40代メンズ向け白パンツの着こなし方のヒント【写真】

40代メンズの白パンツのコーディネート
白パンツはブルージーンズなどと違ってカッコ良く見せるための許容範囲が狭く、実際に履いてコーディネートを試してみないとわからない部分があります。しかし劇的にスタイルを変えることが可能なアイテムでもございます。

また白パンツは汚れやすいなどの理由で売れ残ることも多く、セールで購入する機会にも恵まれています。ちなみに白ジーンズのロールアップは表地と裏地が同じ色なので意味が無いので、ロールアップをしない前提で裾丈を詰める必要があります。

白パンツは軽快さと軽薄さが表裏一体であり、コーディネートに失敗すると軽薄な外見となりかねません。しかし裾丈(長さ)と裾幅に注意をすることにより、多くのウエアとの組み合わせにおいてスタイルアップを図ることができます。

40代メンズの白パンツのコーディネート
上記は一般的なブルー ジーンズやカジュアル パンツでは許容範囲の裾丈ですが、白ジーンズの場合は長すぎて膝から下がモッサリとした印象になります。また裾幅が広めの19㎝なので、昔風のスタイルに見えてしまいます。

40代メンズの白パンツのコーディネート
白ジーンズ(白カジュアル パンツ)の場合はくるぶしが見える位置で詰めるとスッキリして見えます。40代の方々がこの短さに詰めるのは抵抗があるかもしれませが、白ジーンズをカッコ良く見せるためには避けては通れない道でもあります。

裾幅は18㎝以下が理想的です。しかしこの細さのパンツは先端に向かって細くなるテーパード パンツが多く、場合によってはふくらはぎがキツいこともあります。したがって必ず試着をして確認をする必要があります。

40代メンズの白パンツのコーディネート
一方でフランネル生地のフォーマル寄りのホワイト パンツはくるぶしが隠れるギリギリの位置で詰めます。革靴と合わせることを前提としたこのようなパンツは、裾幅が20㎝と広めのほうがエレガンテな外見となります。

40代メンズの白パンツのコーディネート
白ジーンズと白スニーカーはありきたりの組み合わせですが、真っ白なスニーカーよりは何らかの模様があったほうが良い感じです。上記のようなスタイルの場合はニューバランスのようなスニーカーが良く合いそうです。

40代メンズの白パンツのコーディネート
冬季限定ですがマウンテンブーツとの組み合わせは完全な玄人さん仕様となります。マウンテンブーツはそれほど一般的では無いのですが、足元にボリューム感があるので裾幅が狭いパンツと合わせると足のシルエットが綺麗に見えます。

40代メンズの白パンツのコーディネート
白パンツと茶系のウエアの組み合わせは上級者向けとなります。特に茶系の革靴と合わせる方法は近年のイタリアで見かけるスタイルでもあり、失敗することが少ないので試されてみても良いかと思います。

40代メンズの白パンツのコーディネート
白パンツのコーディネートにおいてベルトの選択は迷いがちです。一般的な黒や茶の革ベルトは目立ちすぎるので、ベルトが見えない場合や温暖な季節はベルト無しでも問題ありません。逆にベルトをする場合は薄い色または柄物の派手なデザインが良いと思います。

【関連記事】

現在までに購入した6本のFortelaのパンツ
GTAのフランネルパンツを購入しました

ココをClick→記事タイトルとURLをコピー

コメント

© 2021 やさぐれスタイリスト:当ブログの内容をファッション誌で流用することはご遠慮いただいております

アクセスが多い投稿

イタリア人と日本人の足型の比較

Gianluca Vacchi氏は何者なのか?

Santoniの革靴を個人輸入しました

メンズ革サンダルは擦れて痛い場合がある

スタイリストが提案する40代メンズ向けクールビズ【写真】