タートルネックが似合わないメンズの原因は体型にある

コスタンザのタートルネック
タートルネックは40代の方々にとって便利な冬季ウエアでございます。長袖シャツより防寒効果が高く、コートやダウンジャケットやテーラードジャケットにも合わせることが可能です。また長袖下着を着用することにより、長袖シャツのように毎回洗濯する必要もありません。

一方でタートルネックは頭が大きく見えるとか、首が短く見えるので似合わないなどと言われています。しかしそれらは似合わない根本的な原因ではありません。むしろその原因は体型にあります。

タートルネックが似合わない原因
タートルネックを着こなす場合、赤線で囲まれた部分に筋肉または贅肉が必要となります。それによってシルエットが丸みを帯びて柔らかい印象となります。逆に胸が薄く骨ばっていると針金ハンガーに吊るしたような外見になります。

特に薄手のタートルネックは体型が顕著に現れるので、胸肩の周辺の肉付きが少ないとシワが寄るなどしてサイズが合っていないようにも見えます。そしてこれが、体脂肪率が低い若者さんにありがちな似合わない原因となります。

解決方法としては筋肉を付ければ良いのですが、特にトレーニングをしなくても加齢で自然に贅肉が付いてきます。そういった理由から、若い頃より体重が増えた40代メンズの方々に向いたウエアと言えるわけでございます。

いずれにしてもタートルネックはデザインによっては体型が強調されるので、体型に自信がある男性や女性が着るとスタイルが良く見えるウエアです。そして一般的にTシャツが似合わない体型の方は、タートルネックも似合わない傾向にあります。

【関連記事】

Costanza(コスタンザ)のタートルネックを購入しました
McRitchieのタートルネック

ココをClick→記事タイトルとURLをコピー

コメント

© 2022 やさぐれスタイリスト:ファッション誌などによる当ブログの流用はご遠慮ください