路地裏のストリート スナップ写真はカッコ良く見えます


Location: マカオ旧市街
近年はインスタグラムなどの流行によって写真撮影の機会が爆発的に増加しております。またスマホのカメラの性能の向上によって適当に撮影してもそれなりの写真は撮ることができます。しかしながら路上で人物のストリート スナップ写真をカッコ良く撮影したい場合はある程度の知識が必要となります。

そのストリート スナップ写真の先駆けとなった写真家のスコット シューマン氏は、被写体モデルの選択もさることながら横方向からの太陽光線や望遠レンズによる背景ボカシなどの手法を使用して一躍有名になりました。特に一眼レフカメラでストリート スナップ写真を撮影される方は参考にされると良いと思います。



ストリートにおける人物写真は証明写真とは違って背景もライティングも毎回異なります。したがって撮影の前には太陽光線の方向を確認する必要があります。例えば真正面からの強い太陽光線は影ができないのでコントラストが弱い写真になる場合があります。白い背景も場合によっては露出オーバー(白飛び)になる可能性もあります。

一般的にデジタル カメラは明るい場所を中心に色合いを調整する傾向があるので、人物より背景のほうが明るいと人物が暗くなります。そういった特徴を生かし、影や暗い場所を背景として人物を浮き上がらせるとカッコ良い写真が撮れます。そしてその背景としておすすめなのが路地裏なのでございます。


上記はマカオ旧市街の路地裏ですが、すでに撮影に慣れた感じのカップルの方々がいらっしゃいます。路地裏は建物によって太陽光線が遮られている上に、道が長い場合は遠近感のある写真を撮影することができます。また外国の場合には石畳なども良いアクセントになります。

人物写真は人物の服やポーズや表情に集中しがちですが、ストリート スナップ写真においては背景の役割も重要です。とりあえず撮影の前に影や暗色の建物などを探し、それらを背景とすれば今までとは違った写真が撮影できるかと存じます。

【関連記事】

BOGLIOLIのタバコ色カジュアル スーツ
スコット シューマン氏にサインをいただきました

ココをClick→記事タイトルとURLをコピー

コメント

投稿総数:

2012年~2019年の投稿

もっと見る

このブログを検索

連絡フォーム

名前

メール *

メッセージ *