投稿

三越・伊勢丹オンラインストア

ボディバッグとクロスボディバッグはどちらが正解なのか

イメージ
国内で見かける英語のBody Bag(ボディ バッグ)は、戦場において戦闘員の遺体を収納するバッグを意味します。そしてこの言葉は英語圏において周知されており、ファッション関係の用語として使われることは決してありません。 しかしながらショルダーバッグでは無い斜めがけのバッグは、呼称に困るところです。そこで近年登場したのがCrossbody Bag(クロスボディ バッグ)という用語です。これはその名の通りにストラップを斜めがけするタイプのバッグを意味する英語です。 英語圏においては上記のようなショルダーストラップ付きの小型のバッグはCrossbody Bagと表記されています。しかしショルダーバッグとの線引は曖昧な部分があり、とりあえず斜めがけができればクロスボディ バッグと呼ばれている印象です。 いずれにしてもボディバッグは、英語を理解する人にとっては遺体を強く連想させる言葉となります。また特にその言葉にこだわる理由も見当たらないので、可能な限りクロスボディ バッグと置き換えたほうがよろしいかと存じます。 【関連記事】 ハーネスのDECKENBAG(ゼッケンバッグ)を購入しました

Gabriele Pasiniのクラシック パンツを購入しました

イメージ
サマーウール素材の夏用パンツが少ないので、プロモーション中のYoox.comにおいてGabriele Pasini(ガブリエレ パジーニ)のクラシックパンツを購入いたしました(12,625円:送料込み)。ちなみに同ブランドのパンツは、初めての購入となります。 このパンツはコットンとリネンの混合素材で光沢があり、エレガンテな外観となっております。またサイズは私の普段のサイズである46でジャストでした(Yoox.comでは売り切れ)。 製造元にはラルディーニの記載があり、随所に手縫いの形跡が見受けられます。おそらく発売時の定価は5万円前後であったと思われますが、2~3年前に発売された商品と予想されます。 サイトではカーキ色との表記でしたが、ブラウンといっても差し支えないと思います。そしてブラウン色のサマーウール素材パンツは国内ではあまり見かけないので、色々とコーディネートが楽しめそうな予感がしております。 【関連記事】 Gabriele Pasiniのテーラードジャケットを購入しました

ホワイト ジーンズのシワは見栄えが悪い【写真】

イメージ
ホワイト ジーンズは多くのウエアと合わせやすい反面、サイズ感やシルエットによっては外見が悪化する場合があります。それは裾が長すぎて足首で余っているのもそうですが、特にシワが多いと履き古したように見えてしまいます。 シワに関してはブルー ジーンズでも発生しますが、ホワイト ジーンズは目立つ傾向があります。これはスキニー タイプであったり、ストレッチ素材を使用していることが理由と思われます。 参考までに上記は40代以上のメンズの方々で良くお見かけするホワイト ジーンズの着こなしです。無理をしてオシャレをしている感じに見えてしまうのは、ストレッチ素材による細かいシワも原因となっています。 一方でコットン100%素材のシワはストレッチ素材のように細かくありません。加えてデザインも細くないのでヒザ下のシワもそれほど発生しません。参考までに上下の写真のジーンズは両方ともイタリア製です。 実際のところファーストファッションなどの安価なホワイトジーンズには履き心地を優先したストレッチ素材が多く使われています。したがってホワイト ジーンズに関しては、履き心地よりコットン100%素材のものを選択されたほうがよろしいかと存じます。

40代メンズのテーラードジャケットはデニム素材からはじめる

イメージ
40代メンズにとってテーラードジャケットは必須アイテムでございます。それはカッコの良し悪しでは無く、折り目正しい大人のファッションとして必要なのであります。そしてこれがオシャレをはじめる第一歩ともなり得ます。 なかでもデニム素材のテーラード ジャケットは、多くのパンツやインナーと合わせることが可能なのでオススメです。加えて入手が比較的容易でもあり、汚れも目立たない上に洗濯機で丸洗いすることもできます。 デニムテーラードジャケット デニムジャケット メンズ インディゴ ストレッチ ジャケット 秋冬 50代 60代 957325 posted with カエレバ 1147こだわる通販ストア Yahooショッピングで探す Amazonで探す 楽天市場で探す 例えば上記のテーラードジャケットは5,049円で販売されております。確かに値段相応の品質やデザインとは思われますが、試しに購入できる金額です。また費用をかけてお直しする意味も無いので、大雑把なサイズ感で大丈夫です。 着こなしに関してはデニム素材は襟の汚れを気にする必要がないので、安心してTシャツ類と合わせられます。さらにジーンズやチノパンとの相性も良く、場合によってはスタイルが激変する可能性も秘めております。 テーラードジャケットと合わせる長袖シャツの裾は基本的にインをしますが、Tシャツの場合もインをすることが可能です。これは好みの問題で、Tシャツは裾が短いのでインでもアウトでも外見に大差はありません。 ただし靴は若干の注意が必要です。ジーンズと合わせる場合でもスニーカーは上級者向けなのでオススメできません。茶系のローファーやスリップオンなどが程よいカジュアル感が出るのでもっとも無難です。 そしてテーラードジャケットを着こなせる中級者以上の方々も、デニム素材はお持ちになられても損はありません。もしある程度ブランドにこだわりがあるようでしたら Yoox.com などの海外通販サイトで探されても良いかと存じます。
© 2022 やさぐれスタイリスト:ファッション誌で当ブログの内容を流用することはご遠慮ください