YOOX歴12年の私が考える海外ファッション通販の使い方


今年に入って海外通販のお問い合わせが増えてきた関係もあり、私の経験則をもとにした海外通販の注意点を記してみたいと思います。まず近年の海外通販サイトは日本語で表記されているものの会社の本体は現地法人です。品質管理や在庫管理などのレベルは日本の通販サイトには及ばないので、リスクが伴うことを理解する必要があります。

参考までに海外通販には向かない人の特徴として「〇〇の商品って本物ですか?」と掲示板で尋ねたり、「通販サイト名+評判」などでウエブ検索などをしている方々が挙げられます。さらに「単に安く購入したい」や「海外旅行でショッピングの経験が無い」あるいは「配達日が送れるのは許せない」といった考えの方々も該当します。

海外通販においては日本の通販サイトよりは高い確率で、満足する商品で無かったり到着が遅れたりするなどのトラブルが発生します。そしてそれらはどんなに事前に情報を集めても発生するので、結局のところ実際に購入して確認するしか方法はありません。そして以下が注意点となります。

最初に送料を確認する必要があります。サイトがDHLやFedexなどの配送業者を利用している場合、送料が明記されていないことがあります。なかには商品をカートに入れて購入手続きを進めないと送料が判明しないサイトもあります。経験的には3,000~5,000円の送料が中心となっており、配送は注文確定から商品到着まで約1週間です。

コピー商品に関しては、日本のオークションサイトや他の国内大手ショッピングサイトのほうが遥かに多い印象です。それらのサイトでは本物と偽物が混在していますが、海外通販サイトの場合は「すべて本物」または「すべて偽物」の二択しかありません。ちなみに私が過去に購入した海外通販サイトの商品はすべて本物でした。

関税は特に税率が高い革靴には注意が必要です。関税込みの価格を表示しているサイトもありますが、税率に関して「現地の法律に準ずる」とのみ記載されている場合もあります。また関税別払いの場合、返品してサイズ違いと交換しても関税を再び支払う必要があります。

支払いはクレジットカード決済が一般的です。またHTTPSで保護されていないサイトは避けたほうが無難です。サイトがPaypalに加盟している場合はPaypalに登録して支払うと住所の入力が省略できるなど取引が円滑に進み、相手サイトにクレジットカード情報が渡ることもありません(その場合は支払い時に「現地通貨」を選択)。

サイズは日本国内で使用されているものとは異なります。ヨーロッパの衣服ではS(46)・M(48)・L(50)といった表記になります。そして国産製品のMサイズは国際表記ではSサイズとなります。靴はセンチメートル表記では無いので、必ず対応表で確認する必要があります。革靴の場合はUKサイズが最もバラつきが少ない印象です。

以上のことを踏まえた上で購入するとなると躊躇する方もいらっしゃるかもしれません。しかし海外通販には国内で入手不可能な商品もあったり、破格値で販売されている商品もあります。それらを購入するのは楽しみでもあるので、試してみる価値はあると思います。

YOOX.COM(ユークス)

そういったサイトのなかで私が12年間利用しているYOOX(ユークス)は使いやすい海外通販サイトです。同サイトはイタリアン ブランドを中心に取り扱い、商品数や関税込みの価格や返品が容易なことなどが評価が高い点です。そして当然ながらすべての商品が本物です。

同サイトの現時点における送料は600円または2,200円(プロモーションによって異なる)となっています。また革靴を含むすべての商品が関税込みの価格です。さらに頻繁にセールを行っているので価格が変動し、購入から商品到着まではおよそ7日以内です。

商品は最新シーズンのものは少なく、シーズン落ちやデッドストックに近い革靴なども存在しますがすべて新品の範疇に入ります。また日本ではB品(不良品)に仕分けられる商品も時折見かけますが、最終セール品以外は返品可能なので特に問題はありません。

最新シーズンに近い商品の価格は日本国内定価より30~50%オフといった印象ですが、日本国内で購入したほうが安い場合もあるので注意が必要です。また売れ残り商品は時間経過とともに価格が下がり、最終的に90%オフとなる場合もあります。

表示サイズはヨーロッパサイズとなっています。商品もヨーロッパ向けなので、例えばテーラードジャケットの袖が日本人には長すぎる場合もあります。そして袖ボタンがあらかじめ本切羽で処理されている場合は肩から袖を詰めるしかありません。

個人的には同サイトでお買い得な商品としてイタリアン ブランドのジーンズやパンツ類、あるいは革靴やスニーカーなどが挙げられると思います。パンツ類は1万円以下で大量に販売されていますし、イタリア製の革靴も定価の半額以下で販売されている場合もあります。逆にハイブランドの商品の値引率はそれほど高くありません。

同サイトに向いている購買者としてはイタリアン ブランドの知識が豊富でお買い得商品の見分けができる方、あるいはブランド知識は少なくてもカッコ良さや価格で即決できる方などが挙げられます。逆に見知らぬブランドをご自分で調べる意思が無い方には向いていません。

いずれにしてもYOOXは膨大な商品の中からお気に入りの商品を見つけてDREAM BOXに入れることから始まります。そして買い逃してもすぐに次の欲しい商品が出てくるので、買い続けるとキリがありません。したがって1ヶ月の予算や購入点数を事前に決めるなどするとよろしいかと思います。

ココをClick→記事タイトルとURLをコピー

コメント

アクセスが多い投稿

イタリア人と日本人の足型の比較

Gianluca Vacchi氏は何者なのか?

Santoniの革靴を個人輸入しました

TOD'Sのローファーを個人輸入しました

筋トレはベンチプレスのみでスーツが似合う体型になる

このブログを検索

連絡フォーム

名前

メール *

メッセージ *