オールド スクールというファッション用語について

オールドスクール メンズ ファッション
"Old School"は最近イタリアのファッション関係者の間で時折見かける英語表現であります。「古くてカッコ良い」とか「古臭い」などの意味ですが、ファッションにおいては肯定的な意味で使われている印象です。

元々オールド スクールはアメリカの音楽業界で"OLDIES"(1950~60年代などの古い楽曲)と並んで使われていた模様です。またどちらかと言えば日常会話の中で出てくる表現であり、日本人にはあまり馴染みがないと思われます。

日本語においては「オールド スクールのスタイルを代表する……」などの使用方法が考えられ、例えば上記のようなコーディネートの場合は「アメリカのオールド スクール テイストを取り入れ……」といった表現になります。

イタリアでこの英語表現が使われるようになった経緯は不明ですが、恐らく彼らが好むアメカジ スタイルを追求する過程で目に止まったものと思われます。いずれにしてもヌケ感とかコナレ感とか、ワケのわからない言葉遊びが大好きなファッション メディアが泣いて喜びそうな用語ではあります。

【関連記事】

ファッションメディアが語らない実用性
ブラック コーディネートは「オシャレ無精」な人向けのスタイル

ココをClick→記事タイトルとURLをコピー

コメント

© 2022 やさぐれスタイリスト:ファッション誌などによる当ブログの流用はご遠慮ください

サイト内検索