テーラードジャケットのコーディネートは無地の3色をマスターする

40代向けのテーラードのメンズ スタイル
ウエアを購入する際にはカッコ良さより合わせやすさに重点を置くことが必要でございます。例えばセール品のカッコ良いテーラードジャケットでもあっても、他のアイテムと合わせにくいことが予想される場合は購入すべきではありません。

そして合わせやすさを追求すると3色以下のコーディネートに落ち着くことになります。しかし色使いまで説明しているメディアは少ないので、大雑把な例をご紹介させていただこうかと思います。参考までにインナーはTシャツ・長袖シャツ・タートルネックを想定しています(〇△×は合わせやすさ)。

テーラードジャケットを使用した3色のスタイルは上記写真のような3色が基本となります:白(ジャケット×インナー〇パンツ〇)青(ジャケット〇インナー〇パンツ×【ジーンズは〇】)茶(ジャケット△インナー×パンツ〇)。

40代向けのテーラードのメンズ スタイル
ベージュ(ジャケット〇インナー〇パンツ〇)は多くのアイテムに合わせやすい色でございます。特に白と組み合わせた場合、一気に上級者風味のスタイルに変身する可能性を秘めております。

40代向けのテーラードのメンズ スタイル
緑(ジャケット△インナー△パンツ×)は一般の方々には難しい色です。緑のスーツはカッコ良いと勧めるメディアもありますが、そんな色のスーツは着ていく場所が無いのが現実です。

40代向けのテーラードのメンズ スタイル
ボルドー(ジャケット〇インナー×【タートルネックは〇】パンツ×)のジャケットは、洗練された色としてイタリアなどで見受けられます。茶のジャケットよりは合わせやすいのですが、流通量が少ないのが難点です。

40代向けのテーラードのメンズ スタイル
黒(ジャケット×インナー△【タートルネックは〇】パンツ×)はファッション関係者で内輪ウケしている色であります。一般的にはグレー(ジャケット△インナー△【タートルネックは〇】パンツ〇【コットン素材は×】)などと合わせると、いかつい外見が和らぐこともあります。

40代向けのテーラードのメンズ スタイル
同じ黒でも首の周辺が引き締まって見えるタートルネックはエレガンテな印象となります。黒タートルネックとネイビー ジャケットの組み合わせは玄人さん向けとなります。

いずれにしても3色コーディネートは、合わせやすい〇のアイテムをテキトーに選んで組み合わせればそれなりに見える利点があります。また2色に減らしても問題はありません。

【関連記事】

スーツのVゾーン(和製英語)のお洒落はビジネスシーンには不要
ジャケット+パンツ スタイルにネクタイは似合わない【写真】
初歩的なテーラードジャケット+白長袖シャツ+ジーンズのスタイル

ココをClick→記事タイトルとURLをコピー

コメント

© 2021 やさぐれスタイリスト:当ブログの内容をファッション誌で流用することはご遠慮いただいております

アクセスが多い投稿

イタリア人と日本人の足型の比較

Gianluca Vacchi氏は何者なのか?

Santoniの革靴を個人輸入しました

メンズ革サンダルは擦れて痛い場合がある

スタイリストが提案する40代メンズ向けクールビズ【写真】