシャツジャケットは、底が薄いスニーカーのほうが軽快感が出ると思われます。 【関連記事】 ATLANTIC STARSのイタリア国旗スニーカーを購入しました VIA VOLTA FLORENCEのボア付きスニーカーを購入しました Atlantic Starsのスニーカーを海外通販で購入しました SUPERGA(スペルガ)のイタリア国旗スニーカー

結局のところシャツのカラーキーパーは必要なのか?

イメージ
シャツの襟に挿入されているカラーキーパー(カラーステイ)は、襟の先端を直線的に保つ役目があります。そしてカラーキーパー無しの場合、上記のようにジャケットの襟でシャツの襟が折れ曲がったりジャケットの外に飛び出ることもあります。 したがってスーツ スタイルの場合はカラーキーパーがあったほうが良いのですが、襟の形状によってはカラーキーパーが入っていてもジャケットから襟の先端が飛び出ることもあります。しかしそれを避けるためにボタンダウンシャツを着るのはエレガンテとは言えません。 私も上記のように様々な材質や形状のカラーキーパーを試してみましたが、どれであっても大差は無いと考えております。ただし金属などの固いものは首にストレスが加わって疲れる場合があります。 しかしネクタイを外したジャケット&パンツ スタイルやシャツ単体のスタイルの場合は襟の形状が崩れやすいので、それを気にされる方は上記のようなカラーキーパーが有効かもしれません。 このカラーキーパーはSlick Collar(スリックカラー)と呼ばれ、2017年から販売が開始されましたが国内に販売代理店は存在しません。私はEbayで約20ドル(2,200円)で購入いたしましたが、日本のアマゾンにおいては割高な印象は否めません。 いずれにしてもカラーキーパーはそこまでこだわるアイテムでも無いので、購入時に入っていればそれをそのまま使用すれば良いと思います。それでもシャツ襟先端の飛び出しなどが気になるようであれば、セミワイドスプレッドなどの襟の形状を選択されるとよろしいかと存じます。