40代向けの長袖シャツと短パンのメンズ サマースタイル

長袖シャツと短パンのメンズコーディネート
40代の皆様のサマー スタイルは、手足のどちらかをウエアで隠したほう年齢相応の外観となります。一般的には半袖+長いパンツの組み合わせが主流ですが、長袖+短パンの逆パターンのスタイルも存在します。

このコーディネートは英国のカントリー スタイルで散見されます。彼らはカジュアルブーツと長い靴下を履いて夏の農作業を行っております。そして上記の短パンにカーキ色シャツを組み合わせればサファリ スタイルとなります。

ちなみに作業着として長袖シャツを着用する場合、巻き込み事故など避けるためにシャツの裾はパンツにインする必要があります。また裾を出すとパンツのポケットへのアクセスが悪くなるので、実用性の面ではインをするスタイルが多くなります。

長袖シャツと短パンのメンズコーディネート
シャツの裾を出す場合はドレスシャツよりウエスタンシャツなどの厚手の生地のほうが上下の質感が統一されます。しかし厚手の生地は日本の真夏には暑すぎるので、25℃程度が限界といった感じです。

参考までに若者さんを中心に見かけるシャツの裾をアウトする着こなしは、ルーズな人物の印象を与える場合があります。40代の皆様はカッコの良し悪しでは無く、折り目正しい人物としての外見が重要なので裾をインをするスタイルを推奨いたします。

長袖シャツと短パンのメンズコーディネート
色の組み合わせを変えればイタリア風味と言えなくもありません。上記はシャツもパンツもイタリア製であり、ナポリあたりのサマースタイルと言い張れば日本でも通用しそうではあります。

長袖シャツと短パンのメンズコーディネート
夏季は派手な色柄が許容される時期でもあるので、普段と違った配色も良いかもしれません。上記の色の組み合わせもイタリアのドラマの中で使用されておりました。

長袖シャツと短パンのメンズコーディネート
白の短パンは夏の王様アイテムのように思われがちですが、夏用の生地は薄いのでシャツの色が透けたりして使い勝手が悪いこともあります。それでも海辺のスタイルでは威力を発揮いたします。

いずれにしてもこのスタイルはシャツの裾をインするので、ベルトも重要なアイテムとなります。シャツはドレスシャツのほうがエレガンテな外観となります。靴は革靴が合わせやすいものの、スニーカーでも特に問題はありません。

【関連記事】

40代以上のメンズTシャツ スタイルは長いパンツと合わせる

ココをClick→記事タイトルとURLをコピー

コメント

© 2021 やさぐれスタイリスト:当ブログの内容をファッション誌で流用することはご遠慮いただいております

アクセスが多い投稿

メンズ革サンダルは擦れて痛い場合がある

イタリア人と日本人の足型の比較

Gianluca Vacchi氏は何者なのか?

40代以上のメンズTシャツ スタイルは長いパンツと合わせる

Santoniの革靴を個人輸入しました