標準的な40代のビジネス スーツ スタイル

40代の標準的なスーツスタイル
これからオシャレを始める方であっても、すでにオシャレにどっぷりと浸かっている方であってもビジネス スーツ スタイルは必須項目でございます。このスタイルにおいては、それぞれのアイテムを強調することなくバランスが取れた基本に忠実な着こなしが求められます。

スーツは無地または細いストライプのダーク スーツが国際標準でございます(黒は不可)。襟はノッチドラペルで、細すぎないほうが40代の皆様には適切であります。3つボタン スーツはあまり一般的では無いので、2つボタンが基本となります。またジャケットのポケットのフラップは、いかなる場合でも外に出しておきます。

シャツは素材を問わず装飾無しの白で、襟は真面目さより堂々とした印象を与えるワイドスプレッドが良いと思います。シャツの袖はジャケットの袖の長さも影響しますが、ジャケットの袖から最低でも1.5cm程度は見せる必要があります。私は左手の袖ボタンを常に外し、腕時計が袖の先端を止めないようにしています。

ネクタイはこのスタイルにおいて最もセンスを問われます。無地は印象が弱いので、上記のような暗色の小紋柄またはドット柄などが年齢相応であると思います。またセール品で探すのでは無く、40代の皆様は最低でも1本は定価で購入した高級感があるネクタイが必要になります。

パンツに関してはビジネス スタイルの場合は座ることも多いので、座った姿勢でくるぶしが完全に見える程度の裾上げの長さが良いと思います。したがって立ち姿勢になると少々長めに見えますが、カッコの良し悪しの問題ではないので短すぎないほうがビジネス向きでございます。

足元は黒の紐革靴で内羽根式のストレート チップまたはプレーン トゥのいずれかとなります。靴底はラバーでも問題はありませんが、靴先はブラッシングなどである程度の輝きを出してエレガントさを演出したほうがよろしいかと存じます。

参考までにスーツスタイルには2つに大別することができます。ひとつはオシャレなスタイルでパーティーなどで着用し、他人の目を気にする必要が無いものです。もうひとつはビジネスのスタイルで、職場環境や対人にも配慮をする必要があります。そしてオシャレな方々はこれらを必ず使い分けております。

例えばTVアナウンサーの方々は後者であり、悲喜こもごものニュース全てに相応しい服装が求められるのでオシャレなスタイルはNGでございます。仮にそういったスタイルで悲惨なニュースを伝えれば、視聴者から仕事に対する良識を問われかねません。それ故に世界中のTVアナウンサーは普通のスーツ スタイルなのであります。

【関連記事】

マリネッラの小紋柄オーダー ネクタイ(2本め)
Santoniの革靴を個人輸入しました

ココをClick→記事タイトルとURLをコピー

コメント

投稿総数:

2012年~2019年の投稿

もっと見る