40代メンズ向けブラウン ライト コートのコーディネート

ブラウン ライト コートのメンズ コーディネート
年齢を重ねるとモッズコートなどのハード系ライトコートの着こなしは難しくなります。そういった場合にはお仕事用にも使えるステンカラーのライトコートの出番となります。特にそれらは気温差が大きい晩秋や春先には便利です。

一般的なライトコートはナイロンまたはコットン素材となりますが、問題は色でございます。黒は若者さんには人気ですが、40代ではモード風味でイカつい外観となります。またネイビーのコートは色合いが難しいので、あまり初心者向けとは言えません。

そうなりますとベージュも含めたブラウンが入手も容易で合わせやすい色となります。ちなみに40代メンズのカジュアル コートスタイルにおいては、ブラウン コートを着こなすことができれば一気にオシャレ度がアップする可能性があります。

ブラウン ライト コートのメンズ コーディネート
ブラウン コートをスーツ スタイルに合わせるのは普遍的なスタイルなので、これが外れることはありません。そしてブラウン系のスーツと合わせた場合、ファッショナブルなカジュアル スーツ コーディネートとなります。

参考までに国内におけるブラウン系のスーツは、あまりビジネス用途には向きません。しかしプライベート用途では大人の落ち着いた雰囲気を出すことが可能です。もしプライベート用途のスーツをお考えであれば、ブラウン系スーツを選択肢に入れても良いと思います。

ブラウン ライト コートのメンズ コーディネート
ジャケット+パンツ スタイルとライトコートの組み合わせは上級者向けとなります。とは言ってもライトコートは種類を問わずジーンズと合わせることが可能なので、革靴とジーンズを合わせることができれば汎用性が高いスタイルとなります。

ブラウン ライト コートのメンズ コーディネート
コートとパーカーの組み合わせは使い古されたコーディネートではあります。しかし劇的にカッコ良くなるわけではありません。特にこのスタイルはパーカーのシルエットやデザインに影響されるので、試すのであればグレーの無地のものが良いと思います。

ブラウン ライト コートのメンズ コーディネート
心理的ハードルの高さは別としてカッコの良し悪しのみを考慮した場合、上記のコーディネートが現時点において最もシンプルでイタリア風味のエレガンテなカジュアル スタイルであると思われます。

インナーは白トレーナーや長袖ヘンリーネックTシャツでも可能です。そしてこのコーディネートは、足首から下をスッキリ見せることで完成します。したがってパンツ裾のたるみには注意が必要です。

【関連記事】

Sealup(シーラップ)のシルク コート

ココをClick→記事タイトルとURLをコピー

コメント

© 2021 やさぐれスタイリスト:ファッション誌で当ブログの内容を流用することはご遠慮ください

アクセスが多い投稿

イタリア人と日本人の足型の比較

40代メンズのダブル ライダース ジャケットの着こなし【写真】

イタリアからの個人輸入について

TOD'Sのローファーを個人輸入しました

Santoniの革靴を個人輸入しました