投稿

ダウンジャケット&白パンツのコーディネート

イメージ
Location: 下北沢
私はダウンジャケットをあまり着用しないのですが、先日購入した中綿ブルゾンが意外とカッコ良かった上にダウンジャケットと外見が変わらないので、上記のコーディネートを試してみました。ちなみに上記のブルゾンがお値段の割にカッコ良く見えるのは、一般的なダウンジャケットと違って着丈が短く腕周りが細いことによるものと思われます。

ダウンジャケットのコーディネートにおいて重要なのはパンツでございます。上半身が着ぶくれするので、下半身は細いシルエットのパンツが適切です。特にアメリカ仕様のシルエットが緩いジーンズや、裾が長いものは避けたほうが無難です。

40代メンズのデニム サイズ選びは後ろ姿が重要
白パンツ(デニム)はサイズがきっちりと合ってさえいれば、多くのアイテムと合わせることができる汎用性が高いパンツです。しかし下半身が細い方の場合は足の細さが強調される傾向にあります。そしてダウンジャケットと白パンツを合わせる場合、2箇所で同色を使うとオシャレ効果が高くなります。

参考までに上記のコーディネートにおいて重要な役割を果たしているのがアトランティック スターズのスニーカーであります。このスニーカーは細身のシルエットがエレガンテであり、さらに4cm厚のヒールによる脚長効果が期待できます。


Location: 新宿
元来ダウンジャケットは防寒目的であり、綺麗なシルエットのデザインが難しいアウトドア ウェアでございます。そういった理由もあってイタリアを始めとしたヨーロッパ諸国ではウィンターコートが主流であり、ダウンジャケットは今ひとつ人気がない模様です。

一方で日本や中国では何故かダウンジャケットが大人気であり、高価なダウンジャケットもバンバン売れております。過去にはモンクレールの世界販売の30%のシェアを占めていた日本のマーケットの縮小により、同ブランドが経営不振に陥ったとのお話も伺ったこともあります。

またダウンジャケットはスタイルを格上げする魔法のアイテムではありません。したがってダウンジャケットを脱いだ状態でもある程度カッコ良くないと、着たところでカッコ良くはなりません。一般的にはテーラード ジャケット&パンツのスタイルを習得した方のほうが上手にコーディネートできるかと存じます。

【関連記事】8 BY YOOXの迷彩柄中綿入りブルゾンを購入しました
Fort…

8 BY YOOXの迷彩柄中綿入りブルゾンを購入しました

イメージ
5年以上使用していたご近所仕様の冬用のパーカー ブルゾンが傷んでまいりまして、新品のブルゾンを購入することにいたしました。そして低価格帯のダウンジャケットはシルエットが今ひとつということもあり、Yoox.comにおいてセールとなっていた8 BY YOOXの中綿ブルゾンを購入しました。

8 BY YOOXは通販サイトのYooxのプライベート ブランドでございます。同ブランドは海外通販におけるイタリア ファッションの入門編と言った印象で、比較的安価で高品質のイタリアン デザインの製品を販売しております。


このブルゾンは一見したところダウンジャケットに見えますが、内部にはダウンの代わりに中綿が入っております。かと言って寒さを感じることは無く、6,500円(送料500円込み)の価格の割には良い仕上がりとなっている印象です。サイズはS(46)で170cm/65kgの私でジャストでした。


ダウンジャケットの良し悪しは外側の素材に依存する部分も多いのですが、このブルゾンの素材は手触りも良く高級感があります。作りはタイトで、特に腕部分はかなり細い感じです。また迷彩柄は結構イケてるデザインとなっております。

着用感は全体的にかなりタイトで尚且着丈が短いので、お腹が出てしまった方々には向かないと思われます。しかし標準体型の方々にはお似合いかもしれません。唯一の気なる点は手首部分のゴムがキツいので、脱ぐ時に腕時計やブレスレットは確実に引っかかります。とは言っても予想以上にカッコ良かったので、後日にコーディネートの写真をアップする予定です。

【関連記事】ダウンジャケット&白パンツのコーディネート
オット (8)のニット ポロシャツを購入しました

40代メンズ向けのウィンター トラベル ファッション

イメージ
Location: 金沢駅
冬季の旅行においてはダウン ジャケットを着用される場合が多いかと思います。私も以前はそうしていましたが、最近はウール コートを着ることにしております。理由としては着丈が短いダウンジャケットはお尻が寒く、お尻が隠れる男性用ロング ダウンジャケットはあまりエレガンテでは無いことにあります。加えてダウン ジャケット類は嵩張るので、店内や室内では脱いだときに置き場所に困ります。

近年の女性用ダウンジャケットはデザインが年々洗練されてくる一方で、男性用のそれはお世辞にも洗練されているとは言えません。こう言っては何ですが、国内で人気のカナダグースであっても冬の屋外作業用アウターにしか見えないのでございます。さらに東京などの温暖な都会では仕事用スーツにダウンジャケットは暑苦しいので、コートのほうが適切な服装であると思います。

そういった理由もありまして、旅行先の気温が氷点下でなければコート&タートルネックのスタイルをご提案する次第であります。コートは畳めばダウンジャケットほど嵩張りませんし、重ね着などで微妙な体温調節を行うことが可能です。そして綺麗な景色を背景にご自身の写真を撮る際にもコートのほうが写真映えいたします。


この投稿をInstagramで見る
Alessandro Squarzi(@alessandrosquarzi)がシェアした投稿 - 2019年 5月月9日午前3時37分PDT
コート&タートルネックのスタイルにおいて問題となるのは、国内においてタートルネックの認知度があまり高くない点にあるかと思われます。タートルネックはオシャレな方々は必ず所持していますが、一般的にはそれほど浸透しておりません。しかしある程度のオシャレなスタイルを目指す40代以上のメンズの方々とって、実用性も含めて避けては通れない冬のアイテムでございます。

タートルネックはダサいなどとお思いの方もいらっしゃるかもしれませんが、日本より寒いヨーロッパを中心とした西洋では冬の定番アイテムでございます。国内の40代メンズの皆様におかれましては、冬季のコットン シャツは冷たいのでネルシャツなどの起毛シャツを着用される方も多いかと思います。しかし起毛シャツは着こなしが難しい上に、超絶にダサくなる危険性をはらんでおります。

またコートに関しては、通勤用コートでも流用可能な場合があり…

ピンタレストで編集できないピンURLはスマホから変更可能

イメージ
Pinterestでご自分のピンの過去のリンク先URLを変更したい場合もあるかと思います。しかし古いピンはリンク先URLなどを編集できない場合もあります。私の場合はブログドメインの変更に伴い、ピンの古いリンク先URLも変更したかったのですがPCからでは上記のように不可能でした。


ピンの編集に関してはPCからのほうが楽なのでそうしていたわけですが、先日上記のようにスマホからURLを編集できることに気が付きました。恐らくスマホから編集することが多い方々であればご存知だったのかもしれません。ただし、編集するピンの数が多い場合は煩雑な作業になります。


そしてスマホからピン情報を編集して画面右上の「終了」ボタンを押すと、ピン自体の情報がアップデートされて旧画面では表示されなかった情報の編集が上記のようにPCからでも可能になりました。

参考までにこれはピンタレスト認証済み自分のブログからのピンの場合であり、外部サイトからのピン(インスタグラムなど)のURLは同様にスマホから編集可能ですが、編集後にタイトルの編集や「コメントと写真の使用許可」のオン/オフができるようにはならない模様です。

2019年自分で選ぶBEST 3-SHOT

イメージ
Location: 太秦映画村
海外で見かける西洋人のファッション スナップはカッコ良く見えるのですが、それをまったく同じ服で東洋人が真似をしても高確率で失敗いたします。それは服装は良いとしても、手足の長さのバランスや肌や髪の毛の色などが異なることが原因であると思います。

最近は洋服(西洋服)は西洋人のための服装であり、西洋人は和服が似合わないように日本人には洋服があまり似合わないのではないかと考えることもあります(和服を着た外国人を見慣れないことにも起因はしますが)。

私は自分のスタイルにおいてはサングラスを重要なアイテムとして位置づけています。日本は世界でも有数のアイウエアの生産国でありながら、サングラスの使い方がヘタクソな国の部類に入ります。そのような理由もあり、私はサングラスを着用したスタイリングも提案しております。

ラテン風味の長袖シャツのイヤらしい着こなし
この写真は撮影地のマカオが良かったので選びました。当地はストリート スナップ撮影に適した場所が数多く存在し、日本からも近いので観光がてらに撮影するのも良いかと思います。

40代がスーツに最も合わせやすいDフレーム サングラス
これはサングラスの反射の具合とルビナッチのジャケットが綺麗に写っているのがお気に入りです。ジャケットの胸ポケットに掛け替え用のサングラスを挿した2本使いですが、これは何かの写真で見たイタリア人の真似でございます。

ネイビー ダブル ジャケットとネクタイのコーディネート
ネイビーのダブルジャケットと同色ネクタイの組み合わせは、どうしてもやってみたかったスタイルでした。この時点では手持ちのウールパンツが無かった関係でコットン パンツですが、次回は相性が良さそうなフランネル パンツとの組み合わせを考えています。

【関連記事】2018年自分で選ぶBEST 3-SHOT
路地裏のストリート スナップ写真はカッコ良く見えます

投稿総数:

2012年~2019年の投稿

もっと見る

このブログを検索

連絡フォーム

名前

メール *

メッセージ *