STUDIO D'ARTISANのトラック ジャケットを購入しました

STUDIO D'ARTISANのトラック ジャケット
ステュディオ・ダ・ルチザンは創立40年のアメリカン カジュアル アイテムを中心としたアパレル製品を製造販売する日本のブランドでございます。そして大阪・恵比寿・表参道・横浜元町の直営店舗をはじめとして下記のように全国に取り扱い店舗もございます。

取扱店舗一覧 | デニム・ジーンズの製造・販売 - ステュディオ・ダ・ルチザン(STUDIO D'ARTISAN)
また同ブランドはユーロ ビンテージをモチーフとしたオルゲイユ(ORGUEIL)と呼ばれるブランドとの2本立てとして展開しており、特にレザー ジャケット類に関してはメンズの方々であれば興味をそそられるかもしれません。

ORGUEIL
さて、今回購入したのはステュディオ・ダ・ルチザンのトラック ジャケットでございます。一般的にトラック ジャケットは使い勝手が良いのですが、それらは主にスポーツ ブランドのものが多いのでデザイン性があまりよろしくありません。

STUDIO D'ARTISANのトラック ジャケット
このトラック ジャケットはステュディオ・ダ・ルチザンの創立40周年を記念してデザインされたものであります。ちなみに同ブランドのブランド アイコンは豚とのことです。素材はポリエステル100%で非常になめらかな手触りです。価格は定価税抜きで12,800円でした。

STUDIO D'ARTISANのトラック ジャケット
袖はラグランスリーブとなっている関係で多少サイズが合わなくても外見上問題ありませんし、肩周りの自由度が高くなっている印象です。またデザイン的にも長袖シャツ+デニムなどにも合わせられます。

STUDIO D'ARTISANのトラック ジャケット
トラックジャケットをカッコ良く着るためにはダブルジッパーが必須でございます。シングル ジッパーではジャケットの裾がずり上がった時に腹部が出てしまい外見が悪化いたします。それを下部のジッパーを5~10cm程度開けることによって防ぐことができます。

このジャケットは上記のアイボリーの他にグリーンやボルドー色の展開もあります。サイズに関してはトラック ジャケットの性質上、ジャストフィットより大きめのほうが良い感じです。身長170cm・65kgの私の場合、Mサイズは少々ピチピチ過ぎたのでLサイズを選択いたしました。

トラック ジャケットは意外と汎用性が高く、テーラード ジャケットやロング コートにも合わせられますが素材やデザイン性が重要です。同ブランドのものは比較的お手頃な値段なので、単体着用してトラック ジャケット デビューする方法も良いかもしれません。

【関連記事】

40代メンズのトラック ジャケットの着こなし

ココをClick→記事タイトルとURLをコピー

コメント

投稿総数:

アクセスが多い投稿

イタリア人と日本人の足型の比較

Gianluca Vacchi氏は何者なのか?

Santoniの革靴を個人輸入しました

Parabootの革靴(CLAUDEL)を個人輸入しました

テーラード ジャケットの袖ボタンの付け方

ベルルッティ結びの結び方(動画・図解)

このブログを検索

連絡フォーム

名前

メール *

メッセージ *