Costanza(コスタンザ)のタートルネックを購入しました

Costanza(コスタンザ)のタートルネック
冬季のインナーはタートルネックが汎用性が高いのでオススメでございます。私の場合は薄手のものを中心に揃えてきましたが、それらはコートと合わせるには首の部分が少々寂しいので厚手のものを探していました。

そういったなかで今回はCOSTANZA (コスタンザ)のタートルネックをセールで購入いたしました。同ブランドは2019年に設立されたクルチアーニのセカンドライン的な位置づけとのことですが、クルチアーニと同等の高品質のニットウエアを中心に展開しているようです。

Costanza(コスタンザ)のタートルネック
このタートルネックは、カシミア30%とウール70%の素材が使われています。着用感はかなりゴージャスな肌触りで、外見もお金持ちのニットウエアといった雰囲気です。しかしそれもそのはずで、定価は10万円となっております。

一般的にウールの比率が高い厚手のイタリア製のニットウエアは、サイズが小さめの感じです。今回も私の通常サイズの46では着丈も短く、私の大きい頭も入りにくかったので48を選択してジャストでした。

【関連記事】

40代メンズ冬コーディネートは黒や白でもないグレーで何とかなる

ココをClick→記事タイトルとURLをコピー

コメント

アクセスが多い投稿

イタリア人と日本人の足型の比較

Gianluca Vacchi氏は何者なのか?

Santoniの革靴を個人輸入しました

40代メンズの冬アウターはダウンジャケットよりコートです

意外と人気が出ないParajumpersのダウンジャケット