サングラスは眉毛が隠れるデザインが良いというのはウソ

50代男性のサングラス
ファッションメディアは根拠の薄いルールやマナーなどを流布するのが得意でございます。そのようなルールのなかで、最近見かけたサングラスは眉毛が隠れるデザインが良いというものがあります。

一般的に日本人は西洋人と違って顔の彫りが浅いこともあり、サングラスやメガネを着用すると多くの場合は眉毛が露出します。例えばサングラスをファッションの重要アイテムと位置づけている私の場合、所持しているサングラスのすべてで眉毛は露出いたいます。

またそれの原因は眉毛と目の距離だけでは無く、耳と眉毛の位置関係も影響を与えます。耳の位置が高ければ眉毛はフレームに隠れることになります。逆に低ければ眉毛が隠れたとしても、ほお骨にフレームの下部が接触することもあります。

上記はDITAのサングラスです。同ブランドのデザインはテンプルの取り付け位置が高く、上部も直線に近いので必然的に眉毛は露出することになります。したがって彼らの定義によればこのラグジュアリー ブランドはダメということになります。

50代男性のサングラス
近年ファッションメディアが良く取り上げるEYEVANのサングラスは、丸形も含めてデザインが比較的小さめなので眉毛を隠すことはできません。したがってこのブランドもダメです。

50代男性のサングラス
ファッションメディアが最も好む黒のセルフレームのサングラスです。どうやっても眉毛を隠せる気がしません。レイバンのウェイファーラーであっても眉毛が露出する方が大半であると思われます。

50代男性のサングラス
玄人さんが好むOLIVER GOLDSMITHの定番であるVICE CONSUL(セルロイド フレーム)です。このような普遍的なデザインで肉厚のフレームは、大きいサイズのものはごく少数です。

以上のように私の場合は眉毛が隠れるサングラスを探すことは難しく、仮に隠れるサングラスであってもそれがカッコ良いかどうかは疑問です。さらに大きめのサイズのサングラスは、日本人の場合はフレームの下部が頬(ほお)に接触する問題が発生します。

恐らくこれが言われだしたのは女性用サングラスが起源であると思われます。女性用サングラスは男性用と比較してデザインが豊富であり、特に眉毛が隠れる大型のサングラスは人気が高いことも一因と推測されます。

しかし男性用サングラスは大型のデザインはあまり好まれず、西洋人であっても眉毛が必ず隠れるわけでもありません。そして眉毛が露出するかどうかは、サングラス選びにおいては重要なポイントでは無いのです。

ココをClick→記事タイトルとURLをコピー
当ブログの内容の流用はご遠慮ください

© 2023 やさぐれスタイリスト

過去記事

もっと見る