投稿

Coroglio(コロリオ)のテーラードジャケットを購入しました

イメージ
Coroglioは近年イタリア製パンツブランドとして取り扱いショップが増えているENTRE AMIS(アントレ アミ)の派生ブランドでございます。そしてコロリオはパンツのみならずテーラードジャケットやスーツも展開しております。 しかし昨今のコロナ禍の影響によって店頭で見かけることが少ないのが現状です。
今回購入したテーラードジャケットはストレッチ素材のコーデュロイ ダブルブレスト仕様です。着用感はタイトですが、ストレッチが効いているので特に問題はありません。しかしお腹が出ている場合は厳しいかもしれません。袖の長さはイタリア仕様ですが日本人でもギリギリ大丈夫といった印象です。
袖ボタンは本切羽風味であり、4個のうち2個は外から隠れて見えません。またボタン穴は見せかけなので実際に使用することはできません。しかし外側から見ると2個のボタンを外した本切羽仕様の見た目となっています。
参考までに同ブランドのテーラードジャケットやスーツはイタリア製ながら比較的低価格帯であり、このジャケットの定価も5万円台となっております。そして外観も定価よりは高そうに見えることもあって最近気になっているブランドでございます。

40代ファッションは姿勢や歩き方によっても印象が変わります

イメージ
男女共通で姿勢が悪い方のスタイリングは困難でございます。それは衣服そのものが直立姿勢を前提にデザインされているので、当然と言えば当然であります。とは言っても気が付かれない方々も数多くいらっしゃいます。
一般的に姿勢が悪いと体にジャストフィットしたウエアは動きにくくなるので、大きめのサイズを選ぶ傾向が多くなると思われます。そして適正サイズより大きいサイズ感では、どうやってもスタイリッシュに見せることは不可能なのであります。

また姿勢の悪さは体重には関係なく発生するようです。特に猫背は40代の皆様にとって老けて見える要因となります。恒常的に重い荷物を持ち運ぶ方々は姿勢が悪くても仕方がありませんが、可能であれば矯正したほうが服装が似合うようになります。
参考までに猫背はベンチプレスやチェストプレス運動によって胸が開くので、ある程度は矯正することは可能です。しかしジムに行けない場合、ご自宅での腕立て伏せでも代替え運動として有効です。
その場合は以下のようなプッシュアップ バーを使うと可動域が広がるので効果的です。目安としては1回3秒・毎日10回程度で、完全に腕と背中を伸ばしきることが重要です。そして高負荷をかける必要は無いので、膝をついても大丈夫です(男女共通)。

猫背の矯正は歩き方の矯正にもつながります。胸を張って顎を引いた上半身の姿勢を維持することにより、大股でカツカツ歩けるようになります。特に女性の場合は歩き方で印象が大きく変化するので試す価値はあります。
ちなみにスポーツ選手がスーツを着るとカッコ良く見えるのは筋肉質の体型が要因でもありますが、彼らの胸を張った直立姿勢が綺麗だからです。そして姿勢が悪いスポーツ選手というのもあまり聞いたことはありません。

冬の茶と白のメンズ コーディネートはアイテムの質感が重要

イメージ
茶と白は秋から冬にかけて見かける組み合わせであります。また男女共通で失敗することが少ない組み合わせでもあり、どちらかといえば男性より女性のほうがお似合いのコーディネートでございます。
茶や白の色の濃淡にもよって印象は多少異なりますが、白シャツや白ニットウエアと組み合わせればそれなりの外観となります。 ただし余計な色や柄物をあまり加えずに単色で組み合わせたほうがスッキリとしたスタイルとなります。
とは言いましても茶色のメンズウエアは黒色と比較してそれほど人気がありません。例えば茶色のトレンチコートはビジネス用途が多いので、オシャレ アイテムといった位置づけではありません。また一般的に販売されているチノパンも、カジュアル色が強すぎてエレガンテとは言えません。

さらに冬季スタイルの場合、平織りのコットン素材よりフランネル(起毛)素材のような柔らかくて温かい外見のアイテムが必要となります。上記の写真はコットンパンツですが、冬には少々寒々しい印象となります。同様にトレンチコートよりはウールコートのほうが冬に向いていると思います。
なかでもパンツの役割は重要であり、フランネル・ベルベット・コーデュロイなどの素材を使用した茶パンツは単体でもスタイルアップする可能性を秘めております。そして最終的に全体の質感を合わせることでスタイルが完成するわけであります。
【関連記事】BOGLIOLIのベルベット ダブルブレスト ジャケットを購入しました
Care Labelのウエスタン ホワイト デニムシャツを購入しました
ダニエレ アレッサンドリーニのベルベットパンツを購入しました

このブログを検索

連絡フォーム

名前

メール *

メッセージ *