投稿

40代メンズの長袖シャツの裾は基本的にインをする【写真】

イメージ
長袖シャツの裾のイン・アウト問題は、日本のみならず欧米(特にアメリカ)においても様々な意見を見かけます。参考までに欧米においては長袖シャツの裾をアウトするスタイルは子供っぽく見られたり、だらしなく見られたりすることは避けられないという考え方で落ち着いているようです。

一般的にシャツの裾の形状が直線で着丈が短い場合はアウトすると定義されていますが、最終的には個人の嗜好のお話になる場合もあります。そして少なくとも現時点において多くの長袖シャツはインナー ウエアの範疇に属するので、パンツにインをすることを前提としたデザインになっております。

40代メンズの皆様に推奨されるテーラードジャケットやブルゾンを使ったスタイルでは、長袖シャツは必ずパンツにインをする必要があります。またシャツをアウトする着こなしはスーパー カジュアル スタイルとなるので、行く場所も同伴者のスタイルも限定されることになります。

結局のところドレスシャツは常にパンツにインをし、その他の場合は行き先やお出かけの目的やシャツのデザインに合わせてインとアウトを選択すれば良いと思います。ちなみにアメリカ人が大好きなボタンダウンシャツは、現地においてはインをしたスタイルが主流である模様です。


シャツ ジャケットはパンツからアウトすることを前提としたデザインです。インナーのTシャツなどはシャツのボタンを閉じると見えないので、パンツにインでもアウトでもOKです。


カプリシャツもアウトを前提としている夏のシャツです。ボタンが途中までしか無い上にシルエットが緩いので、裾をインすると清涼さが失われます。


スタンドカラー シャツはカジュアルなデザインであればアウトしても良いと思います。特にシルエットが緩い場合はアウトにしたほうが自然に見えます。このような夏向けのシャツは、アウトをしてもそれほど気にする必要はありません。


ドレスシャツはパンツにインをすることが前提となっています。デニムの場合はベルト無しでも許容範囲ですが、チノパンなどのカジュアル パンツの場合はベルトが必要になります。そしてベルトは外見を左右する重要なアイテムとなります。


リネンシャツはヨーロッパの夏リゾートスタイルなどで短パンと合わせる場合もあります。海辺では裾をアウトしてもそれなり見えますが、市街地では夏向けのパンツと合わせて裾をインしたほうがエレガン…

ウエスタン デニム シャツ&テーラードジャケットのコーディネート

イメージ
Location: Conrad Tokyo
国内におけるウエスタン デニム シャツはアウターとしての着こなしを良く見かけますが、欧米では通常のドレスシャツとして使われる場合もあるようです。なかでもサックスブルーは人気がある色でございます。

とは言いましてのサックスブルーは色合いが重要なポイントです。ウエスタンデニムシャツの場合は色が薄すぎたり、グラデーションやダメージ加工が施されているものはワイルドに見えすぎる傾向があります。したがって購入の際には妥協をしないほうが良いと思います。


この投稿をInstagramで見る
ᴛʜᴇ sᴀʀᴛᴏʀɪᴀʟ(@thesartorial.it)がシェアした投稿 - 2018年 7月月25日午前3時59分PDT
組み合わせるテーラードジャケットは、海外においてはベージュのダブルブレストが良く使われております。ちなみに同じ色のシングル ブレストも試しては見たものの、シャツの面積が広すぎてバランスが崩れる感じです。またネイビーのテーラードジャケットも合うと思います。

ボトムスはブルー ジーンズが最も合わせやすい感じです。コーディネートの注意点としてはテーラードジャケットでもスーツであっても、シャツの袖はジャケットの袖から出す必要があります。そして場合によってはシャツの袖ボタンを外し、外側に折り返す方法も有効であります。


男性が一撃で女性にモテるようになるアイテムは存在しない

イメージ
世の中ではモテるスーツ・モテる腕時計・モテるカバン・モテるサングラス・モテる自動車・モテる革ジャン……など女性にモテるアイテムだらけでございます。しかしモテたことがない男性はモテるアイテムを身につけたところでモテるようにはなりません。逆にモテる男性はモテるアイテムを身につけるとさらにモテます。そして当然のことながらりモテる要素はアイテムでは無くてご本人自身にあります。

まず女性の好みと男性の好みはまったくの別物であることを理解する必要がございます。男性側から見てカッコ良いと思うアイテムの多くは、女性から見るとそうでも無かったりします。男性ファッションにおいては、アメカジやミリタリー スタイルあるいはレザー ウエアは男性ウケしますが女性ウケはよろしくありません。プレッピーとかアイビーとかトラッドとかいうスタイルも、日本人男性が着ると子供っぽく見えたりするのでやはり女性ウケはそれほどでもありません。

男性誌などで「女性に褒められた」などの表現を見かけますが、実際には「接客業の女性に褒められた」と置き換えるほうが正しいと思います。また、女性が褒めたのはアイテムであって男性本人ではありません。残念ながら一般女性はメンズブランドにご興味は無く、男性がどんなに高級ブランドで着飾ったところで「オシャレですね~」の一言で終わりでございます。結局のところ、モテない男性がポン付けしてモテるようになる夢のようなアイテムは存在しないのでございます。

スーパーカーに乗ったところで一般女性にモテることはありませんが、お金目当てであればモテるとは思います。しかしスーパーカー乗りの皆様は単に車がお好きなだけなので、ファッション センスは悪いですし、デートで使うようなオシャレな場所も知りませんし、スポーツ カーはうるさい上に乗り心地も悪いですし、乗り降りが低いのでスカートの女性は気を使いますし、車高が低いので車からの景色も最悪で女性はロマンスのかけらすら感じることはありません。

高級腕時計は商品単価が高いのでモテるとかテキトーなことを言って宣伝をしております。しかし一般女性は男性用腕時計に興味もありませんし、話のきっかけ程度にしかなりませんし、ローレックスなんかチラ見されて終わりですし、腕時計の説明を始めるとドン引きされますし、金無垢時計は中国人と間違われますし、自動巻きはスマホより時間が狂う上…

Zanellatoのバッグ(ボンサック)を購入しました

イメージ
小旅行用の手持ちバッグが古くなったのでしばらく探していたのですが、なかなか価格とデザインの折り合いがつきませんでした。特にテーラード ジャケットと合わせるとなりますと、それなりの外見や素材やブランドなどにこだわる必要がありました。

そういった条件のなかでイタリアのブランドであるザネラートのバッグも候補に上がっておりました。とは言いましても同ブランドの代表的モデルであるポスティーナ(Postina)のメンズ モデルはサイズが大きく、そこまで入れる物も無く、底面積も大きめなので購入を躊躇しておりました。

ZANELLATO | ザネラート公式通販サイト
そして今年に入ってから同ブランドのADA Mと呼ばれるモデルが良さそうなのでネットで探していたところ、Yoox.comにおいて希望に合った商品があったので購入いたしました(送料無料:43,400円)。参考までにボンサック(Bon Sac:仏語、Good Bag:英語、Buona Borsa:伊語)とは縦長バッグの総称である模様です。

このモデルはリネン素材と皮革素材の2タイプが混在し、どちらの定価も税込み約82,000円といった謎の価格設定になっております。また約3年前に発表された新しいモデルではあるものの、海外を含む多くの通販サイトで見かけることがほとんど無いので生産が終了または停止している可能性があります。


このバッグはヌバックを使用した皮革モデルです。バッグのメイン エリアには上または横のジッパーからアクセスすることが可能です。内側にはジッパー開閉式のポケットおよびキー ストラップが内蔵されています。


横の大きなジッパーと反対側に設けられた小さいポケットは20cm近い深さがあり、財布やスマホなどは余裕で収納することができます。また長いストラップは左右を付け替えることにより、左掛けまたは右掛けに対応させることが可能です。


底部分は比較的しっかりと作られており、底部分が型崩れをすることは少ないと思われます。ただし肩掛けバッグは色移りと摩擦に注意する必要があります。特に起毛素材のジャケットやコートの場合、バッグと擦れることによって毛玉が発生することがあります。

ちなみに同ブランドのポスティーナに関しては、近年レディース モデルとして国際的な地位を確立しているようです。一方でメンズ モデル(主にLサイズ)がファッション誌…

40代メンズ向けの冬の重ね着スタイル

イメージ
Location: 金田さざなみ公園
冬季における重ね着スタイルはどちらかと言えば細い体型向きであり、中年太りをされていたりウエイト トレーニングをされている方々の場合は物理的に重ね着が不可能であったりします。また、国内における女性ウケはそれほどよろしくない模様です。

上記のスタイルは機能性下着+タートルネック+シャツ ジャケット+コートといった上半身4枚の重ね着です。そして組み合わせるアイテムの種類にも依存しますが、重くて動きにくいスタイルでもあります。防寒目的であればシャツ ジャケットの代わりにスカーフなどを利用したほうが遥かに楽です。

重ね着スタイルの難しい点は肩周りと腕にあります。この部分が太い場合、アウター ウェアを着たり脱いだりする際などに動きがかなり制限されます。そういった意味においては、上半身が薄い方々の体型隠しに向いたスタイルと言えるかもしれません。


この投稿をInstagramで見る
giampaolo(@giampaolo_alliata)がシェアした投稿 - 2020年 2月月6日午後11時16分PST
着こなし方法はチラ見せを含めてすべてのアイテムが外から見えないと重ね着の意味がありません。またボヤけたコーディネートを避けるため、柄物は無しあるいは1点に絞る必要があります。そしてコートの下には固い素材のコットン ブルゾンなどを着用するとイタリア風味となります。

参考までにヨーロッパなどにおいてはコート+デニム ブルゾン(Gジャン)の組み合わせが多い印象です。もしデニム ブルゾンをお持ちの方であれば、普段のデニム ブルゾンのスタイルの上にコートを着用するだけで劇的にスタイルが変わるかもしれません。

【関連記事】lafontのサングラスを購入しました
Gabriele Pasiniのウール コートを購入しました
NINE:INTHE:MORNINGのグリーン ワークシャツを購入しました
VIGANOのウール フランネル パンツを購入しました
VIA VOLTA FLORENCEのボア付きスニーカーを購入しました

投稿総数:

2012年~2019年の投稿

もっと見る

このブログを検索

連絡フォーム

名前

メール *

メッセージ *