東映太秦映画村で侍になってみました

東映太秦映画村
先日、京都の東映太秦(うずまさ)映画村に旅行してまいりました。10年ほど前に最初に行った時は初めてのお侍姿で戸惑ってしまい、納得がいく写真が撮れませんでした。今回は2回めということもあり、小芝居をする余裕が出てきたのであります。

ちなみに私の選択した同心のコースですと、かつら合わせやメイクなどに約40分ほどかかり、そのあと1時間ほど館内および屋外セットの中を歩きまわることができます。注意点といたしましては雨や雪の場合は屋外セットに出ることができず、館内のみの撮影になってしまうことです。刀も竹光ですが抜くことができます。私のような本物風味の同心が屋外セットに出れば、必然的に素人衆のお客さんに記念写真を頼まれてしまいます。世が世なら私も時代劇スターになれたと勘違いできるレベルであります。

ココをClick→記事タイトルとURLをコピー

コメント

© 2021 やさぐれスタイリスト:当ブログの内容をファッション誌で流用することはご遠慮いただいております

アクセスが多い投稿

メンズ革サンダルは擦れて痛い場合がある

イタリア人と日本人の足型の比較

Gianluca Vacchi氏は何者なのか?

40代以上のメンズTシャツ スタイルは長いパンツと合わせる

Santoniの革靴を個人輸入しました