サックスブルーシャツとジャケットは外れないコーディネート


ビジネス パーソンの方々が白シャツの次に購入されるシャツとしてはサックスブルー シャツがおすすめでございます。何故なら空色(スカイブルー)とも呼ばれるこの長袖シャツは、ビジネス スタイルでもカジュアル スタイルでも使用できるからです。

日本ではあまり人気が無いブルー系のシャツですが、テーラードジャケットとの相性はかなり良いのであります。国内ではシャツの裾を出すカジュアル スタイルも見かけますが、ボケた色のコーディネートになりがちなのでウェスタン デニム シャツを除いて単体使用は避けたほうが無難です。

ブルーシャツとテーラードジャケットのコーディネート
サックスブルーのシャツはカジュアル扱いでは無いので外資系の会社は無論のこと、よほどお固い職場でもない限りは問題ございません。そして上記のようにネイビー系のネクタイと合わせると一撃で上級者スタイルとなります。

ブルーシャツとテーラードジャケットのコーディネート
ネイビー ジャケット&グレーパンツのような単純なスタイルであっても、サックスブルー シャツは白シャツよりエレガンテな外見となります。またオフィスカジュアル スタイルでは単調となりがちな白シャツよりは洗練された印象になります。

ブルーシャツとテーラードジャケットのコーディネート
ベージュのテーラードジャケットとの組み合わせは、シンプルながらサイズさえ合っていれば外れることが無い組み合わせになります。またカジュアル パーティーなどのシーンにおいても威力を発揮するスタイルであります。

ブルーシャツとテーラードジャケットのコーディネート
上記は多少の無理やり感はありますが、カジュアル色が強いテーラードジャケットと合わせることも可能です。さらにシャツの袖ボタンを外したり、シャツの袖を外側に折り曲げたりするとオシャレな印象になります。クリエイティブ関係のお仕事をされている方には適したスタイルかもしれません。

ブルーシャツとテーラードジャケットのコーディネート
柄物ジャケットの場合はブルー系の柄が入っているほうがシャツと合わせやすいと思います。またブラウン系のパンツはブルーシャツと合わせやすいので、チノパンであってもスタイルが大きく変化いたします。

ブルーシャツとテーラードジャケットのコーディネート
単なるデニムのテーラードジャケットでも白シャツとは違った印象になります。インディゴブルーとサックスブルーは上品な組み合わせとなるので、若者さんより40代以上の方々にお似合いでございます。

参考までに私のSNSや直接お話する女性の方々は、国内外を問わずサックスブルー シャツには興味を示されることが多いと感じております。そしてこのような色合いのブルー シャツは入手が容易なので、とりあえず試されてみてもよろしいかと存じます。

【関連記事】

ハイドロゲンのウエスタン デニム シャツを購入しました
Casseraの長袖シャツ(2・3枚目)
BOGLIOLIのネイビー ダブル ジャケットを購入しました
Magyars(マージャーズ)のダブルブレスト ジャケット
ERAL55のカジュアル テーラード ジャケットを購入しました
ルビナッチのジャケットをオーダーメイドしました
Doppiaa(ドッピアア)のデニムスーツ

ココをClick→記事タイトルとURLをコピー

コメント

投稿総数:

アクセスが多い投稿

イタリア人と日本人の足型の比較

Gianluca Vacchi氏は何者なのか?

Santoniの革靴を個人輸入しました

Parabootの革靴(CLAUDEL)を個人輸入しました

テーラード ジャケットの袖ボタンの付け方

ベルルッティ結びの結び方(動画・図解)

このブログを検索

連絡フォーム

名前

メール *

メッセージ *