投稿

冬のメンズ カジュアル スタイルは3枚の重ね着で乗り切る

イメージ
カジュアル スタイリングにおける重ね着は難易度が高く、重ねる枚数を少なくしたほうが外観が向上する傾向があります。それはまた実用面において、動きやすさや服の脱ぎ着にも影響します。 また地下街を歩いたり地下鉄などで移動する機会が多い場合、その場所における温度も考慮したスタイルが必要です。それは東京などの冬でも温暖な地域では、本気の防寒対策をすると屋内で暑すぎる結果となるからです。 私のカジュアルスタイルにおける上半身の重ね着は、春・秋は2~3枚、夏は1枚、冬は3枚といった感じになっております。なかでも冬は長袖の肌着+ニットウエア+アウターの3枚で過ごしております。 ウィンター スタイルにおいては上下をウール素材で揃えると実用性が高く、スタイリングも容易です。特にウール素材パンツは必須アイテムであり、チノパンなどのコットン素材パンツは寒々しいので避けたほうが無難です。 トップスは厚手のセーターが使いやすく、首が寒い場合はスカーフを巻いたりタートルネックを着用すると良いと思います。この場合もまた、コットン素材のスウエットなどはストリート スタイル感が強いのであまりオススメできません。 個人的な試行錯誤の結果としてはダウンジャケットは、薄手のタートルネックとの組み合わせが最も使いやすい印象です。このスタイルは気温が低い屋外と暖房が効いた屋内の両方に対応し、長袖シャツよりはエレガンテな外観になります。 その一方で体型の薄い方々に人気があるトラッド風のジャケパン スタイルは厚着になりがちです。特に長袖シャツとテーラードジャケットは防寒性能が低いので、どちらかを使うと最低でも4枚の重ね着が必要になります。 そもそも冬のカジュアル スタイルに長袖シャツ(特にドレスシャツ)とテーラードジャケットは必要ありません。長袖シャツは寒いからといって薄手のセーターを着用すると、肌着と合わせてそれだけで3枚になります。 さらにセーターを着るのであれば、長袖シャツは襟しか見えないのでスタイリングにおける意味がありません。かと言ってセーターから長袖シャツの裾を出して見せると、絶滅した昭和スタイルが完成してしまいます。 テーラードジャケットも単体では寒いので、その上からコートを着用する必要があります。そしてコートをテーラードジャケットの代用とすると、コートを脱

ストリート スナップでは太陽が眩しいのでサングラスを使います

イメージ
私が常にサングラスを着用しているのは概ねファッション目的ではありますが、撮影時の眩しい顔の表情を防ぐ効果があるからです。とは言ってもサングラスに関する知識も必要なので、それも踏まえて全身のスタイリングも考えています。 一般的に昼間の屋外の撮影では太陽は前方にあるので、裸眼では目を細めないと眩しく感じます。すると頬の筋肉も上がるので、普段とは違った表情になります。その表情はしかめっ面に近いものがあり、場合によってはブサイクと言われることもあります。 一方でサングラスを着用すると目を開けることができるので、普段の表情に近くなります。またポージングを維持している間も、眩しさをあまり感じないので苦痛ではありません(太陽光線が直接目に入り続けるのは結構苦痛)。 それでもサングラスで目は隠れるので普段の顔ではありませんが、少なくとも眩しそうな表情よりはマシであります。またサングラスの種類を変えることにより、顔の印象も変化させることができます。 ちなみにストリート スナップは服装を見せるための写真と勘違いされている方もいらっしゃいますが、背景や撮影場所も重要な要素です。そして全身撮影が前提なので、顔も入れないと写真の魅力が半減します。 その観点からも裸眼よりサングラスをかける利点のほうが上回ります。しかしサングラスは実際に服装に合わせてみないとわからない部分もあります。したがってサングラス単体で紹介している情報はあまり参考になりません。 いずれにしても日本はサングラスに対して根強い偏見があるので、現時点においてサングラスの着用が急激に普及するとは思えません。しかしながら晴天の日はサングラスを着用すると目が楽なので、そこから始められてもよろしいかと存じます。 【関連記事】 サングラスは眉毛が隠れるデザインが良いと言う謎ルール

ニット ウエアはどーしても大人に必要なウィンター アイテム

イメージ
タートルネックやセーターはウィンター カジュアル スタイルにおいて重要なアイテムでございます。特に40代の皆様がオシャレを目指す場合、それらは避けては通れない道でもあります。しかしながら国内における普及率は今ひとつといった感じです。 その理由のひとつとして「チクチクする」といったものがあります。実際のところ、ひと昔前のようにチクチクして不快なニットウエアはかなり少数です。加えて最初はチクチクしたとしても、着用しているうちに慣れます。 それは冬に街で見かける多くの女性が、タートルネックなどのニットウエアを着用していることもで証明できます。そして「チクチクして嫌い」と着用を避けている方で、スタイリッシュな方はあまりお見かけしません。 また長袖シャツの上にセーターを着るといった過去のスタイリング方法も変化し、現代では長袖肌着の上に直接セーターを着用する手法も増えています。特にタートルネックは保温性に優れているので、肌着と2枚の組み合わせでも防寒性は確保できます。 ウールコート+タートルネックは最も容易で実用性も高い組み合わせです。厚手の素材のタートルネックであれば防寒性も高く、10℃以下の外気温でも対応できる場合がありす。また一撃でスタイリッシュな外観に変化させることも可能です。 ウールコート+セーターの組み合わせもタートルネックと同様です。しかし首部分が寒いので、気温が低い場合はマフラーやスカーフを巻くと良いと思います。むしろ巻物を使う場合はタートルネックよりセーターのほうが首部分がスッキリして見えます。 中綿ジャケットなどのライトダウンジャケットは、首が露出すると安っぽく見える傾向があります。またそれらのジャケットは防寒性も高くないので、厚手のタートルネックと合わせる方法などが有効かと思います。 ダウンジャケットは薄手のタートルネックと合わせることをオススメします。特にフロントジッパーを開けたときのスタイルが、他のどのインナーよりエレガンテな外観になります。そしてなにより首の脂分が付着しないので、首周りの汚れや劣化を防ぐことができます。 ちなみにダウンジャケット+長袖シャツ+ジーンズ+スニーカーの組み合わせは、イケていない部類のアメリカン スタイルなので40代の方々は避けたほうが無難です。特にチェック柄などの柄物シャツは、シニ

冬限定のグレー(灰)×レッド(赤)のメンズ コーディネート

イメージ
先日購入したレッド セーターは、その前に購入したヘリンボーン コートに合わせるためのものでした。無論それぞれ単体でも着用可能ではありますが、どーしてもグレーのウール コートとレッド セーターの組み合わせを試したかったのでございます。 一般的にレッド アイテムはメンズ ファッションでは取り扱いが難しく、帽子・マフラー・靴下などの小物で使われる程度です。私も過去にレッド パンツやレッド シャツなどを試したこともありましたが、それらは目立ちはしてもカッコ良く見せることが困難でした。 それでもセーターであればなんとかなりそうな気がしたので、レッド セーターを購入いたしました。そしてそれに合わせるアウターとして、グレーのウールコートを事前に想定していました。 そして先日初めて試したのが上記のコーディネート写真です。カジュアル スタイルのメンズ ファッションにおいてグレーとレッドの組み合わせはほとんど見ないので、ある意味新鮮と言えるかもしれません。 評価は分かれるとは思いますが、グレーとレッドの相性はそれほど悪くはない印象です。とりわけキラキラ成分の減少がはじまる50代以上の男性の場合、派手めの差し色を有効活用すると華やかな外観になります。 またこのコーディネートはコートを脱ぐと突然と目を引くので、オシャレなレストランでのお食事や、高級ホテルにおける催し物会場を訪れる際などに有効な手法であると思われます。 【関連記事】 Saint Laurentのプルオーバー(セーター)を購入しました Dolce & Gabbana(ドルチェ&ガッバーナ)のウールコートを購入しました
当ブログの内容の流用はご遠慮ください

© 2023 やさぐれスタイリスト

過去記事

もっと見る