筋トレはベンチプレスのみでスーツが似合う体型になる

50代 筋トレ 脚前挙
日本でも近年は筋トレをされている方々が増えているようですが、ベンチプレス+スクアットを中心にプロテインを飲んでトレーニングは1日おきに……といった手法は私が米国留学していた30年前に当地で流行していました。そして現代のアメリカでは筋肥大より、動けるボディのトレーニングにシフトが進んでおります。

私は15年ほど前からジムに通いはじめて2年でベンチプレス100kgを挙げたのですが、その時点で終りが見えないウェイト トレーニングに飽きました。その後はマッスルアップなどの現代のアメリカではCalisthenics(キャリステニクス:自重系)と呼ばれるトレーニングに移行しております。

ウェイト トレーニングに関する個人的な意見としてはプロテインは必要ありませんし、ウェイトを使った筋トレは止めると筋肉が落ちますし、一歩も動かないで付けた筋肉がスポーツで使えるとは思えませんし、腹筋は服を着たら見えないのでどーでも良いなどといった考えに落ち着いております。

それでもスポーツ経験が無い方々がそれによって肉体改造をしたり、精神的な自信が付くといった観点からはウェイト トレーニングは有効でございます。しかしながらスーツをカッコ良く着る場合はお話が別であります。不必要な筋肉は見た目を悪化させる場合があるからです。

上半身に関しては肩の三角筋・胸の大胸筋・上腕三頭筋がジャケットを綺麗に見せるために必要です。三角筋は大きくすることによって肩幅が広くなります。大胸筋はジャケットの胸部分がフィットするようになります。最後に三頭筋で袖の上腕部に綺麗なシワが出るようになります。

そしてこれらの筋肉はベンチプレスによって一度に鍛えることが可能です。目安としては自重(kg)×10回または自重×1.2×1回を目標とすればそれで十分であります。あまり鍛えすぎるとボックス型(四角形)のシルエットのジャケットしか着られなくなります。

一方で胸が薄い・なで肩・腕が細いといった体型の方々は、男性らしいイタリア服が似合わない傾向があります。そういった方々も上記のような筋トレの目安を達成することにより、スーツがジャスト フィットしてジャケットやシャツの身幅を詰めるなどの修正も不必要になります。

下半身に関しては何もする必要はありません。例えばスクアットで鍛えると大腿四頭筋がすぐに大きくなるのでパンツの腿が入らなくなります。ふくらはぎも鍛えすぎると同様になります。脚部に関してはランニング程度で十分であると思います。

ちなみに上腕二頭筋(力こぶ)は腕を曲げないと大きく見えないことに加え、形状に個人差がある小さな筋肉です。この筋肉は簡単に大きくはならないので、腕を伸ばした状態で腕が太く見える上腕三頭筋のほうを鍛えたほうが効率的です。


参考までに上記は伸肘倒立(Press to Handstand: しんぴとうりつ)と呼ばれる体操の床運動の技であります(私本人)。この技は私のように運動経験が無い方々が、道具を一切使用せずに到達し得る究極に近い自重トレーニングと思われます。そしてこの技を1日おきに1回すればベンチプレスは必要ございません。

【関連記事】

イタリア服は胸が薄い40代メンズには着こなしが難しい
40代メンズは45kgの握力を目指しましょう
Hannibal for Kingの自重トレーニング

ココをClick→記事タイトルとURLをコピー

コメント

アクセスが多い投稿

Gianluca Vacchi氏は何者なのか?

イタリア人と日本人の足型の比較

Santoniの革靴を個人輸入しました

Parabootの革靴(CLAUDEL)を個人輸入しました

テーラード ジャケットの袖ボタンの付け方

ベルルッティ結びの結び方(動画・図解)

このブログを検索

連絡フォーム

名前

メール *

メッセージ *