40代メンズのブルー シャツは攻めのアイテム

40代メンズのブルー シャツ
イタリアン スタイルがお好みの方は、ブルーシャツが外せないアイテムでございます。日本では爽やかさを演出するアイテムとして扱われることもありますが、それは大間違いであります。特に40代の皆様は清潔感は必要であっても、爽やかさは必要ありません。

爽やかなスタイルは脂の抜けきったステーキのようなもので、何の特徴もウマ味もありません。脂が乗りきった40代の皆様はそれを活かすようなスタイルが相応しく、それを可能にするのがブルーシャツであります。

それならば黒シャツでも良いではないかと思う方もいらっしゃると思いますが、それでは外見がイカつくなったり、他のアイテムと合わせにくいことに加えて清潔感が今ひとつなので初心者の方々にはまったくオススメできません。

40代メンズのブルー シャツ
イタリア人にとってのブルーは特別な色であり、勝負のブルー・攻めのシンボル色として使われることがあります。またファッションにおいては、気分を高揚させるためにブルーのアイテムが使われることもあります。

そのブルーを最も取り入れやすいのが長袖シャツとなります。ちなみにブルーのテーラードジャケット(ネイビーを除く)やパンツやシューズは、合わせるのが難しいので上級者向けとなります。

例えば今日は何か気分が乗っている……ブルーシャツの出番でございます。ちょっとした会合でカッコ良く見られたい……ブルーシャツの出番でございます。明日はどーにかしたいお嬢さんとお食事……ブルーシャツの……となるわけでございます。

40代メンズのブルー シャツ
ネイビーなどの濃いブルーシャツの場合、茶色のチノパンと合わせるのが最も安全で確実なコーディネートとなります。シューズはスニーカー以外の革靴であれば外れませんし、編み上げの革ブーツと組み合わせれば上級者にステップアップいたします。

40代メンズのブルー シャツ
薄いブルー(スカイブルー)のデニムシャツは汎用性が非常に高く、多くのアウターやパンツと合わせることが可能です。特にそれをイタリアン スタイルで取り入れた場合、洗練されたスタイルに変身する可能性があります。

40代メンズのブルー シャツ
スーツ スタイルで使用されるスカイブルーより薄めのサックスブルーシャツは、テーラードジャケットのスタイルに流用が可能です。しかしスーツ スタイルにおいてはブルーの色が濃くなるとネクタイと合わせにくくなるので注意が必要です。

参考までにブルーに限らずボタンダウンシャツは、何をどうやっても攻めのコーディネートとはなりません。そして胸ポケット無しのドレスシャツであれば、ラテン風味のイヤらしさを演出できるかと存じます。

ココをClick→記事タイトルとURLをコピー

コメント

© 2021 やさぐれスタイリスト:ファッション誌で当ブログの内容を流用することはご遠慮ください

アクセスが多い投稿

イタリア人と日本人の足型の比較

Gianluca Vacchi氏は何者なのか?

TOD'Sのローファーを個人輸入しました

40代メンズのダブル ライダース ジャケットの着こなし【写真】

40代奥様向けのメンズ スタイリングのヒント【写真】