40代メンズでも使えるキャンバス トートバッグのブランド

リヴ・ゴーシュのメンズ コーディネート
キャンバス トートバッグは皮革製よりカジュアル感が強い特徴があり、休日のスタイルにおいてコーディネートのアクセントとなります。さらにキャンバス生地にはブランドロゴが映えるので、バッグのブランドを強調することもできます。

そして40代メンズの皆様には意外とブランド ロゴ バッグがお似合いになります。何故なら若者さんがそれを持つ場合と違い、経済的な余裕が見え隠れするからです。加えてファッション初心者の方が一撃で中級者に躍り出る可能性も秘めております。

しかし男性は持ち運ぶ物が少ないので、カッコ良くても空のバッグをファッション目的で持つことはオススメしかねます。またキャンバス素材は衣服との摩擦で色移りしたり、ジャケットやコートに毛玉が発生することもあるので肩がけには注意が必要です。

一般的にレディース分類のトートバッグであっても、角張った四角形またはそれに近い台形であればメンズでも使用可能であると思います。逆に丸みを帯びた台形や、金色の金具が付いているものは基本的にレディース向きと考えたほうが良さそうです。

参考までにトート バッグには「ノース/サウス」または「イースト/ウエスト」などと表記されている場合があります。これは方角の組み合わせが「高さ」と「幅」に該当し、それぞれ縦長または横長のデザインを意味します。

以下は上記のRIVE GAUCHEを購入する際に参考にした、気分が高揚しそうなヨーロピアン ブランドのトートバッグのご紹介です。可能な限り現行品で、ブランド ロゴが見えるバッグを選択しています。

SAINT LAURENT(サンローラン):リヴ・ゴーシュ
正確にはリネン素材ですが、便宜上キャンバス生地と呼んでも差し支えないと思われます。手持ち専用で、肩掛けストラップは付属していません。色や素材のバリエーションも豊富で、現時点においては知名度が最も高いキャンバス トートバッグと言えます(定価:170,500円~)。


Alexander McQueen(アレキサンダー・マックイーン):ノース サウス トートバッグ
シンプルなデザインで縦長の書類などもバッグの中で安定するので、場合によってはビジネスでも使えるかもしれません。マチ幅が10cmと狭いので、旅行用としては容量が小さい印象です(定価:152,900円)。


BALENCIAGA(バレンシアガ):ハードウェア LARGE トートバッグ
控えめなブランド ロゴですが、底面はレザーで補強され鋲も4箇所配置されているので床置きが可能です。このモデルのサイズは重量がある荷物にも対応していると思われます(定価:165,000円)。


BALLY(バリー):クリスタリア
3色展開で真夏には海辺などで活躍しそうな外観に加え、折り畳むこともできます。したがって普段使いの高級エコバッグとしても使用可能と思われます(定価:39,600円)。


BALMAIN(バルマン):エクリュ キャンバス トート バッグ
横幅42cmと大きめなので、メンズでも十分使用可能です。ただし持ち手が長いので、手持ちの場合は階段のステップに当たるかもしれません。とは言ってもストラップ無しで肩がけできるのは魅力的です。(定価:133,000円)


BERLUTI(ベルルッティ):トゥジュール スクリット キャンバス&レザー
イタリア語で文字が書かれたことを意味するスクリット(Scritto)シリーズのトートバッグ モデルです。文字列のデザインがブランドロゴを象徴しているので、ひと目でベルルッティのバッグと判別することができます(定価:316,800円)。


BURBERRY(バーバーリー):ホースフェリー トート
バーバリーは国内においてメンズコートなどのイメージが強いので、このデザインのバッグもメンズ向けに見えます。残念ながら2022年春夏シーズンではラインナップから消えているので、今年限りあるいは2022年秋冬シーズンから復活するかもしれません(定価:178,200円)


CELINE(セリーヌ):バーティカル カバ スモール
このモデルはメンズに分類されており、遠目からでもセリーヌであるとわかるデザインです。ブランド ロゴとの相乗効果で高級感あふれる外観となっています(定価:231,000円)。


VALEXTRA(ヴァレクストラ):ショッピングバッグ キャンバス
マチが広く物を上から取り出しやすい大型のバッグなので、車旅行では便利であると思われます。ヴァレクストラを知らない方であっても、高級バッグとわかる外観です(定価:297,000円)

【関連記事】

Saint Laurent - NOE RIVE GAUCHEのバッグを購入しました

ココをClick→記事タイトルとURLをコピー

コメント

© 2022 やさぐれスタイリスト:ファッション誌で当ブログの内容を流用することはご遠慮ください

アクセスが多い投稿

イタリアからの個人輸入について

イタリア人と日本人の足型の比較

TOD'Sのローファーを個人輸入しました

Gianluca Vacchi氏は何者なのか?

Santoniの革靴を個人輸入しました