40代メンズのオシャレはパンツからはじめる

40代メンズ パンツ コーディネート
40代の方々がオシャレをはじめる場合、何から揃えて良いのか迷うこともあるかと思います。また予算には限りがあるので、すべてのアイテムを一気に揃えることが難しい事情もあります。

そうなりますとお手頃な価格帯のアイテムに目が行って長袖シャツあたりから始めたりしますが、シャツはスタイルの大きな変化があまり期待できません。さらにクリーニングを含む洗濯の手間が煩雑でもあります。

その点パンツは単体でスタイルの向上が期待できるアイテムと言えます。加えてパンツは洗濯の頻度が少なく、本数が増えてくればクリーニングの頻度は年に1回以下となる場合もあります。

実際のところパンツはジャケットやコートと違い、それが無いとメンズファッションが成立しない重要なファッションアイテムです。そしてスタイリングにおける専有面積も大きいので、外観が大きく変化する可能性があります。

40代メンズ パンツ コーディネート
以上のような理由からパンツからオシャレをはじめることをオススメするわけです。とは言ってもどんなパンツでも良いわけでは無く、最初は汎用性が高いブラウンのコットンパンツ(チノパン)からはじめると良いと思います。
例えば上記はフランスを代表するカジュアル ブランドのラコステのチノパンでございます。スポーツ ウエアを得意とする同ブランドのウエアは、品質もデザイン性も高い印象です。また入手も容易で、セールで購入することも可能です。

私は時折同ブランドの店舗でウエア類を見ることがあるのですが、有名なポロシャツはもとより品質に定評があるローカット スニーカーなども価格帯がお手頃なので、ワニのロゴアイコンがお嫌いでなければ初心者の方々にもオススメです。

40代メンズ パンツ コーディネート
ジーンズは一般的なアイテムであるものの、ブランドやシルエットによってスタイリングが大きく変化します。40代の皆様の場合、リーバイスに代表されるアメリカンブランドのものはお尻の生地が余って後ろ姿が老けて見えるので注意が必要です。

さらにテーラードジャケットと合わせることも考慮すると、細めのシルエットでダメージ加工が無いジーンズが良い感じです。パンツ丈もくるぶしが丁度隠れる位置で詰めるとジャケットとの相性も良くなります。

いずれにしてもジーンズを購入する際には後ろ姿も鏡でチェックし、お尻にフィットするシルエットを選択すると良いと思います。また裾のロールアップは、それほどカッコ良く見えないので必要ありません。

40代メンズ パンツ コーディネート
ホワイト パンツ(ジーンズ)は、オシャレを追求する上で一度は通る道であります。しかし多くの方々が躊躇するアイテムでもございます。しかしスタイルが劇的に変化する場合があるので、とにかく一度は試されることをオススメします。

そして初心者の方が避けるべきパンツには、コーデュロイ素材・柄物およびカーゴ パンツなどのワーク パンツ系(特にグリーン)、だらしなく見えるワイド シルエットなどがあります。それらはファッション メディアが良く勧めるのですが、高確率で失敗いたします。

以上のようなことを考慮してコットン素材のパンツを2~3本購入されると、ファッションに対する考え方が変化すると思います。ただし購入の際には、履き心地も含めて最終的にはご本人の意思で決定されたほうがよろしいかと存じます。

【関連記事】

40代メンズ向けグレー ウールパンツの着こなし方法【写真】

ココをClick→記事タイトルとURLをコピー

コメント

© 2022 やさぐれスタイリスト:ファッション誌などによる当ブログの流用はご遠慮ください