サフィールノワールのミラーグロスで革靴を磨きました

サフィールノワールのミラーグロス
私は革靴の先端を磨き上げるのが下手でございます。過去には何度もワックスで挑戦しているのですが、鏡面仕上げに成功したことがありません。そういったなかでSAPHIR NOIRにMIRROR GLOSSと呼ばれる鏡面仕上げ専用のワックスが販売されていたので購入しました。

ちなみに革靴先端の鏡面仕上げは皮革が輝くのでは無く、重ね塗りしたワックス表面が輝きます。したがって折れ曲がる部分はワックスが割れるので塗ることができません。また可能な限りワックス表面を滑らかに仕上げる必要があります。


最初に蓋がキツく容器の周囲を何度も叩いても緩まず、悪戦苦闘の末に透明テープで固定されていたのを発見したときには脱力いたしました。

サフィールノワールのミラーグロス
同ブランドの他のワックスと異なり、ガラスの破片のような光沢があります。取り出すときにバラバラ落ちるので新聞紙は必須です。商品売り場の方のご説明によると、このワックスは固着が強いので割って革靴から剥がす場合もあるとのことです。


磨く革靴は最初から光沢はあったのですが、剥がれた部分もあるのでリムーバで元のワックスをある程度拭き取りました。全部拭き取らなかったのはこの上からミラーグロスを塗ることによって後で剥がしやすくするためです。


過去の方法では塗り伸ばしていたのですが、この手順に誤りがあったかと思われます。塗り伸ばすとワックスが厚くならないので、指の体温でワックスを溶かしながら叩くように塗り重ねました。

この後はしばらく乾燥させ(この間に逆の革靴にワックスを塗ります)、表面に水を数滴垂らし(霧吹きでも可)、指に巻いた布でやさしく表面を滑らかに成型します。そしてまたワックスを塗る手順を数回繰り返します。

私の場合は4回重ね塗りを行い、最後に乾燥した布で徐々に強く磨き上げました。この工程では靴磨き職人の方々が行うように布は常に横方向に動かしました。そして1足を磨き上げる所要時間は約40分でした。


最終的に上記のような仕上がりとなりました。どうやら鏡面仕上げに成功したようでございます。そういったわけで初めての方でも、このワックスを使えば鏡面仕上げが可能かと存じます。



ココをClick→記事タイトルとURLをコピー

コメント

アクセスが多い投稿

イタリア人と日本人の足型の比較

スーツポケットのフラップ(ふた)は常に外に出す

Gianluca Vacchi氏は何者なのか?

TOD'Sのローファーを個人輸入しました

青と緑のイタリア製ウエアは経年で変色しやすい