テーラードジャケットとパンツのコーディネートは素材を合わせる

テーラードジャケットとパンツのコーディネート
コーディネートを考える場合、色の組み合わせが中心になりがちございます。特に昨今のファッション メディアでは、単なる色合わせにしか見えない雑なコーディネートを数多く見かけます。しかし、実際に服を着る際には質感の組み合わせも重要な要素となります。

そしてテーラードジャケット+パンツのスタイルは、基本的に同じ素材のものを合わせると違和感が少ないコーディネートとなります。これを無視すると遠目には良い色の組み合わせであっても、近目で見ると何かが違ったコーディネートとなることがあります。

テーラードジャケットとパンツのコーディネート
比較的汎用性が高いブルージーンズですが、ウールジャケットとの相性はあまり良くない感じです。そもそもチェック柄のジャケットはコーディネートが難しいのですが、他のウールジャケットやホワイト ジーンズで試しても結果は同様でした。

テーラードジャケットとパンツのコーディネート
コットンジャケットのコーディネートに迷った場合はとりあえずブルージーンズと合わせておけば問題ありません。ただしブルージーンズよりホワイトジーンズのほうが合わせやすくスタイリッシュな外観となります。

テーラードジャケットとパンツのコーディネート
ウール ジャケットとコットンパンツの組み合わせも悪くはありませんが、冬用のジャケットと春夏用のコットン素材のパンツ&シャツは季節感が今ひとつ合わないといった印象です。

テーラードジャケットとパンツのコーディネート
やはり冬用のジャケットはタートルネックやフランネル素材のパンツのほうが良く合いそうです。特にホワイトのフランネル パンツと組み合わせた場合、パーティー スタイルに劇的に変身いたします。

テーラードジャケットとパンツのコーディネート
同じウール素材であってもサマーウールは、コットンジャケットと問題無く合わせることが可能です。そしてサマーウールのジャケットとも当然ながら合わせることができます。

テーラードジャケットとパンツのコーディネート
ブラウンのコットンパンツ(チノパン)はホワイトジーンズより初級者向けであるものの、国内ではテーラードジャケットと合わせるスタイルがあまり定着していません。しかし合わせ方によっては上級者への一番の近道となります。

結局のところ様々な種類のテーラードジャケットと合わせるためのボトムスは、ブルー&ホワイトジーンズ・チノパン・フランネル素材の最低4種類が必要となります。特に冬季はフランネル素材のグレーパンツは必須アイテムであると思われます。

【関連記事】

テーラードジャケットのコーディネートは無地の3色をマスターする

ココをClick→記事タイトルとURLをコピー

コメント

© 2022 やさぐれスタイリスト:ファッション誌などによる当ブログの流用はご遠慮ください

サイト内検索