意外と人気が出ないParajumpersのダウンジャケット

パラジャンパーズ ジャケット
Location: 合羽橋道具街
PARAJUMPERS(パラジャンパーズ@parajumpers_official)は2006年に創立したイタリアのカジュアル アウター ブランドでございます。アラスカのレスキュー部隊にインスパイアされたデザインや素材は各国の有名人に人気がありますが……日本ではそれほど見かけないブランドであります。

同ブランドコンセプトのひとつとして機能性が挙げられます。特にマスターピースと呼ばれる数種類の定番モデルの前面左側には大きなポケットが取り付けられています。肘のポケットには緩衝材を入れることが可能で、肘を付いた際の衝撃を緩和することができます。そして特徴的な黄色のチンストラップは防寒用ですが、同時にサングラスを保持することもできます。他にも携帯電話ポケットなどもありますが、総じて多くのポケットが取り付けられています。

過去には伊勢丹新宿店で取り扱いもあり、男性ファッション誌などでも取り上げられたこともあるのですが爆発的なヒットとはならなかった模様です。参考までに海外では偽物が出回るほど人気があるようです。そして現在ではmatopo(マトポ@matopo_official)が都内や関西圏で主に取り扱っております。

パラジャンパーズ GOBI
上記のダウンジャケットは2008年頃に購入したGOBIと呼ばれるモデルです。これはマスターピースのモデルなので現在でもほぼ同じデザインが継承されています。冬季のフィールドに出ていた頃は結構活躍しましたが、現在では他のアウターの活躍の影に隠れております。

同ブランドは実用性も兼ねてはおりますが、街ナカで着用するにはカジュアル色が少々強い印象です。その点においては同じような価格帯のカナダグースのほうがスーツにも合わせることが可能です。恐らくそのあたりが、今ひとつ人気が出ない理由かもしれません。また国内のラインナップも限られており、すべてのモデルを取り扱っているわけではありません。

コーディネートに関してはデニムと合わせるとかなりカジュアル色が強くなり、冬でも気温が高い東京などではあまりエレガントには見えません。私も長期間このジャケットとデニムを合わせてカジュアル スタイルで着こなしていましたが、今年の冬は一度くらいはスーツ スタイルに合わせてみようかと思います。

【関連記事】

Oliver Goldsmith CONSUL 1959を購入しました

ココをClick→記事タイトルとURLをコピー

コメント

投稿総数:

2012年~2019年の投稿

もっと見る