投稿

12月, 2018の投稿を表示しています

40代メンズのデニムはお尻のカッコ良さで選ぶ

イメージ
ファッションは前からの外見が7~8割で、残り2~3割は後ろからの外見になります。一般の方々は前からの外見しか気にしませんが、玄人さんは必ず後ろ姿もチェックいたします。特に臀部のパンツのゆるみ具合は、男女を問わず入念にチェックします。 40代にもなりますと臀部の筋肉は鍛えていない限り垂れ下がってまいります。その上に臀部が緩いパンツを履きますと、後ろ姿が10歳は老けて見えます。また女性にとって男性の臀部はセクシーさをアピールするポイントでございます。お尻が緩んだパンツはカッコ良く見えないので減点要素にもなります。 デニムのサイズは基本的に通常のパンツと同じサイズを選択いたします。ただしコットン100%は伸びにくいのでウエストがキツい場合はワンサイズ上げたほうが良いかもしれません。ストレッチ素材が入っている場合は通常のサイズで問題無いと思います。 そして前ボタンを閉じて履いた状態で臀部をチェックします。鏡を使ったり他の人に見てもらえれば良いのですが、ご自分でもチェックすることは可能です。最も簡単な方法は立った状態で、以下のように親指・人差し指・中指で臀部の下の余った生地を後ろからつかむ方法です。 ・5本指で鷲づかみできる 残念ながら後ろ姿は相当イケていません。 ・中指が完全に隠れる 臀部の形によっては緩んで見えます。 ・中指の第二関節の長さ このあたりからカッコ良く見えはじめます。 ・中指の第一関節の長さ かなり良い感じの後ろ姿になります。 ・つかめない イヤらしさ全開の玄人さん向けです。 参考までに近年のイタリア製パンツは足もキレイに見えますが、臀部もフィット感があって後ろ姿もキレイなデザインになっております。一方でアメリカ製ジーンズは生地の裁断が直線的であり、お尻の生地が余る傾向があるので後ろ姿はそれほどイケておりません。 【関連記事】 Tom Fordのサングラス(LOUIS)を購入しました Wales Bonner × Chapalのデニム TERRA CIELO MAREのSMOKEY JOEを購入しました

ヤコブ コーエンJ622のジャージ デニムを購入しました

イメージ
JACOB COHEN ( 公式ブログ ・ヤコブ コーエン @jacobcohenjeans )は日本でも人気が高いイタリアのラグジュアリー デニム ブランドでございます。また国内における高級デニムの先駆けといっても良いかと思います。そして香り付きの製品といった特徴があり、この香りで同ブランドのパンツであることがわかります。 同ブランドは日本製の素材や高級感のあるボタンなどを使用し、中心価格帯は3~4万円といったところであります。私は過去に2本ほど同ブランドのパンツを購入しておりますが、今回はセール品となっていたブルー デニムを購入いたしました。 このデニムはストレッチ素材のジャージ デニムということもあり、シルエットや履き心地は男性用スパッツといった印象です。一般的なデニムの形状や素材とは異なるので、セール品となっていたのかもしれません。腰回りのサイズ感は他のブランドと同じですが、裾幅が16cmなのでかなり細身の印象です。 裏地は同ブランドのなかでも珍しい赤色が使われています。そしてダメージ加工により、表面に赤がチラりとカッコ良く見えることになります。今回は裾を詰めることにしたのですが、詰めた裾に自分でダメージ加工を施すかどうか迷うところであります。 参考までに下記の説明書が添付されていましたが、日本語文が無かったので以下に私が翻訳してみました。 細部にわたる事実: ・後部のベルト ループ ラベルは馬革でロゴが刻印されています。 ・リベットとボタンには特別な銀メッキが施されています。 ・裾はダブル チェーン スティッチ処理されています。 ・ポケットの裏地は特殊な素材が使われています。 ・ポケットは柔らかい印象を出すために特別に加工されています。 ・側面の縫い目はヴィンテージ感を出しています。 ・ヴィンテージ感を出すために特別な洗浄と処理が施されています。 ・日本原産の素材が使用されています。 洗い方の説明: ・ジーンズを洗う前に可能な限り多くの回数を着用してください。必ず裏返して30度の水で手洗いしてください。直射日光は避け、できれば夜間に干してください。 ・頻繁に洗わないでください。 ・常に裏返して洗ってください。 ・高温のお湯で決して洗わないでください(最高で摂氏30度)。

「香水の殿堂」に選出された世界的人気香水ブランド(全34種類)

イメージ
日本人は匂いに敏感な国民性であり、人口が密集している関係もあって日常的に香水を付ける文化はあまり根付いておりません。確かに朝から満員電車で香水の香りを撒き散らすわけにはまいりません。言い方を変えれば電車で移動する方々には香水が不向きなのかもしれません。それでも一度くらいは香水デビューを果たしてみたいと考える方もいらっしゃるかと思います。 香水は大雑把に分けてアルコールの含有量が少ないパルファムと、同じく多いコロンに分類できるかと思います。パルファムは長時間香りが持続し、コロンは一気に香りが拡散します。いずれの種類の香水も首や手首に付けると強烈に香りが発散するので、初心者の方は服に香りが移ること気にしなければ腹部の肌に直接ワンプッシュ、または足首に付けるほうが適切であると思います。 また香水はヨーロッパにおいて精巧に模倣された容器に入った偽物が大量に出回っております。これらの偽物はアルコールなどが加えられて何倍にも薄められ、香りはオリジナルとあまり変わらないので見分けがつきません。香水は直接肌に付けることが多いので、出処不明なアルコールが加えられた香水は避ける必要があります。したがって正規販売店において定価で購入するほうが安心かと存じます。 「香水の殿堂」はアメリカに拠点を置く The Fragrance Foundation (フレグランス ファンデーション @fragrancefdtn )が市販の香水の中から選出する1987年から始まったカテゴリーであります。選出は売上や人気度や宣伝方法などが基準となっており、西洋における香水の人気度と言えると思います。香水デビューに際してはご自分の好み香りの他に、以下の選出された香水も参考にされると良いかと思います。 ・2016年 Light Blue(ライト ブルー) - Dolce & Gabbana(メンズ) ※現行品 ・2015年 J'ADORE(ジャドール) - CHRISTIAN DIOR(ウィメンズ) ※現行品 ・2014年 HAPPY(ハッピー) - Clinique(ウィメンズ) ※現行品 ・2013年 Red Door(レッド ドア) - Elizabeth Arden(ウィメンズ) ※現行品 ・2012年 Acqua di Gio(

パラブーツのCASTEL(キャッスル)を個人輸入しました

イメージ
久しぶりにイタリアのEbayで Paraboot (パラブーツ @paraboot_france )の革靴を購入いたしました。パラブーツの革靴は2年半ほど前に同じくEbayで購入しており、今回で2足目となります。この新品箱付きの革靴はCASTEL(キャッスル)と呼ばれるワーカー シューズのモデルであります。 参考までに最初に雨天用として購入したパラブーツのモデルは具合が大変よろしかったので、最近は雨天以外でも着用しております。その関係でカジュアルでも着用できる雨天用のヘビー デューティーな革靴を探していたところ、今回のキャッスルにたどり着きました。 キャッスルは2016年から国内で正規販売が開始された模様です。パラブーツの本国であるフランスでは、郵便配達員さんなどのお仕事用の革靴らしく幅広でシンプルなデザインです。またウィリアムやシャンボードなどのモデルと同様の堅牢なノルウィージャン製法を採用しています。 国内定価が税込み58,320円のこのモデルは、140ユーロ+10ユーロ(送料)の合計150ユーロ(約19,400円)で販売されておりました。新品箱付きでこの価格は魅力的であったものの、サイズが5.5UK(24.5cm)の1点のみで前回のモデルよりハーフサイズ小さく少々迷いました。 試着などでサイズ チェックをしたところ、私の通常サイズである6UK(25cm)は幅や高さはピッタリであるものの、踵が5mmほど長い印象でした。私の足は幅広・甲高・小踵の三拍子が揃っているので輸入革靴が合いにくいのですが、UK6の踵の遊びが気になったので5.5UKでも大丈夫と判断しました。 実際に購入したキャッスルは6UKとほぼ同じサイズ感ですが、6UKと比較して踵の遊びが少ないのでジャストサイズといった印象です。またノルウィージャン製法を使用したモデルは、経年で中底が全体的に沈む傾向があり、また皮革も伸びやすいようなので少々キツめですがこのサイズで正解であると思います。 もし踵の側面に靴擦れが発生する場合、踵部分に1~3mm程度の中敷きを入れると解決する場合があります。経験上、このタイプの靴擦れは靴の内側にパッドを貼っても修正できません。しかし足で擦れる部分が1mmであっても下に移動することで、擦れが解消されることもあります。 着用感は現時
© 2023 やさぐれスタイリスト

当ブログのコンテンツ流用はご遠慮ください

過去記事

もっと見る