40代メンズの夏スタイルは日焼け肌がお似合い

40代メンズ日焼け肌のスタイル
巷ではメンズと言えども、加齢に伴うシミなどを防ぐために日焼け防止を推奨しております。しかしファッションの観点からは、露出した顔や腕や足は日焼けしているほうが服に似合う傾向があります。

例えば50代の方々の短パン+Tシャツ+白い肌のスタイルは、筋肉量の低下も伴ってあまり健康そうには見えません。特に大根を彷彿させる白い肌のまばらな足のすね毛は、如何ともし難い人生の寂しさを感じる部分であったりします。

40代メンズ日焼け肌のスタイル
実際のところ、50歳を過ぎれば日焼けの有無に関わらず多くの方々の肌にシミが発生します。加えてその時期には体の各所の不調および仕事や家庭問題の悩みなどで、シミを気にする優先順位は下がることになります。

そのような観点から、私としましては健康な40代の頃から日焼けをして服が似合う肌を作られてはいかかがでしょうかと考える次第です。ちなみに多少のシミであれば、一般的な皮膚科で健康保険を利用して比較的安価に治療できるケースもあります。

医師も推奨する「サングラス」 長時間の紫外線が目の病の一因に〈週刊朝日〉
参考までに私は肌の日焼けより眼球の日焼けのほうが有害であると考えているので、晴天時にはサングラスを着用して外出いたします。さらに夏にかぎらず日差しが強い場合にも目を大きく開けられるので、目の周囲のが疲れにくい利点もあります。

【関連記事】

40代メンズは45kgの握力を目指しましょう

ココをClick→記事タイトルとURLをコピー

コメント

サイト内検索

© 2022 やさぐれスタイリスト:ファッション誌などによる当ブログの流用はご遠慮ください