投稿

1月, 2014の投稿を表示しています

TOYS McCOY BECK 666のライダースジャケットの思い出

イメージ
6年ほど前にアメカジ的なスタイルをしていた時期がありました。その際にどうしてもライダースジャケットが必要であるとの思い込みで、色々と探し回りました。有名どころですと Vanson (バンソン @vansonleathers )や Schott (ショット @schottnyc )などが挙げられますが、今ひとつグッと来なかったので日本製である TOYS McCoy (トイズ マッコイ)のBeck 666のジャケットを購入いたしました(現在では廃版となっているモデルです)。 初めての本格的ライダースジャケットでありましたが、調教が必要であることがわかりました。基本的に馬革のライダースジャケットは固いのであります。どうやって調教しているのかと色々とお話を伺ってみると、着用して腕立て伏せをやるとか、パジャマ代わりに着用して寝るとか、着用してバンザイをしながら芝生の上で転がるなどの助言をいただきました。 また、着用して気がついたことはライダースジャケットは冬場は寒いのであります。しかもタイトなので内側に厚着をすることができません。結局冬場はあきらめて春秋のシーズンに着用することにしました。見た目はインパクトがあってカッコ良く他の人とカブらないのでしばらく着用していたのですが、趣味がイタリア指向に変化したので3年ほど前に手放しました。 参考までに内張りのレーヨン素材が裂けやすい難点がありました。着用する際には腕時計や指輪などを外さないと裂ける場合があり、私は腕時計のベゼルで裂いてしまって修理をいたしました。

lafontのサングラスを購入しました

イメージ
新年初めてのお買い物はサングラスでございました。この1年ほど購入するタイミングを外していたのですが、ようやく納得できるサングラスを見つけたわけでございます。タイミングと申しますのは定番商品を除くメガネ類は毎年モデルが変わるので、買い逃してしまうと二度と入手できないことがあるからです。 探していたのは屋内でも使用可能な薄いレンズの色のサングラスであります。ということならフレームを購入して色付きのレンズを入れれば良いと思いがちですが、そう簡単なお話とはなりません。純正の色付きレンズはフレームとバランスが合わせてあります。このバランスを考慮しないで色付きのレンズに入れ替えたとしても、自分でイメージしたサングラスにはならないからです。 lafont (ラフォン @lafontparis )はフランスのブランドであります。これはHARBOURというモデル名で、異なるカラー バリエーションもある模様です。フランス製は2本のアラン ミクリに続いて3本目なのですが、日本製のものとは少々異なる印象があります。 逆輸入されたものを含めて日本製は装着感が比較的重要視されておりますが、フランス製やイタリア製はデザイン性が優先されている感じです。例えばイタリア製のTOM FORDのフレームではノーズパッドが無いモデルもあり、これによって鼻の部分がスッキリと見えるのですが鼻が低いアジア系の人々ですと頬骨にフレームが接触してしまいます。 参考までにこのサングラスの決め手となったのは、カクカクしたフレームと具合がよろしいレンズのグラデーションです。伊勢丹新宿店8階にて3万円弱で購入いたしました。
© 2023 やさぐれスタイリスト

当ブログのコンテンツ流用はご遠慮ください

過去記事

もっと見る