ポロシャツ裾のインとアウトの比較【写真】

ポロシャツの裾のインとアウトの比較
ポロシャツは着こなしが難しいので、一般の方々は無理をしてまで着る必要が無いアイテムでございます。しかし夏場になりますとメンズ ファッション メディアはネタ切れの関係で、ポロシャツを取り上げることが多くなります。

ポロシャツは様々な素材や形状の存在が着こなしを難しくしている一因となっております。また体型を隠せるジャケットやシャツと違い、ポロシャツは体型が良くないと綺麗に見せることができません。

さらに乳首が透けることがあるので、インナーが必要なケースも発生します。しかしそれでは暑すぎて半袖を着用する意味がありません。とは言っても大胸筋を鍛えて大きくすれば、それもある程度は回避可能です。

そして裾のインとアウトは常に議論となりますが、ポロシャツは結局のところスポーツカジュアル ウエアなのでお好きなように着こなせば良いと思います。

ポロシャツの裾のインとアウトの比較
アウトをする場合は基本的に着丈が短いほうが自然に見えます。目安としてはパンツのポケットに簡単にアクセスできる着丈が適切となります。これがポケットの中身を取り出す際にポロシャツの裾が引っかかるようであれば長すぎと言えます。

裾を出すスタイルがお好みの方の場合、お直し屋さんなどで裾を詰めてもらうことも必要です。何故なら裾が長いデザインであっても、インをする前提とは限らないからです。さらに素材によっては経年で着丈が伸びることもあります。

ポロシャツの裾のインとアウトの比較
裾をインする場合は長めの着丈を必要とします(上記の場合は着丈が短いので着座すると裾が飛び出します)。こちらの着こなしは体型(特に腹部)が強調されやすいので、体を鍛えていない方の場合はシニア スタイルに見える可能性があります。

また裾をインしてもカジュアル スタイルに変化は無いので、ビジネス向けとはなりません。そもそも国内でポロシャツを容認している企業は少ないので(国際的にも)、夏のビジネス スタイルの主流となることは当面無いと思われます。

ココをClick→記事タイトルとURLをコピー

コメント

© 2021 やさぐれスタイリスト:ファッション誌で当ブログの内容を流用することはご遠慮ください

アクセスが多い投稿

イタリア人と日本人の足型の比較

Gianluca Vacchi氏は何者なのか?

TOD'Sのローファーを個人輸入しました

40代メンズのダブル ライダース ジャケットの着こなし【写真】

40代奥様向けのメンズ スタイリングのヒント【写真】