投稿

メア・オブ・イーストタウンはアメリカの現代を映し出す物語

イメージ
メア・オブ・イーストタウン / ある殺人事件の真実 はケイト・ウィンスレット氏主演のサスペンス ドラマでございます(全7話:2021年)。そして私が同氏を映像で拝見するのは映画タイタニック(1997年)以来であり、そのイメージはこの作品では大きく変わっています。 現代のアメリカはドラッグ・銃器・貧困の三拍子が揃った経済大国となっております。特にアメリカ単体で全世界市場の3分の1を占めるとも言われるドラッグは、貧困と結びつく最悪の事態となっています。そして3億丁存在する銃器の多くは、自国民に向けられているのが現状です。 この作品はアメリカ東部のペンシルベニア州フィラデルフィア市近郊の田舎町が舞台となっています。ちなみに映画ロッキーでシルベスター・スタローン氏が階段を駆け上がるシーンで有名な同市は犯罪発生率が非常に高く、上記は決して近寄ってはいけない市の中心部とのことです。 本作品は警察官であるメア(ケイト・ウィンスレット)が町で起こった殺人事件を担当する物語です。そして登場キャラクターは家庭事情を抱えており、それらは第1話で展開されるので注意をして見たほうが良いかもしれません。 またメアは日常的に町の住人トラブルも担当しており、これは典型的なアメリカの田舎町の警察官のお仕事といった印象です。メアはそれらのトラブルに振り回されながらも容疑者を探すわけですが、総じて物語の展開のテンポも良いと思います。 それにしもアメリカのドラマや映画を見て毎回感じるのは、アメリカの食生活の貧しさであります。彼らは日本のように毎日食事を作る習慣が無いのは理解できますが、少しでも美味しい料理を作れば家庭内の喧嘩も減るのではないかと思う今日この頃です。

40代向けジャストサイズのシャツジャケットのコーディネート

イメージ
シャツジャケットやワークシャツあるいはCPOシャツなどと呼ばれるアウターは、秋や春に活躍するカジュアル アイテムです。特にテーラードジャケットとは異なり、サイドポケットがあるものは手や物を入れることができるので便利であります。 一方でそれらの多くは作業着から派生しているので、エレガンテに着こなすことが難しい印象です。しかしその特性を活かせば休日にお子様とご一緒の公園などで、他のご父兄の方々の視線を集めることも可能でございます。 一般的に体型にかかわらず40代以上の方々は、細く見えるウエアのほうがお似合いです。逆にビックシルエットのウエアは若者さん向けであり、40代の方々がそれらを着るとヒップホップおじさん風味となる危険性があります。 シャツジャケットは前ボタンを外して着こなせるので、着心地がタイトであっても問題はありません。そして単調なコーディネートを嫌うのであれば、キャラクター デザインTシャツなどを組み合わせると良いと思います。 シャツジャケットと白デニム+ローファーの組み合わせは少ないですが、イタリアン スタイルと呼べるかもしれません。Tシャツはインでもアウトでも良いのですが、腕まくりをする場合はアクセサリ類を多めに付けると玄人風味となります。 色彩としてはブラウン・ネイビー・ホワイトの3色を組み合わせることにより、オシャレ度が上がるかと思います。しかしグリーンはシャツ限定で、ブラックは合わせにくい色なので避けたほうがよろしいかと存じます。 【関連記事】 NINE:INTHE:MORNINGのグリーン ワークシャツを購入しました NINE:INTHE:MORNINGのネイビー ワークシャツを購入しました NINE:INTHE:MORNINGのパンツを購入しました

イタリア製メンズパンツは後ろからも綺麗に見える

イメージ
世界広しと言えどもパンツ専業ブランドが複数存在するのはイタリアのみでございます。その最も大きな理由は、イタリアがお尻の国であることに他なりません。彼らにとってのお尻は非常に重要なボディーパーツなのであります。 ファッション メディアでは美脚パンツと解説されていますが、イタリア製パンツの本質は後ろから見てもシルエットが綺麗なことにあります。それにもかかわらず前から見ただけで美脚と解説するのは、パンツを実際に履いていないのも同然であります。 イタリア製のパンツはテーラードジャケットと同様に立体的であり、お尻を包み込むようなデザインを多く見かけます。さらに先端に向かって細くなるテーパード デザインなので、足が長く見える効果もあります。 その反面でカッコ良さと履きやすさはトレードオフの関係であり、全般的にイタリア製パンツの履き心地は良くありません。フロントのボタンも簡単にほつれて取れますし、薄青や緑色のパンツは経年で変色したりします。 一方で履き心地が楽なものの、平面的なデザインでお尻が垂れて見えるのはアメリカ製のジーンズやパンツでございます。加えてそれらは背後の外観が考慮されていないので、シニア スタイルに見える危険性があります。 そして履き心地が楽な太めのパンツはテーラードジャケットと合わせにくい傾向があるので、汎用性を考慮すると多少サイズに無理があっても細めのイタリア製パンツに軍配が上がります。特に平面的な細い体型の方に太めのパンツは、体型が強調されるので注意が必要です。 ちなみに白ジーンズはイタリア製がベストであると思われます。アメリカは肥満体型が多く、白ジーンズは膨張して見えることもあって重要視されていません。逆にイタリアにおいては、白パンツが重要なメンズアイテムとなっております。 イタリア製の短パン(ショーツ)は、長いパンツのデザインや素材がそのまま継承されていることもあります。上記のパンツもそのひとつで、履いていて楽なリゾート仕様とおもいきや腰回りはタイトでローライズのデザインです。 いずれにしてもある程度コーディネートの組み合わせ数を確保するためには、最低でも10本のパンツは必要となります。すべてをイタリア製にする必要はありませんが、ブルージーンズとチノパンのそれぞれ1本をイタリア製とすれば一段とオシャレ度が上がるかと

40代メンズ向けグレー ウールパンツの着こなし方法【写真】

イメージ
グレーパンツに限らずウール素材パンツは、カッコ良く見せるのが難しい部類に入ります。コットン素材であればジーンズと同様のコーディネートが可能であっても、ウール素材は質感が異なるので合わせるアイテムが限られます。 そして40代の方々が夏季にウール素材グレーパンツをお召しになると、体育部顧問の教師スタイルとなることもあります。しかしグレーパンツは他のアイテムと素材感を合わせることにより、40代メンズ向けの有効アイテムとなり得ます。 ただしパンツのシルエットが非常に重要であり、履き心地を重視している量産品は高確率で失敗いたします。逆に上記のようなデザイン性重視のイタリア製パンツは、履き心地はいまひとつですがグレー パンツの概念を変えるものと思われます。 クールビズでも使用可能なサマーウール素材は、コットンシャツと合わせるのが一般的です。ただし白よりは青や薄ピンクのほうがオシャレに見えます。加えてベルトなどアクセサリ類を変えることによってカジュアル感を演出することができます。 同じくTシャツを合わせる場合はニット素材の質感がマッチする印象です。Tシャツの色は、純白以外であれば多くの色と合わせられる可能性があります。一方でコットン素材のTシャツは、サマーウール素材と相性が良くない感じです。 鹿の子素材ポロシャツもサマーウール素材パンツと質感が合います。上記のようなカラフルなポロシャツであれば、ゴルフ スタイルとしても良いかもしれません。ただし上下ともジャストフィット サイズなので動きやすさは犠牲になります。 秋冬向けのフランネル素材はタートルネックとの相性が大変良く、テキトーに合わせても失敗する確率は低いと思われます。ただしこの場合も裾幅18㎝以下の細身のデザインのパンツが望ましく、ビッグシルエットは避けたほうが無難です。 冬向けウール素材のテーラードジャケットはフランネル素材のグレーパンツと相性抜群です。上記のようなスタイルは高身長の若者さんもお似合いですが、40代の方々であれば身長などの体型に関係なくエレガンテに見えるかと存じます。 【関連記事】 NINE:INTHE:MORNINGのグレーパンツを購入しました EREDIRIDELLIのフランネル パンツを購入しました VIGANOのウール フランネル パンツを購入しました
© 2021 やさぐれスタイリスト:ファッション誌で当ブログの内容を流用することはご遠慮ください