シャツの襟をジャケットの外に出す(カラーズ オーバー ラペルズ)

シャツの襟をジャケットの外に出すコーディネート
シャツの襟をジャケットの襟から出すスタイルは1970年代のアメリカ映画などで知られるようになったと思われます。またそのスタイルで使われた当時のシャツの襟はかなり大きく、そもそもジャケットの襟から出さざるを得ない事情も推測されます。

そして現代のメンズ スタイルにおいてはあまり見かけないのですが、シャツの襟が大きめのシャツと合わせる場合は有効かもしれません。特に派手な柄シャツとテーラード ジャケットの組み合わせはワイルド感が満載となります。

このスタイルには一般的な呼称が存在しないので、便宜上Collars Over Lapels(カラーズ オーバー ラペルズ)としました。参考までにCollar(襟)とColor(色)は発音が異なり、日本人にとってそれぞれを発音し分けるのは難しい部類に入ります。

シャツの襟をジャケットの外に出すコーディネート
カラーズ オーバー ラペルズはシャツの襟が大きいことが前提ですが、ジャケットもラペル(襟)が大きいダブルブレスト仕様のほうが似合う印象です。また、シャツの襟は首の後ろから完全に外出しするとジャケットの中に戻ることがありません。

シャツの襟をジャケットの外に出すコーディネート
ダブルブレストのジャケットであれば、レザー ジャケットでもそれなりのスタイルアップが期待できると思います。特に薄手のダブルの革ジャンをお持ちの方であれば、春先には人目を惹くコーディネートとなるかもしれません。

【関連記事】

ハイドロゲンのウエスタン デニムシャツを購入しました
Care Labelのウエスタン ブルー デニムシャツを購入しました
Care Labelのウエスタン ホワイト デニムシャツを購入しました

ココをClick→記事タイトルとURLをコピー

コメント

© 2021 やさぐれスタイリスト:当ブログの内容をファッション誌で流用することはご遠慮いただいております

アクセスが多い投稿

メンズ革サンダルは擦れて痛い場合がある

イタリア人と日本人の足型の比較

Gianluca Vacchi氏は何者なのか?

40代以上のメンズTシャツ スタイルは長いパンツと合わせる

Santoniの革靴を個人輸入しました