コーデュロイ ジャケットはタートルネックと最も合わせやすい

コーデュロイ ジャケットのメンズコーディネート
テーラード ジャケットは普通のコットン生地が最も合わせやすく、それに続くのがウール生地でございます。そしてコーデュロイ生地は合わせるのが難しい部類であり、特に40代以降の方々の場合はシニア スタイルに見られる場合もあります。

また生地の特徴でもある畝(うね)が経年劣化などで潰れると、光線の反射の変化によって外観が悪化して見えます。そういった理由も加わり、コーデュロイ生地のウエアは上級者向けのアイテムと言えると思います。

それでもゴージャス感がある生地なので、着こなし方によってはカッコ良く見えます。また着こなしが難しいので、セールで安価に購入する機会もあります。そういったわけで以下のようにインナーを合わせてみました。

コーデュロイ ジャケットのメンズコーディネート
ベージュまたはホワイトのデニムシャツは質感がコーデュロイ ジャケットと同様なので、比較的合わせやすいと思います。しかしスーツ スタイルで使われる光沢があるシャツは、コーデュロイ生地と温度感が異なるので難しい印象です。

コーデュロイ ジャケットのメンズコーディネート
同じデニムシャツでもブルー系は、ジャケットの色にも依存しますが難易度が高そうです。ベージュ系のコーデュロイ ジャケットであれば相当の上級者風味となるものの、そのような色はほとんど入手不可能です。

コーデュロイ ジャケットのメンズコーディネート
チェック柄シャツ自体のコーディネートが難しいことに加え、コーデュロイの縦模様との相性は良くありません。

コーデュロイ ジャケットのメンズコーディネート
結局のところコーデュロイは冬向けの素材なので、タートルネックとの相性が最も良いと思われます。例えば上記のようなビビッドな色のタートルネックでも、コーデュロイ ジャケットであれば素材感自体は合わせることが可能です。

【関連記事】

Coroglio(コロリオ)のテーラードジャケットを購入しました
Costanza(コスタンザ)のタートルネックを購入しました
ハイドロゲンのウエスタン デニムシャツを購入しました

ココをClick→記事タイトルとURLをコピー

コメント

© 2022 やさぐれスタイリスト:ファッション誌などによる当ブログの流用はご遠慮ください

サイト内検索