投稿

2月, 2021の投稿を表示しています

MOSHINOのメンズ水着(2枚目)を購入しました

イメージ
最近水着を購入していなかったので、 Yoox.com においてMOSCHINOの水着を購入しました(送料無料:6,600円)。私は季節に関係なく水着を購入しております。特に北半球では夏が終わる頃からセールになるので、お買い得なものが見つかる場合があります。 Moschino | Moschino Official Online Shop MOSHINO(モスキーノ)は近年ポップなデザインの展開が増えてきたイタリアのブランドでございます。そして同ブランドの水着は約4年前に続いて2回目の購入となりました。 今回購入した水着は前回のポップな柄とは違い、どことなくイヤらしい雰囲気が漂う黒にしました。さらにワンサイズ下げて(46→44)ピチピチ感を重視しております。去年の夏はあまりプールで日焼けができなかったので、今年は2年分まとめて日焼けをしたいところであります。 【関連記事】 ホテルプールのメンズ水着はトランクスよりボクサー タイプ Moschinoのメンズ水着を購入しました

『誤読のイタリア』は実際のイタリア文化を知るのに役立ちます

イメージ
イタリア ファッションがお好きな方でも、イタリア文化まで理解されている方はそれほど多くはありません。さらにイタリアを訪れたことがあるとか、イタリア人のお知り合いがいらっしゃる方となるとかなり少数になると思われます。 私の場合はイタリア文化にも興味があり、さらに現地の人々とのコミュニケーションは現地語のほうが良いと考えているのでイタリア語を勉強しております。とは言っても実際に現地に住んでみたりしないとわからない部分があります。 例えば今回のアメリカ大統領選挙によってアメリカが分断され……などと報じられています。しかし実際に居住したことがある私から見れば、建国からわずか230余年の人種も宗教も異なる多民族国家は、分断も何も未だひとつにすらなっていないと考えるのが自然です。 またイタリアの服はカッコ良いと言われていますが、ボタンはすぐに取れますし、緑や青の素材は色あせしますし、スーツ生地は日本製に比べて物理的な強度が低いですし、サイズ感もテキトーですし、靴は幅広足の日本人には合わないという事実もございます。 『誤読のイタリア』ではイタリア(人)に対するイメージはメディアなどで作りあげられたものであると強調しております。また同じイタリアであっても、日本と同様に地域によって考え方や習慣が異なるとも説明しています。 私もイタリア人男性と言えば女性のお尻が大好きな方々しか存じ上げなかったのですが、最近になってそれ以外の方々も数多くいらっしゃることに気が付きました。こういった固定概念は多くのイタリア人とお知り合いになれば払拭されますが、現実にはそういった機会も少ないと思います。 実際のところイタリア ファッション好きな方々の間では、どこかの時点でイタリア文化が話題に上がることが避けられません。そういった場合に本書を読んでおけば、イタリアに対する日本人の固定概念は事実とは異なると説明できるようになるかと存じます。 【関連記事】 【書評】 ビジネスパーソンの誘う技術 - ベリッシモ・フランチェスコ著

Maison MargielaのREPLICA(香水)を購入しました

イメージ
日本人は男女共通でサングラスと並んで香水が不得手な国民でございます。しかしサングラスはまだしも香水はハードルが高く必要性も低いのも事実です。特に頻繁に公共交通機関を利用する方々は、香水を付けることを躊躇されると思います。 また香水の知識が薄いオッサンが香水デビューをした場合、高確率で周囲に迷惑をまき散らす結果となります。したがって無理をして香水を付けるのであれば、石鹸やヘアオイルの香り程度で我慢をされたほうが無難です。 しかしながら香水はその種類や付けて行く場所を選べば、一撃で異性を魅了することが可能な数少ないアイテムでもあります。特にファッション上級者や西洋人との接触が多い方々は、一度は試す価値はあるかと思います。 メゾン マルジェラ 公式ストア | レディース&メンズ向けアイテム 今回購入したのはメゾン マルジェラのレプリカ シリーズの香水であります。とりあえずお試しといった感じで、容量10mlを妻と私で違う種類を1本づつ購入しました。そして私が購入したのはCoffee Breakという名称の香りです。 一般的に柑橘系などの爽やかな香りの香水は昼間向けで、ムスクや上記のCoffee Breakのようなシガー系の香りは夜向けとなります。無論厳密に分かれてはいませんが、甘い香りなどは日没後のほうが適していると思います。 また今回購入した香水はオードトワレなので、揮発性が高く香りの持続時間が短いので初心者でも使いやすいと思います。ただし首や手首に付けると香りが一気に拡散するので、最初は腹部にワンプッシュしてその上からシャツなどを着て香りを抑える方法が良いかもしれません。 【関連記事】 「香水の殿堂」に選出された世界的人気香水ブランド(全34種類)

ミナミシャツをオーダーしました(2枚目)

イメージ
日本橋三越本店において昨年末にオーダーした2枚目となるMINAMI SHIRTSが先日出来上がってまいりました。前回はホワイトでしたが、今回はブルーにしてみました。そして価格は前回と同様にオプション込みで18,700円でございました。 工房探訪 #4 〈MINAMI SHIRTS(ミナミシャツ)〉 | コラム | 日本橋三越本店 | 三越 店舗情報 ビジネス スタイルにおけるワイシャツはシンプルなほうがネクタイに合わせやすくエレガンテに見えるので、一般的な襟で無地のホワイトまたはブルーのシャツが良いと考えています。ちなみにワイシャツやネクタイによるオシャレの演出は、パーティーやデート向けと考えたほうが無難です。 また海外製のワイシャツは日本人の体型には合いにくいので、それらの既製品が体に合わないと思う方はオーダーをしたほうが満足度が高くなります。特にある程度体を鍛えている私の場合、ネクタイを締めるのであればオーダーシャツがベストという結論であります。 体を鍛えている方の場合は胸の筋肉が大きいのは当然にしても、背中の筋肉も意外と発達しているので腕の動きが制限されることがあります。上記の背中のプリーツ(ギャザー)はオプションで別料金となりますが、これによって腕を動かしやすくなります。 【関連記事】 MINAMI SHIRTSのパターン オーダーを日本橋三越で作りました オーダーメイドのビジネスシャツはシンプルなデザインを選ぶ

50代メンズのオシャレは顔回りを整えないとはじまらない

イメージ
当ブログを訪問されている方のなかで、50歳以上のメンズの皆様が占める割合は約10%といった感じであります。サンプル数から見てもこの数値は、国内でオシャレに関心がある50歳以上の男性の割合といっても差し支えないと思います。 しかし少数であっても50代で人生のラウンド2を始めたいと考える方々もいらっしゃると思います(ちなみに50代メンズの方々がどれほど着飾ったとしても、綺麗な若い女性にモテる可能性は残念なが低いと思われます)。 まずファッションは頭部からはじめる必要があります。頭部は外見の印象の2割以上を占め、それは年齢とともに重要になってきます。特に50代の皆様の場合、頭部は外見の5割と考えたほうがよろしいと思います。 基本的に若作りは失敗する可能性が高いので、頭髪は染めないほうが良いのですが髪型には注意を払う必要があります。眉毛は加齢によって不均等に生えてくるので理髪店などで揃え、顔も定期的に剃っていただいくと良いと思います。 そして場合によっては髪型に納得するまで理髪店を変えることも必要です。また理髪店で綺麗にセットした髪型であっても、ご自分で毎日セットできないと意味がありません。したがって凝った髪型は避けたほうが無難です。 加齢で細くなってきた頭髪は、ヘアリキッドやヘアクリームなどの整髪料では頭髪が寝てしまうので少量のオイルを付けると効果的です。特に海外製のオイルは微香性で肌にも使えます。 猪の体毛を使った獣毛ヘアブラシは価格が高めですが、一般的なブラシ以上に頭髪が滑らかになるので女性にもオススメです。私も当初は懐疑的だったのですが、イタリア人女性の方から「獣毛ブラシは常識」と伺ったので即座に購入しました。 良い香りがするご自分専用のフェイシャル石鹸は、お出かけのテンションを上げるためにも必要です。価格も数百円からはじまるので、色々と試して購入されても良いかと思います。参考までに洗顔時には必ず耳の後ろも洗う必要があります。 男女を問わず口臭はすべてを台無しにする諸悪の根源であります。最低でも年1回の歯科医でのクリーニングは不可避です。また口腔洗浄機を使えば歯間の汚れを水流で飛ばせるので、デンタルフロスのような煩雑さが解消されます。特に上記のようなコードレスタイプは入浴時に使えるので便利です。 黒ぶちの眼鏡をかけるこ

Dsquared2のウエスタン デニムシャツを購入しました

イメージ
1年ほど前からウエスタン デニムシャツを色違いで揃えているのですが、今回はDsquared2の黒のシャツを Yoox.com において8,560円(送料無料)で購入しました。サイズは46(S相当)で、ジャストサイズでした。 ディースクエアードはイタリアのブランドで、先鋭的なデザインのウエアやシューズなどを毎シーズン展開しています。そしてそれらは世界各国のショービジネス界の方々に人気があり、特に特徴的なデザインのスニーカーは国内でも良く見かけます。 ディースクエアード公式オンラインストア|Dsquared2.com 黒シャツはドレスシャツを1枚しか持っていないのですが、なかなかコーディネートが難しい部分があります。特に黒シャツにネクタイを締めると怪しさ全開となります。その点黒のウエスタンシャツはカジュアル感があるので使いやすいと考えております。
© 2023 やさぐれスタイリスト

当ブログのコンテンツ流用はご遠慮ください

過去記事

もっと見る