マスタード色ジャケットのメンズ コーディネート

マスタード色ジャケットのメンズ コーディネート
上記のジャケットのように微妙な中間色のアイテムのコーディネートは、試行錯誤が必要となります。それが特に一点物のように珍しい色は、合わせるアイテム数を多く必要とするのでスタイリッシュな外観を作り出すことが困難です。

このジャケットは難しい色に加えて肉厚な生地なので、今でもスタイリングに苦労しております。またシルエットがタイトなので厚手のニット類が使えず、これも苦労する理由のひとつとなっています。

マスタード色ジャケットのメンズ コーディネート
難しい色の場合は上下で色味と質感を合わせることが最も容易なコーディネートになります。しかしこのような雑誌のスタイル写真を思わせるコーディネートは出かける場所が限定され、さらに女性も服装を合わせにくいのでデートなどにもあまり適していません。

マスタード色ジャケットのメンズ コーディネート
そうなりますとジーンズと合わせる方法が次点の選択肢となります。特に濃い目のインディゴブルー色は汎用性が高く、この色のジーンズと合わないジャケットは一般の方々では使いこなせないと思います。

インナーはこれも汎用性が高いウエスタン デニムシャツを組み合わせていますが、シャツはの色は濃い目のほうが合わせやすそうです。一方で光沢がある普通のドレスシャツは、質感がどうやっても合わない印象でした。

マスタード色ジャケットのメンズ コーディネート
ブラックの長袖ポロシャツ+グレーのフランネルパンツ+ブラウンのブーツを組み合わせた上記は極めて玄人さん寄りですが、現時点におけるベストのコーディネートであると考えております。

参考までにこのジャケットの袖には裏地が付けられておらず、これが原因で着脱が面倒であったり摩擦による色移りの恐れがありました。それをしばらく放置していたのですが、先日裏地を付けてみたところ別物のジャケットのように着やすくなりました。

【関連記事】

ERAL55のカジュアル テーラード ジャケットを購入しました

ココをClick→記事タイトルとURLをコピー

コメント

© 2022 やさぐれスタイリスト:ファッション誌などによる当ブログの流用はご遠慮ください

サイト内検索