ハイブランドのホワイト スニーカーはアリなのか?

ハイブランドのホワイト スニーカー
先日初めて高級ブランドのホワイトスニーカーを購入いたしました。それまでもホワイトスニーカーは数回購入していましたが、今回は意を決して高価なスニーカーを選択した次第でございます。

ホワイトスニーカーは、入手が容易で様々な衣服と合わせることができる汎用性が高いアイテムです。しかしアイテム自体はカジュアル色が強く、普及品であってもハイブランドであってもそれは同じです。

しかしスポーツブランドのそれと比較すると、脚長効果・皮革の品質・デザイン性・履き心地・存在感などのすべてのイイトコ取りをしている点で異なります。ただしスニーカーとしては高価であり、近年では10万円を超える価格帯となっています。

とは言えホワイトに限れば、ハイブランド スニーカーはその頂点に位置しています。私も様々なシューズメーカーのホワイトスニーカーを探してはみたのですが、上記のような条件を満たすハイブランドにたどり着きました。

また使いやすいホワイトのシューズはスニーカーに選択肢が限られます。加えてブランドロゴが控えめなシンプルなデザインであれば身につけた他のブランドのアイテムと干渉しないことや、発売シーズンがわかりにくいといった利点もあります。

その一方でデザイン性が高い柄物のハイブランド スニーカーは、存在感の主張が強すぎる傾向があります。ちなみにブラックスニーカーも存在感があまり無いことや、服装にも合わせにくい欠点もあるので避けたほうが無難です。

ハイブランドのホワイトスニーカーのスタイリングに関しては高級腕時計と同様に、それのみを身に着けてもカッコよくなることはありません。例えば合わせるパンツが履き古されていたり裾が長すぎたりすると、ハイブランドのスニーカーが本物に見えない場合もあります。

以上のようなことを考慮すると、ハイブランドのホワイトスニーカーは高級革靴のジャンルに属すると思われます。したがって革靴と同様にシューキーパーを入れたり、ブラッシングをするなどのお手入れも必要になると思います。

【関連記事】

Saint Laurentのホワイト スニーカーを購入しました

ココをClick→記事タイトルとURLをコピー

コメント

当ブログの内容の流用はご遠慮ください

© 2023 やさぐれスタイリスト

過去記事

もっと見る