デニムジャケットとグレーのスウエットパンツのコーディネート

デニムジャケットのメンズ コーディネート
デニムジャケット(Gジャン)は体型にもよりますが、シンプルに組み合わせることによってソコソコ見栄えが良くなるアイテムでございます。逆に一般の方々がパーカーと合わせたり、オーバーサイズを選択すると高確率で失敗いたします。

そもそもデニムジャケットをはじめとしたアメカジ ウエアを東洋人が着こなすのは体型的に難しい面があります。特にアメカジ スタイルにおいて肩幅の狭さと腕の短さは致命的に外見を悪化させる要因となります。

デニムジャケットの場合は色やシルエットの多様性に加え、合わせるパンツの選択もコーディネートを難しくしています。例えばブルージーンズと組み合わせると、上下お揃いの作業服に見えてしまうこともあります。

デニムジャケットのメンズ コーディネート
同じジーンズであってもホワイトジーンズとの組み合わせは、ヨーロピアン スタイルのコーディネートになります。しかしながらあまり一般的とはいえないので、どちらかと言えば中級者以上向けの着こなしと言えます。

デニムジャケットのメンズ コーディネート
その点グレーのスウエット パンツとの組み合わせは比較的外観が良い印象です。それはネイビーとグレーは相性が良く、同じコットン素材で質感も大きく違わないことが理由と思われます。

加えてスウエットパンツはブランドによるシルエットの違いがほととんど無く、裾の長さも調整できないので悩む必要がありません。そういった意味においては今日から試せる初心者向けのコーディネートと言えるかもしれません。

デニムジャケットのメンズ コーディネート
インナーのシャツはインでもアウトでも問題ありませんが、ジャケットのボタンを開ける場合はアウトのほうが良さそうです。またデニムジャケットの多くは袖が長いデザインなので、袖の先端を折り返すことによって多少なりとも腕の短さをカバーすることができます。

このコーディネートは劇的に見栄えはしませんが、ワンマイルウエアより遠い場所まで行けるファイブマイルウエアといった感じです。またありそうに見えてあまり見かけないコーディネートなので試されてもよろしいかと存じます。

【関連記事】

アルベルト ブレーシ(Alberto Bresci)のデニムジャケットを購入しました


ココをClick→記事タイトルとURLをコピー

コメント

© 2022 やさぐれスタイリスト:ファッション誌などによる当ブログの流用はご遠慮ください

サイト内検索