セール品で総額10万円以下のメンズ コーディネート【写真】

セール品によるメンズコーディネート
当ブログにおける私のコーディネートは、すべて自費購入した私物アイテムによるものであります。したがって着心地が今ひとつとか、色あせするなどの批判も書けるわけです。またそれは、衣服は実際に着てみなければわからないという私の考えを反映しています。

とは言っても定価で購入しては資金が続かないので、ほとんどのアイテムは定価の70~90%オフのセール価格で新品購入しています。それらの一部には会員制のセールも含まれますが、多くはネット通販またはアウトレットモールで購入しています。

一般的にセール品はシーズン遅れであったり不具合があるものなども含まれますが、緊急を要したり流行を追わないのであれば十分に満足できる製品です。しかし購入したい時に購入できるとは限らないので、一般消費者向けとは言えない部分もあります。

私はハイブランドのアイテムはあまり興味が無いので、主に近年日本で認知されてきたイタリアン ブランドを購入しております。そしてそれらのアイテムでコーディネートすると、定価20万~30万円となります。

例えば上記のスーツ スタイルは定価総額で約30万円ですが、ベルトと腕時計を除けば総額約10万円のセール価格コーディネートです。マリネッラのネクタイとオーダー品の長袖シャツは定価ですが、残りのアイテムはセールで購入したものです。

下記はコーディネートのサンプルとなりますが、腕時計やエルメスのベルトは除外した総額となっています。そしてサングラスに関してはセール品と定価購入が混在しています。また金額は百円未満四捨五入の概算としています。

セール品によるメンズコーディネート
このコートスタイルは定価10万円のタートルネックと同じく12万円のコートによってゴージャス風味に見えますが、サングラスを除いて総額約10万円のウィンター スタイルとなります。

セール品によるメンズコーディネート
このテーラードジャケットは中古品で12,000円程度でした。パラブーツの革靴はイタリアのEbayで新品購入しました。残りはサングラスを含めて総額約7万円となります。

セール品によるメンズコーディネート
Yoox.comiconで購入したテーラードジャケット(12,000円)シャツ(6,000円)ジーンズ(2,000円)、それと他の海外通販サイトで購入したローファー(21,000円)とアウトレットモールで購入したサングラス(16,000円)の構成で総額6万円弱のコーディネートです。

セール品によるメンズコーディネート
ジャケット(16,000円)シャツ(9,000円)ジーンズ(9,000円)革靴(12,000円)はすべて通販で購入しました。サングラス(12,000円)を含めて総額6万円弱です。ちなみに定価14万円のジーンズは10年に一度レベルのセール価格で購入することができました。

セール品によるメンズコーディネート
一つ前の写真と同じテーラードジャケットを使ったビジネス スタイル風味のコーディネートです。ジャケット(16,000円)シャツ(18,000円)パンツ(5,600円)革靴(25,000円)サングラス(13,000円)で総額8万円弱です。

セール品によるメンズコーディネート
定価15万円ほどのライダースジャケットではありますが、2シーズン遅れで35,000円で新品購入しました。パーカー(8,000円)パンツ(10,000円)革靴(12,000円)サングラス(13,000円)の総額8万円弱となります。

セール品によるメンズコーディネート
Tシャツ(7,000円)は定価ですが、パンツ(12,000円)ローファー(21,000円)サングラス(16,000円)で総額約56,000円のサマー スタイルです。夏季は革靴をスニーカーと入れ替えれば総額を抑えることができます。

セール品によるメンズコーディネート
参考までに上記が最も購入価格が高いコーディネートとなります。オーダー品のジャケットは半額以下でも10万円に近いので総額約17万円です。メンズ ファッション誌で紹介されているコーディネートは、このような感じで総額定価50万円といった印象です。

以上のようにセール品でも定価品と同等のコーディネートを完成させることは可能です。しかしながらセール品は、売れ残り品であることに変わりはありません。例えば人気アイテムはセール前に売り切れますし、セール品は合わせにくい色が多かったりデザインが古い場合もあります。

それでも服がお好きな方には服を探す楽しみも加わるので、趣味としては良いと思います。逆に少ない商品知識で高価格商品を安く購入したいといった単純な動機の方々には向きません。そういった方々は模造品に騙される確率が高くなるので、避けたほうがよろしいかと存じます。

ココをClick→記事タイトルとURLをコピー

コメント

© 2022 やさぐれスタイリスト:ファッション誌で当ブログの内容を流用することはご遠慮ください

アクセスが多い投稿

イタリアからの個人輸入について

イタリア人と日本人の足型の比較

TOD'Sのローファーを個人輸入しました

Gianluca Vacchi氏は何者なのか?

Santoniの革靴を個人輸入しました