アズーロ・エ・マローネは日本限定のファッション用語

アズーロ・エ・マローネのメンズ ファッション
私は日常的にカタカナ語の元の言語の意味や綴りや使用方法を確認することにしています。それは初見のカタカナ語をそのまま覚えると、元の言語(特に英語)では通じない場合が多々あるからです。そして最近のそれは英語の他にイタリア語も加わってまいりました。

azzurro e marrone(英語:blue and brown)は近年イタリア人が得意とする色の組み合わせとして紹介され、日本国内においてファッション用語として見かけることがあります。しかし複数のイタリア人に尋ねたりネットで検索をしてはみたのですが、イタリアでファッション用語として使用されている形跡は確認できませんでした。

アズーロ・エ・マローネのメンズ ファッション
それも考えてみれば当然のお話で、他の言語に翻訳しても単に2つの色を言っているだけです。例えば文章の中でazzurro e marrone stanno bene(青と茶は良く合う)といった表現であればファッションの意味として理解可能ですが、その中から色だけを抜き出しても意味が通じるとは思えません。

アズーロ・エ・マローネのメンズ ファッション
カタカナ語におけるアズーロ・エ・マローネの起源は確認できませんでしたが、恐らくイタリアに出張などで訪れたファッション関係の日本人が現地で聞きかじって日本で紹介したものと思われます。いずれにしても、イタリアン ファッション崇拝者の皆様の間でしか通じない用語ではあります。

ちなみにイタリア語に限らず特定のカタカナ語を流行させようとするメディア関係者の方々が必ずいらっしゃいます。最近ではサブスクがそれに当たりますが、英語を理解する人々はサブスクなどとは口にいたしません。そして日本人がいつまでたっても英語ができない最大の原因はこのカタカナ語にあると考えています。

ビアンコ・エ・マローネのメンズ ファッション
一方で白と茶を意味するbianco e marrone(ビアンコ・エ・マローネ)は、アズーロ・エ・マローネより数倍多く検索結果が出てきます。そして白と茶は男女を問わずエレガンテな組み合わせとしてイタリアをはじめとした西洋諸国で紹介されています。

しかしながら日本のメンズ ファッションでは、茶系のアイテムの組み合わせは不得意といった印象です。パンツはチノパン止まりですし、キャメル コートは毎年のようにカッコ良く見せるアイテムとしてメディアで紹介されても(本当)街角で見かけることはほとんどありません。

ビアンコ・エ・マローネのメンズ ファッション
参考までに近年のイタリア製パンツは脚長効果が期待できるテーパードパンツが多くなっております。茶系のパンツであっても一般的なチノパンのような寸胴のシルエットとは異なるので、くるぶし程度に裾を詰めることによって40代メンズの皆様のスタイルが劇的に向上する可能性があります。

【関連記事】

Catarisano(カタリザーノ)のネイビー シャツ
BOGLIOLIのタバコ色カジュアル スーツ
現在までに購入した6本のFortela(フォルテーラ)のパンツ
BOGLIOLIのベルベット ダブルブレスト ジャケットを購入しました
GLAD HANDの長袖Tシャツを購入しました

ココをClick→記事タイトルとURLをコピー

コメント

アクセスが多い投稿

Gianluca Vacchi氏は何者なのか?

イタリア人と日本人の足型の比較

Santoniの革靴を個人輸入しました

ポロシャツの裾はインでもアウトでも着こなしが難しい

アイヴォルは初心者にも適したサングラス

このブログを検索

連絡フォーム

名前

メール *

メッセージ *