夏向けのテーラードジャケット(白)のメンズ コーディネート

白のテーラードジャケットのメンズ コーディネート
白のテーラードジャケットは、材質を問わず華やかな印象を与えるので海外リゾート地やパーティーで活躍するアイテムでございます。しかし華やか過ぎる一面があるので、一般的には無くても困らないウエアでもあります。

参考までに白のテーラードジャケットを着ても行く場所がないと思われがちですが、先日上記のスタイルでクラシックコンサートを鑑賞してまいりました。会場では観客の皆様がオシャレをしているので、そこまで場違いな服装とはなりませんでした。

コーディネートに関してはジャケットより目立つシャツやパンツと合わせるのは避け、単色のアイテムを使うと良いと思います。また上下を白で揃える場合、スーツのように質感を合わせないと統一感に欠けるコーディネートになりがちです。

インナーはTシャツやポロシャツと合わせれば問題ありません。逆に長袖シャツのほうが難しい感じです。ただし、白に限らずテーラードジャケットと合わせにくいキャラクターTシャツや柄物ポロシャツは避けたほうが無難です。

白のテーラードジャケットのメンズ コーディネート
上記はファッション誌で見かけるようなコーディネートですが、彼らの単純な色合わせとは違って質感(光線の反射)まで合わせてあります。このような玄人ウケするスタイルは一見するとデートなどでも使えそうですが、完璧に近いので女性にはやり過ぎと映る場合もあります。

そもそも完璧なスーツ スタイルのようなスキがないコーディネートは、他人を寄せ付けない雰囲気が出てしまいます。無理をしてまでスキを作る必要はありませんが、上記の場合であれば長い靴下を履いて足首を隠せばやり過ぎ感はある程度解消します。

白のテーラードジャケットのメンズ コーディネート
スキを作るという方法であれば、ブルージーンズと合わせるのは有効な手段です。これによってカジュアル感が出るので、白のジャケットのフォーマルな印象が薄れます。こちらのコーディネートはカジュアルな会合にも適応すると思います。

いずれにしてもコーディネート方法によっては夏らしい雰囲気が出るので、白パンツを履きこなせる中級者以上の方であれば何とかできると思います。

【関連記事】

Gabriele Pasiniのテーラードジャケットを購入しました

ココをClick→記事タイトルとURLをコピー

コメント

© 2022 やさぐれスタイリスト:ファッション誌などによる当ブログの流用はご遠慮ください