投稿

12月, 2012の投稿を表示しています

ベルルッティ結びの結び方(動画・図解)

イメージ
蝋引き紐などの革靴紐は、紐の表面の摩擦が低いので解けやすい場合があります。これは無理に強く締めても結果は同じなので結び方を変える必要があります。そして最も有効な結び方がベルルッティ結びであると思われます。

この結び方の特徴は蝶々結びの変形であり、最初に2重に紐を交差させたあとに最後に再びループを中央の穴通すことによって摩擦抵抗を増やしています。この結び方の呼称は様々で、結び方も複数通りありますが革靴を扱う方々の間ではベルルッティ結びと呼ばれています。

このページの動画や写真では右利きの人間が行っていますが、スタート時点の紐の交差の方法や利き腕には個人差があります。その場合は左右反転させるなどすれば良いのですが、この機会に下記の手順を丸ごとコピーして覚えるのもひとつの方法かと思います。

1. 紐を交差させる

2. 紐を二重に交差させる
本来のベルルッティ結びは二重ですが、靴紐が短いなどの場合は一重でも可能です。

3. 普通の蝶々結びを作る

4. 緩まないようにループを作る

5. 左手の指で結び目が緩まないように抑える

6. 中央のループを大きめに作る

7. 左に引き出したループを長く引き出す(白紐)
両側のループを引き出してこの手順で終わると蝶々結びとなります。
8. 長く引き出したループを折り込む
ループを中央に押し込むためにループを折り曲げます。この手順で紐が緩みやすいので注意が必要です。
9. 折り込んだループを再び中央の穴に通す
中央の穴にループを通したらループを再び左側に引き出します。
10. 両方のループを強く引いて完成

ちなみにこの結び方を試す前に、縦結びにならない革靴紐の結び方を知っておく必要があるので以下をご参照ください。

縦(たて)結びを防ぐ靴紐の結び方

【関連記事】イタリア人と日本人の足型の比較
革靴のフォーマル度について(図解)

ユリス・ナルダンの腕時計

近年、困ったことに機械式腕時計のオーバーホール代金が上がっています。オーバーホールは3~5年ごとに行うわけですが、その費用が最近5万円とか言われるようになりました。そうなると下取りに出しても5万円前後の腕時計を3万円以上も出してオーバーホールする気にはなりません。

Ulysse Nardin(ユリス ナルダン@ulyssenardinofficial)というメーカーのアストロラビウム・ガリレオガリレイという、月齢やら永久カレンダーやら日食やら月食やらの機能が満載でとにかく針が多すぎて機能を理解するのが難しい超絶機械式腕時計があります。

お値段は新品で800万円くらいだったと記憶しています。それはいいのですが、時計屋さんで聞いたら何でもこの時計は止めることができないので困りますと。通常自動巻きの腕時計はおよそ48時間程度でゼンマイの動力が無くなります。その場合はまたゼンマイを巻けば動き出します。

ガリレオガリレイの場合は一度止めてしまうと、日付やらその他の複雑な歯車をチャート表を見ながら調整しないと永久カレンダーなどが不正確になるそうです。それで調整費用が8万円ですと。

そのような腕時計をどういった方々が使うのかとお尋ねしたところ、時計好きのお金持ちが10年に1回あるかないかの日食の時に、まず日食の現地に飛びますと。そしてその当日にガリレオガリレイを腕にはめて日食を待ちます。日食が始まると針だか何だかが一直線に並びます。それを満足そうに見て、飽きてすぐに売り払うらしいですとかおっしゃっていました。

投稿総数:

このブログを検索

連絡フォーム

名前

メール *

メッセージ *