短パン(ショーツ)が似合わないメンズの一因は膝下の形状にある

短パンのメンズ コーディネート
短パンは汎用的なカジュアル ウエアであり、似合う似合わないに関係なく暑さを避けるためにも必要となるアイテムでございます。しかし短パンには足が短く見えるなどの欠点もあります。

それらを解消するための適切なパンツの着丈の議論も見られますが、それより骨格に依存する部分も重要と思われます。何故ならば同じ身長であっても骨格には個人差があるからです。

短パンの場合は長身の方のほうがお似合いになるのは当然としても、膝下の長さや形状も影響します。特にカーフ(ふくらはぎ)の筋肉が大きい方は、足が短く見える傾向があります。

また足元に向かって細くなっているテーパード パンツのように、足首も細いほうが短パンがお似合いになります。逆にアキレス腱が見えないような足首が太い骨格の方は難しい印象です。

カーフの筋肉は体重を支えており、トレーニングの他に加齢などによる体重の増加でも発達する場合があります。また膝下は心臓から遠く重力の影響も受けるので、むくみやすい部位でもあります。

そしてこれらは生まれつきの要素もあるので、短パンが似合わないとお考えの方は長いパンツをお召しになられたほうが無難です。ちなみにカーゴ ハーフ パンツは難易度が高い地雷アイテムとなっております。

【関連記事】

タートルネックが似合わないメンズの原因は体型にある

ココをClick→記事タイトルとURLをコピー

コメント

© 2022 やさぐれスタイリスト:ファッション誌などによる当ブログの流用はご遠慮ください

サイト内検索