40代以上のメンズTシャツ スタイルは長いパンツと合わせる

40代メンズTシャツ コーディネート
メンズ ファッションに限らず少ないアイテム数のコーディネートは体型が出るので難しい傾向があります。また高身長の方は多少サイズ感がズレても多くのスタイルがお似合いになる一方で、身長が低くなるにしたがってサイズ感はシビアになってまいります。そして水着のみでもカッコ良く見える方々は、アイテム数が増えてもカッコ良く見える可能性が高くなります(筋肉自慢を除く)。

メンズ ファッションではスーツ スタイルが最も簡単にカッコ良く見せる方法であります。スーツ スタイルは体型の欠点を隠すことができる上に、最初からジャケットとパンツが揃っているので組み合わせに迷うことがありません。そういった理由などから多くの方々がスーツスタイルによるオシャレを楽しんでいらっしゃるわけでございます。

一方でカジュアルスタイルは、ファッション アイテムの組み合わせ数が増えるなどの理由によってコーディネートが複雑化します。また40代以上の方々にとってTシャツ スタイルは難易度が高めで、スーツ スタイルを得意とする方々は夏でも長袖シャツを着用が多くなります。参考までにスーツ スタイルが得意の方々のカジュアル スタイルが予想以上にダサかったり、その逆の場合も良く耳にするお話であります。

体型が崩れかけている40代以上の方々のTシャツ スタイルは、どうやっても苦情の対象となるので妥協が必要でございます。特に短パンとTシャツの組み合わせは体型に依存するので、夏の暑さを我慢してもデニムや長いパンツのほうが歳相応の印象となります。また高身長の方を除いてヒップホップ風のオーバーサイズTシャツは避けたほうが無難であると思います。

40代メンズTシャツ コーディネート
最もシンプルな白無地Tシャツとデニムの組み合わせは一見簡単そうですが、年齢が上がると体型が崩れるので難しくなる場合があります。それでも高身長で色黒の方であれば劇的にお似合いになる可能性はあります。

40代メンズTシャツ コーディネート
緩いシルエットのワンポイント絵柄Tシャツは比較的汎用性が高いと思われます。特に緩いシルエットのパンツと合わせると下半身も蒸れにくく、大人風のTシャツ スタイルとなります。

40代メンズTシャツ コーディネート
マリン風味の横縞Tシャツは程よくボディにフィットすればそれなりに見えると思いますが、どちらかと言えば若者さん向けといった印象です。一般的に縞柄Tシャツは主張が強いアイテムなので、コーディネートが難しい場合があります。

40代メンズTシャツ コーディネート
派手なプリント柄Tシャツやキャラクター柄Tシャツは安価なものを購入すると安っぽく見える確率が高いので、素材やシルエットを含めて慎重に選択する必要があります。またグレーは汗ジミが目立ちやすいので注意が必要です。

40代メンズTシャツ コーディネート
ブルー デニム以外では、チノパンなどの茶パンツとの組み合わせがオススメでございます。特に無地のアイボリーや茶系Tシャツとの組み合わせは、あまり見かけない上にそれらの入手も比較的容易です。

40代メンズTシャツ コーディネート
多少なりとも胸板を鍛えている方であれば、体型にフィットしたVネックTシャツもお似合いかと思います。ただし黒Tシャツは汚れや汗ジミが目立たない反面、太陽光を吸収するので夏はかなり暑くなります。

40代メンズTシャツ コーディネート
イエローTシャツは薄手の色が使いやすいかもしれません。特にアメリカ西海岸風味のスタイルであれば、イエローTシャツは良いと思います。

結局のところ私自身もTシャツのコーディネートには苦労しております。とりあえずシンプルになり過ぎるのを避けるためにブレスレットなどのアクセサリ類を付けるようにしています。過去にはネックレスも考えたのですが、夏場のネックレスは素材にかかわらずベタついて不快なので諦めております。

【関連記事】

40代のTシャツは茶色と灰色、ジャストサイズでオシャレに見せる
Tシャツと革靴を合わせるメンズ サマー コーディネート
現在までに購入したNigel CabournのTシャツ

ココをClick→記事タイトルとURLをコピー

コメント

© 2021 やさぐれスタイリスト:ファッション誌で当ブログの内容を流用することはご遠慮ください

アクセスが多い投稿

イタリア人と日本人の足型の比較

Gianluca Vacchi氏は何者なのか?

TOD'Sのローファーを個人輸入しました

40代奥様向けのメンズ スタイリングのヒント【写真】

40代メンズのブルー シャツは攻めのアイテム